転職エージェントの使い方が分からない人必見!登録や流れを分かり易く解説

転職エージェントの使い方

転職することにしました。

転職エージェントを利用すると良いと聞きましたが・・・

利用したことがないので不安です。

登録方法や流れ・ポイントなどを教えて下さい。

こんにちは、マサヤです。

いつも『わっぜ〜よか!!ブログ』を読んで頂き、ありがとうございます。

今回は「転職エージェントの利用方法について詳しく知りたい」こんなお悩み相談です。

転職エージェントという言葉は聞いたことがあっても利用したことがない人は多いのではないでしょうか?

この記事は、過去4回の転職経験をもとに書いています。

転職活動において「転職の手段を増やす」のは必須です。なかでも転職エージェントは転職のプロのサポートを受けられるので、私も必ず利用してきました。

この記事を読むことで転職エージェントの利用方法や必要性を知ることができます。

こんな人に読んで欲しい

  • 転職エージェントを利用したことが無い
  • 転職エージェントを初めて利用するので不安
  • 転職エージェントを利用すると何が良いのか知りたい
  • 転職エージェントの登録や利用の流れを詳しく知りたい

このような悩みがある方は、ぜひ参考までに、この記事をご覧ください。

過去の転職経験をもとにアドバイスさせて頂きます。

転職エージェントとは?

転職エージェントの仕組み

わっぜ~よか!!ブログ・オリジナル

転職エージェントとは?を簡単に説明すると、転職したい人と社員を探しいている企業を仲介するサービスを提供する会社です。

以下に示すのは厚生労働省のホームページに掲載されている「マイナビ広告倫理綱領」です。

内容からも転職者・企業に対して社会的責任を重く受け止めて有益なサービスを提供することを目指していることが分かります。

マイナビ広告倫理綱領
当社は広告の持つ社会的役割とその使命感を認識し、広告倫理の向上に努めます。
I. 広告は真実を伝えるものである。
II. 広告は読者(ユーザー)の信頼にこたえ、利益に反しないものである。
III. 広告は関係諸法規に準ずるものである。
IV. 広告は品位をそこなわず、社会倫理を重んじたものである。
当社は、1973 年の創業以来「人と人との結びつきをお手伝いしたい」という理念のもと、企業における採用活動のサポートを行っています。求人広告及び運営媒体の広告については、社会的責任と役割を認識し、読者(ユーザー)保護の立場を貫き、「広告倫理綱領」から逸脱することがないように努めるものとします。

引用元:02 厚生労働省検討会用資料(マイナビ) (2)/厚生労働省

転職の際に利用できる機関やサービスには以下のようなものがあります。

  • ハローワーク
  • ネットの転職サイト
  • 転職情報誌
  • 転職エージェント

各手段で特徴が違ってきますが、転職エージェントの特徴は無料で利用が可能・転職のプロ(キャリアアドバイザー)の支援が受けられることです。

転職エージェントから受けられる支援内容

転職エージェントから受けられるサービスは転職活動において、非常に有益で以下のような内容になります。

支援内容
  • キャリアアドバイザーに相談(スキルの棚卸)
  • 企業(求人)の紹介
  • 履歴書・職務経歴書の添削やアドバイス
  • 企業への応募手続き
  • 面接の日程調整
  • 面接の事前対策
  • 内定後のアフターフォロー

受けられる支援:① 相談・スキルの棚卸

自分ではスキルがないと思っていても、プロにアドバイスをもらうことで、経験や職務経歴から売り込めるスキルを見つけてもらうことができます。

受けられる支援:② 企業(求人)の紹介 

ハローワークやネットの転職サイトでは探すことができない「非公開の求人」の紹介を受けれるのが大きなメリットになります。大手の企業や条件の良い仕事が多いのがポイントです。

受けられる支援:③ 履歴書・職務経歴書の添削・アドバイス

履歴書や職務経歴書は面接までこぎつける為に非常に大事なツールになります。添削や書き方のアドバイスをもらうことで見違える履歴書・職務経歴書が完成することができます。

受けられる支援:④ 応募・日程調整

転職活動で複数の企業に応募している場合は応募や面接の日程調整が非常に大変になります。転職エージェントが代わりに応募~日程調整までを行ってくれるのでスムーズな活動が可能になります。

受けられる支援:⑤ 面接の事前対策

転職の回数が少ないと面接に慣れていないことがあります。「面接」は転職を成功させる上で最終的な審査の場所になるので重要です。事前にポイントを抑えて臨むことで自信と成功率を上げることが可能です。

転職エージェントを利用するメリットとデメリット

転職エージェントを利用するのをためらっている場合は、利用することでのメリットとデメリットを整理して確認しましょう。

これまで私が転職エージェントを利用きて感じたメリットとデメリットを紹介します。

転職エージェントを利用するメリット

まずはメリットを見てみましょう。

メリット
  • 求人案件の量が豊富
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 質の高い求人を紹介してもらえる
  • 希望する条件の求人を探し易い
  • 転職できる確率が上がる

私が思う一番のメリットは非公開求人を紹介してもらえることです。非公開求人のなかには大手の企業やメーカーなどの条件が良い企業が多いので大きなメリットがあります。

なぜ非公開求人はあるのか?

