仕事をやめたいなら先延ばしは危険!僕のうつ病体験談を参考に

仕事をやめたいなら先延ばしは危険!僕のうつ病体験談を参考に
仕事をやめたくて悩んでる人

仕事が嫌で、毎日辞めたいと思います。

朝になると、胃が痛くなり、吐き気や目まいも最近はひどくなってます。

しかし、仕事に行かないと生活ができないので、なんとか頑張って行ってます。。。

休みの日でも仕事のことを考えてしまい、憂うつで、何をやっても楽しいと思えません。

こんな感じで定年まで何十年も、僕は働けるのだろうか?

何かいい方法はないでしょうか?

こんにちは、マサヤです。

いつも『わっぜ〜よか!!ブロック』を読んで頂き、ありがとうございます。

今回は、仕事が嫌で辞めたくて、体調も悪いという悩みにアドバイスします。

この記事は、過去4回の転職経験をもとに書いています。

嫌な仕事を続けると2つの危険が及びます。

  • 体への危険
  • 将来性への危険

悪くなってからでは手遅れになってしまいます。

仕事の悩みがある方は、ぜひ参考までに、この記事をご覧ください。

過去の経験から本気でアドバイスをさせて頂きます。

仕事をやめたい人へ【先延ばしは危険】

仕事が嫌でしょうがないなら、なるべく早めに対処しないと、取り返しがつかないことになります。

毎日嫌な仕事をやっていても、つまらないばかりか、ストレスで具合も悪くなるし、転職が遅くなると年齢的に不利になります。

  • 体への危険
  • 将来性への危険

この2つの危険が及びます。

仮に20~30代でやめたとしても、そこからお金も経験も、充分に取り戻せる時間はあるじゃないですか!
これが40歳まで嫌な仕事を続けたけど、『どうしても辞めたい』そうなっても、特別な能力やスキルがないと現実的に厳しいです。

またゼロからのスタートで、新卒並みの収入になりますが、40代ともなると若者と違い

  • 家のローン
  • 子供の学費

などがあるので、若い時のようには低所得では生きていけません。

なので『仕事をやめたい』と思ったら、なるべく早く対処(行動)しましょう。

仕事をやめたい理由

はじめに、仕事をやめたい理由を皆さんに聞きたいのですが、下記のような理由でしょうか?
僕の経験から、やめた理由をあげてみました。

仕事をやめた理由
  • つまらない
  • 作業量が多過ぎる
  • 仕事が難しい
  • やる気が出ない
  • 残業が多い
  • 休みが少ない
  • 給料が安い
  • 人間関係がよくない
  • メリットがない
  • 将来性がない
  • たぶん続けても好きになれない

以上、僕が仕事をやめた理由はこんな感じです。

今みても正直、続ける必要はなかったんだなと再確認できました。

僕は仕事をやめて後悔はありません。

あのまま続けていても人生が楽しくないし、一度きりの人生を会社に捧げるつもりはありません。

仕事をやめたいと思っている人で、辞めれない理由の多くは『お金の問題』かなと思います。

しかし、転職をしてみると『お金を稼ぐ』ということはそんなに大変じゃないことに気が付きました。

最初に転職する前は、世の中に自分ができる仕事はないと思っていたんですが、いろいろ探してみると、結構多くの仕事があって、それなりに生活はでるものですよ!

