運転免許証返納の手続きはどこで出来るの?コレを見ればすぐわかる!

最近では、高齢者ドライバーによる痛ましい事故のニュースをよく目にします。

そんな中、高齢者で運転免許証を返納する人が多くなっている事が話題になっていますね。

自分で免許を返納することから「免許の自主返納」とも呼ばれたりもします。

  • 事故を起こしたくない
  • 事故を起こす前に対策しておきたい
  • 年齢と共に運転に自信がなくなった
  • ニュースを見て人事ではないと思った

運転免許証を返納する人には色んな理由があると思いますが、ここで意外と皆さんが困っているのが。。。

返納の手続きの方法が分からない

ということではないでしょうか?
では、これから運転免許証を返納したいけど方法がよく分からない?
という人に返納の方法~お得な情報までを分かり易く説明したいと思います。

運転免許証返納の手続きはどこで出来るのか?

運転免許証の返納の手続きができる場所は

  1. 近くの警察署(一部の地域では返納手続き不可)

  2. 運転免許センター

のどちらでも行えます。

一部の地域では返納手続きができない警察署がありますので、電話で確認してから行ってください。
近くの警察署で行うほうが、移動時間も楽なのでお勧めかと思います!

ちなみに返却できる年齢に関しては、何歳からでも返却が可能です。

高齢者に限らず、車に乗る機会がなく不安に感じるのであれば、返却してもいいと思います。

車を手放すとお得なポイント
  • 自動車保険の出費がなくなる
  • 駐車場代がいらなくなる
  • 車検代がなくなる
  • 事故を起こす危険がなくなる
  • 返却することで、お得な特典やサービスが受けられる

普段から車に乗らないで生活がなりたつのであれば、車を手放すと経済的にもすごく助かります。

僕の場合は、普通車で年間の維持費はオイル交換なども全て含めて約40万円くらいです。

月:約33,000円くらいが車の維持費に掛かってしまっています。。。(泣)

そんな感じなので、車を使わないのであれば手放して貯金や遊びに使いましょう!

返納に必要な持ち物

免許の返納手続きだけであれば、基本的には有効期限内の運転免許証だけあれば大丈夫ですが、念の為に印鑑を持参してください。

  • 運転免許証
  • 印鑑(一部の地域のみ必要)

この2点を持参すれば手続きは大丈夫です。

運転免許証を返納して困る事といえば、交通手段がなくなる事の他に、身分証明の手段が簡単にできなくなる事ですよね?

普段から持ち歩く身分証明の最大のアイテムは

運転免許証

なのです!

運転免許証にかわる本人確認が可能な物
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 身体障害者手帳
  • 健康保険証
  • 診察券
  • 社員証
  • 学生証
  • 年金証書

こんな感じで、運転免許証がなくても身分証明に困ることはありませんが、普段から財布に入れて持ち歩ける証明書が必要であれば「運転経歴証明書」を取得することをお勧めします。

運転経歴証明書を取得すると、お得なサービスや特典がもらえるので、運転免許証を返納するタイミングで必ず取得しましょう!

運転経歴証明書について

運転経歴証明書とは運転免許証を自主返納した人が取得できる証明書です。

取得すると本人確認の証明に使える他に、特典やサービスを受けられるのがメリットです!

申請できる条件

申請できる条件に関しては、基本的なことですが、免許停止処分などを受けていなければ問題なく申請できると思います。

申請できる条件
  • 運転免許証を返納していること
  • 返納の手続きを行ってから5年以内のこと
  • 免許の停止処分になっていないこと

注)申請できる条件として、運転免許証を返納してから5年以内なので気を付けてください。

申請できる場所

申請の出続き及び交付ができる場所は住まいの地域ごとに多少の違いはありますが、下記のいずれかになります。
事前に電話で確認してから行くほうがいいですね。

申請できる場所
  • 警察署
  • 運転免許センター
  • 運転免許試験場

申請に必要な物

必要な物に関しては、返納の手続きの時にくらべると少し必要な物が増えるので注意してください。

申請に必要な物
  • 印鑑
  • 交付手数料:1,100円
  • 運転免許
  • 申請用紙に貼る証明写真×1枚

運転経歴証明書があると受けられる特典やサービス

運転経歴証明書があると、いろんな特典やサービスを受けられるのが最大の魅力です。

特典やサービスは各都道府県によって結構違います。
また、年齢によっても使える特典は変わってきます。
詳しい内容については、運転経歴証明書の手続きをする際に伺うか、各都道府県別にネットで検索する方法がありますが、ネットで検索する方が詳しく分かるのでお勧めです。

★例えば、鹿児島県の人で特典やサービスを確認したいときは

鹿児島 運転経歴証明書 特典 → 鹿児島(スペース)運転経歴証明書(スペース)特典 

と入力して検索すると関連のページが見れるので試してみてください。

よくある特典やサービスですが、東京都をモデルにすると下記のようになりますが、これはほんの1部です。
多すぎて書ききれなくてすみません。

都道府県の特典・サービスを見たい人は、先ほど説明した★の方法でインターネットを使って検索してみてください。

よくある特典・サービス
  • バスの割引・優待券
  • タクシーの割引券
  • 定期予期など銀行の金利を上げてくれる
  • 引っ越し費用の割引
  • ホテル内のレストランでの割引
  • デパートでの配送割引や無料券
  • セコムなどの現場急行サービスの値引き

まとめ

運転免許証がなくなると交通手段などで困ることも発生するとは思いますが、事故をおこす前に返納するという考えができる人は素晴らしいと思います。

またそのような人の為に、代わりにまではならなくても、お得な特典やサービスがあるので必ず運転経歴証明書を返納のタイミングで取得して活用することをお勧めします!

最近では、高齢の方でマウンテンバイクやロードバイクに乗って格好いいファッションで仲間と楽しそうにツーリングをしている人を見かけると

カッコイイな〜って思います。

車を手放しても自転車を趣味にしたりとか、旅行に行ったりとか、楽しく過ごしてる人は多いのではないでしょうか?

僕も将来は楽しい時間が使える大人になれたら嬉しいな~と思います!

車はあれば自然と使っちゃいますが、無ければない生活にも慣れるんでしょうね?

僕も明日からは近くの買い物くらいは歩くかな?

ん〜???

その方が健康的ですね!

簡単な説明でしたが、いかがでしたでしょうか?

痛ましい事故が少しでもなくなる事を願って、この記事を書かせて頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いつも【わっぜ~よか!!ブログ】をご覧頂き、ありがとうございます。 「リアルな情報配信」をモットーに、自分の経験をもとにブログに関するノウハウや仕事の悩み、転職や副業に関しての情報を主に配信します!