なぜ非公開求人というものがあるのか疑問に思いませんか?

非公開求人にする理由は、公開求人にすると人気が殺到して企業が大変になるからです。
企業からすれば、全ての人に対応するには時間とコストが必要になる為、企業求める人材を厳選して紹介してもらうのがベストです。

よって非公開求人には条件の良い企業が多いということになります。

転職エージェントを利用するデメリット

次にデメリットを見てみましょう。

デメリット
  • 少し時間が掛かる場合がある
  • 転職エージェントに登録後に一度相談に出向く必要がある

キャリアアドバイザーと連絡をとりながら転職活動を進めるので少し時間が掛かる場合があります。また、登録後に転職エージェントの会社に相談に行く必要があります。

首都圏が中心になるので、場所によっては少しアクセスが面倒な場合があります。

転職エージェントの使い方や流れ・ポイントを解説

それでは、転職エージェントを初めて利用する人に登録方法や利用の流れ・ポイントなどを経験から解説してみたいと思います。

以下が登録~内定までの大きな流れになります。

利用の流れ
  1. 登録
  2. キャリアアドバイザーと面談(カウンセリング)
  3. 求人の紹介を受ける→応募
  4. 履歴書の添削・面接対策
  5. 内定・入社

内容とポイントを詳しく解説

①登録はネットで転職エージェントのホームページで行います。

主な入力内容
  • 名前・住所・生年月日・電話番号・メールアドレス
  • 職務経歴
  • 希望の求職条件

point!
転職エージェントによって紹介してもらえる求人は違ってきます。複数の転職エージェントに登録することで選択肢を増やすことがポイントです。

②キャリアアドバイザーと面談(カウンセリング)
登録が完了すると電話でキャリアアドバイザーから連絡が来ます。その時に日程を決めて転職エージェンの会社に出向いて相談を行います。

相談の内容は、これまでの職務経歴や希望の条件・いつまでに就職したいか?などになります。

相談時に必要な物
  • 履歴書
  • 職務経歴
  • 証明写真

point!
人気がある転職エージェントの場合は連絡がなかなか来ない場合があります。1週間待っても連絡が来ない場合はこちらから連絡をしましょう。

面談の際に職務経歴やスキルについて棚卸をしていきますが、ここではウソをつかないことです。例えばエクセル・ワード・パワーポイントなどのパソコンのスキルについてできないのにできると言ってしまうと、後で面倒なことになります。

証明写真に関してはビジネスマナーとしてスーツ姿のものを準備しましょう。

来社の際の服装についてはホームページのなどに「私服でも構いません」などと記載がない場合はスーツやビジネスファッションで来社するのが望ましいです。

キャリアアドバイザーに対しても好印象を持ってもらうことが、転職をスムーズ進めるポイントになります。

③求人の紹介を受けて応募する
面談が終わってしばらくするとメールで求人の紹介を受けます。良いと思う求人があれば積極的に応募を依頼していきましょう。

④履歴書の添削・面接対策
履歴書の添削・面接対策については希望者になります。自身が無い場合は無料なので依頼した方が良いです。受ける企業によっても内容が変わってくるのでプロの目で確認してもらうと安心できます。

⑤内定・入社
転職エージェントで紹介される求人は比較的面接の通過確率が高いと言われています。私の経験からの感覚でも同感です。

point!
最終的に冷静に判断して違和感を感じたり、不安材料がある場合には後悔しない為にもキャリアアドバイザーに相談しましょう。

企業に直接自分では聞きづらいことなどをキャリアアドバイザーに聞いてもらうことも可能です。

最後に

今回は「転職エージェントの登録~内定までの利用の流れ」などについて解説してきました。

転職の際に必要になるのが転職の手段を増やすこと(選べる求人案件を多くすこと)が必須です。

  • ハローワーク
  • ネットの転職サイト
  • 転職情報誌
  • 転職エージェント

上記の手段を利用して、一つの手段に頼らずに複数の方法を同時進行で行いましょう。

転職エージェントは有料級のサービスを無料で受けられるお得な転職手段です。

仕事は簡単に変えるものではありませんよね?だからこそ時間を掛けてでも良い条件で就職を完了させることが大事になります。

その為には転職のプロのサポートを受けることは必須の手段です。

今から転職しようと思っている人やこれから先転職する機会があった場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

転職エージェントを初めて利用する人におすすめ【後悔しない厳選10社】

2019年11月9日

それでは、今日はこの辺で失礼します。

お付き合いありがとうございました。

わっぜ〜よか!!ブログ編集長/マサヤ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いつも【わっぜ~よか!!ブログ】をご覧頂き、ありがとうございます。 「リアルな情報配信」をモットーに、自分の経験をもとにブログに関するノウハウや仕事の悩み、転職や副業に関しての情報を主に配信します!