仕事を探すツール

仕事を探す時は、下記のような手段が有効なので紹介します。

  • ネットの転職サイト
  • 転職エージェント
  • ハローワーク

主にこの3つの手段になります。

知り合いの紹介という手もありますが、仕事が合わないときに、辞めにくい感じになるので、おすすめしません。

上記のサービスは無料で登録できるので、全てを登録するのがポイントです。

また『転職サイト』と『転職エージェント』は良さそうなサービスサイトだと思ったら、複数登録しておいた方が良いです。

理由は仕事の選べる量が少しでも多い方が、自分の好きな条件を選べるからです。

転職エージェントに関しては、以下の記事で紹介しています。

新卒が仕事を辞めたいと思う7つの理由とキャリアアップが狙える転職方法

新卒が仕事を辞めたいと思う7つの理由とキャリアアップが狙える転職方法

2019年10月30日

ハローワークに関しては、いろいろと相談にものってくれるので、心強いです。

年齢制限はないと思いますが『就労支援のスクール』などの支援制度もあって、パソコンのスキルやプログラミングなどの技術をつけて、就職まで支援してくれると思います。

家族がいて、大黒柱で稼がないといけない人はスクールに通うのは難しいですね。

スクールに関しては、僕は使ったことがないので窓口で問い合わせてください。

仕事をやめたい人へ【僕からの提案】

仕事をやめたいけど、今すぐには辞めれない人へのアドバイスですが、『副業』を今のうちから始めるのがベストな手段です。

副業といっても、労働収入のアルバイトなどではありません。

アルバイトは後からでもできるので、ここでおすすめする副業は、すぐには収益は発生しないけど、作業をするにつれて『スキルや能力が身に付く』ビジネス収入の副業です。

今すぐに仕事をやめれないにしても、副業で稼げる仕組みを作っておけば、将来仕事をやめても少しは気持ちも楽になります。

僕も副業をずっとやっていたおかげで『仕事をやめる』ことに対して、少し不安が軽かったです。

おすすめの副業
  • アフィリエイト
  • プログラミング
  • Webライター
  • ブログ
  • ITエンジニア

このようなジャンルなら、将来大きく収入を得られて、うまくいけば独立開業もありです。

作業は慣れないうちは分からないことだらけで大変ですが、成功できるかも?というワクワク感がある副業なのでおすすめします。

やり方などは、ネット検索やYouTubeなどの無料の情報で充分です。

ITエンジニア・プログラミングもおすすめ!

ITエンジニア・プログラミングに関しては、専門知識がある程度あったほうが後が楽なので、独学よりもスクールをおすすめします。

スクールの学費はかかりますが、どちらのジャンルもフリーランスとして独立できる仕事なので、将来への投資と思えば安いです。

プログラミング・TIエンジニアの人気でお得なスクール紹介

■プログラミングスクールは【CodeCamp】がおすすめです。

【CodeCamp】の料金が話題!お得な情報や口コミも紹介

CodeCamp「コードキャンプ」の料金が安い!お得な情報や口コミを紹介

2019年9月3日

■ITエンジニアのスクールは【ITCE Academy】がおすすめです。

知らなきゃ損【ITCE Academy】の費用0円は本当?

2019年9月7日

うつ病の可能性あり?【僕の体験談を紹介】

仕事をやめたいと思っている人は、嫌な仕事を我慢して続けていると、人によっては体に異変が起こります。

僕は我慢して頑張った結果『うつ病』になりました。

昔は病気のことは、他人には隠していたのですが、最近は前向きに向き合うことが、やっとできるようになりました。

今回は、皆さんに僕のようになって欲しくないので、『うつ病』の体験談を紹介します。

この話を聞いて『頑張る意味』をもう一度、真剣に考えてみて欲しいと思います。

僕の『うつ病』体験談

僕は高校を卒業して、大手電機メーカーに勤めました。

なんとなく出世街道にのっていて、職場でのポジションもリーダーになり、収入も文句のない額をもらっていました。

仕事はそのかわり超ハードで、リーダーになってから10年くらいは、会社で昼ご飯を食べたこともありませんでした。それほど業務が多くて、時間が足りなかったんですよね(泣)

【当時の勤務状況】

出社の時間は本来は、8時からでしたが、毎日1時間前にはパソコンの電源を入れて、その日のスケジュールや必要なデータを調べてました。家も近くはなかったので、6時には家を出ていました。なので5時半起きで朝食は時間ないから食べない感じです。

帰りは大体20時以降があたり前で、トラブルなどがあると、深夜になることも珍しくなかったです。

昼の勤務を1週間→夜勤を1週間のローテーションで、休みは基本週に1日、2週間に1度2日休みがありました。

勤務の時間が長いのも大変でしたが、上司が『完璧主義』な人だったので、要求に応えるのに必死でしたね。。。

こんな状況でも、意外と自分ではやりがいを感じていたのですが、ある時、体の異変に気が付きました。

【原因不明な体の異変】

疲労は結構ピークのはずなのに、帰宅してからも頭がさえていて、毎日寝た感じがしないまま出社してました。仕事中もなにか息苦しくて、胸を軽く叩くと少し楽にはなっていました。

そして休日の朝、起きて1階のリビングのソファーに座ったら急に息ができなくなり、意識を失ってしまいそうになり、妻にお願いして救急車で病院へ搬送してもらいました。

特に原因がわからず、点滴だけうってもらい帰宅したけど、その日から数時間おきに『過呼吸発作』が起きるようになり、毎日が地獄のような日々が始まりました。

感覚もあまり感じなくなり、生きているという実感も沸かなくなりました。
体重も1週間で5キロ以上は勝手に落ちていく始末です。

【検査を実施】

それでも何とか仕事に行くも、やはり仕事はできませんでした。

大きな会社だったので『産業医』という医者が社内にはいました。その医者から呼び出しがあって要件を尋ねると、僕が倒れる前に受けた定期健康診断の結果が、各項目で異常値を出しているとのことで、気になるので呼び出したそうです。

そこで最近の体調不良の話をすると、病院で精密検査をするようにと『紹介状』を書いてもらい、脳や全身の検査をくまなくやってもらいました。

しかし異常がみられず結果、医師から告げられた病名は『うつ病』でした。

信じられなかった僕は、また紹介状を書いてもらい『精神科』を受診すると、2時間ほどカウンセリングを受けて診断の結果、やはり『うつ病』ということでした。

【20年間勤めた会社を退職】

治療を進めると、少しは症状は軽くはなったが、頑張りたくても力がもう湧いてはこない人になっていた。

少しの負担で、すぐに体の調子が悪くなり、気持ちも落ち込んでしまいます。どうしようもない苛立ちは、本当になってみた人にしかわからない苦しさだと思います。

そして僕は会社をやめました。。。

皆さんへのアドバイス

当時の僕は、おそらく常にスイッチがONになっていたと思います。

いつも家に帰ると、妻に仕事の愚痴をこぼしては、仕事をやめたいと言って酒を飲みまくってました。

しかし、会社に行くとそうも言っていられない立場だったので、がむしゃらに働いていて、倒れる前に自分を守れなかったんだと思います。

今となってみれば、本当にばかばかしい話しで、自分に呆れます。

あれから7年近くが経ちますが、今でも月に1回ほど通院はしてはいますが、体はコントロールができるようになりました。今はサラリーマンも辞めて在宅ワークに励んでいます。
自分にあった環境なので、楽しく頑張れています。

仕事をやめたいと思ってる皆さんは大丈夫ですか?

『病は気から』とはよく言ったもんで、『仕事をやめたい』と思った時から体に悪い状態がスタートします。

もしも下記のような症状が思いあたれば、注意してください。

  • イライラする
  • 眠れない
  • 寝ても体がだるい
  • 食欲がない
  • 胃がもたれる
  • 胸やけがひどい
  • お腹が張ってくるしい
  • 目まいがする
  • ソワソワする
  • 異常に肩や首がこる
  • 集中できない
  • やる気が起きない
  • 興味がわかない
  • なにをしても面白くない
  • 息苦しい
  • 喉に違和感を感じる
  • 人目が気になる

こんな症状が僕にはあったので、参考までに自分にあてはまる項目がないかチェックしてみてください。

うつ病は心の病と思っている人が多いかも知れませんが、体の不調も多く発生してしまいます。

該当項目があるのなら、少し意識して体を休める努力をお願いします。

睡眠不足が一番よくないと思うので『睡眠』はしっかりとってください。

不眠症は高い確率で『うつ病』につながると思います。

最後に

ここまで、『仕事をやめたいなら先延ばしは危険!僕のうつ病体験談を参考に』という題目で解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

仕事をやめたいと思っていながら、働かないといけないのは、本当につらいと思います。

将来の不安やお金の不安から、転職したいけどできないと思っている人は多いとは思います。しかし、世の中には人を必要としている企業も多くあります。

また会社員でなくても、自分のスキルや能力で、自立して生きている人も多くいます。
その大半は好きなことを仕事にしている人達です。

定年までの年数は、あとどのくらいありますか?

今後、自分の人生を選択する方法は下記の3択です。

  1. 我慢して働く。
  2. 転職する。
  3. 将来、仕事をやめる為に副業をはじめる。

我慢して働いて体を壊すと、収入も途切れてしまいます。

生活の為に働くのは勿論ですが、楽しく生きちゃいけない訳ではありません!

転職上手な人で、楽しく生きている人もいます。

『耐える=成功』の思考はやめましょう。

これを機に、もう一度『仕事』について考えてみてはいかがでしょうか。

仕事に悩んでいる方は、こちらの記事も参考にしてください。

仕事を辞める為には重要な5つの勇気が必要!経験でしか学べない大切なこと

仕事を辞める為には重要な5つの勇気が必要!経験でしか学べない大切なこと

2019年10月17日
仕事辞めたい

「仕事を辞めたい」悩んでる君へ僕の転職経験からアドバイス!

2019年5月26日

それでは、今日はこの辺で失礼します。

お付き合いありがとうございました。

わっぜ〜よか!!ブログ編集長/マサヤ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いつも【わっぜ~よか!!ブログ】をご覧頂き、ありがとうございます。 「リアルな情報配信」をモットーに、自分の経験をもとにブログに関するノウハウや仕事の悩み、転職や副業に関しての情報を主に配信します!