仕事ができない新人ができる人になれる3つの秘策!経験をもとに伝授

仕事ができない新人ができる人になれる3つの秘策!経験をもとに伝授
悩む人

最近入った新人さんが、仕事ができなくて困っています。

教え方が悪いのかな?

いい教え方などがあれば教えてください。

こんな悩みに答えます。

特に新人さんの場合には知識がゼロの状態なので、仕事を教えるのが難しいですよね?

あの手この手と思考錯誤しても、結果が思うように出なくて迷ってしまうのではないでしょうか?

この記事は、過去10年間の新人教育をしてきた経験をもとに書いています。 
  • 新人が仕事ができないと悩んでいる人
  • 自分が仕事ができないと悩んでいる人

こんな方は是非、参考までにご覧ください。

僕も初めは仕事ができませんでした

まず初めに僕の入社当時の駄目さ加減を紹介しておきます。

僕は高校を出て18歳で初めて会社に入りました。

入社先は大手の電機メーカーです。

すぐに仕事を始めるのではなく、1年間は企業が運営している学校に通う必要がありました。(強制です)

学ぶ教科は基本の5教科の他に、物理や化学・機械工学など他にも多くありました。

何故か吹奏楽までやらなければいけません?

この学校に通っている時点で、既につまらない、辞めたいと思っていましたが、他に何の仕事をやっていいのか分かりませんでした。

職場に配属されて怒られる毎日

1年間の学校が終わり、ようやく職場に配属されました。

ここでも僕は、やはり仕事が面白くなく、興味もない状態です。

遅刻も当たり前で、その度に上司に怒鳴られるのですが、悪いとは思いつつも?直りませんでした。

仕事でもミスが多く、よく怒られていました。一発のミスで100万円くらい軽く飛んいくので、それは激怒されて当然ですね。

何枚始末書を書いたことやらです。

こんな感じが23歳くらいまで続いたのですが、現場のサブリーダーという役職を与えられてからはウソのように人間が変わりました。

やる気も湧いてきて、みるみる実績を伸ばす事が出来て、800人程いた会社でしたが、最年少で現場のまとめにまでなる事が出来ました。

この時の年齢が25歳です。

当時の自分を振り返って思いますが、仕事ができない人は、次のことも原因の一つに考えられると思います。

  • 仕事に一生懸命にはなれない
  • 仕事にやる気が出ない
  • 仕事に責任感がない
  • 仕事が面白くない
  • 仕事が嫌だ

このようなメンタル状態では仕事ができるようになるわけがありませんよね?

しかし、仕事ができない人も絶対にできるようになるので心配は無用です。

それでは、1日でも早く仕事ができるようになる為に少し考えてみましょう。

仕事ができない新人社員の5つの特徴

まずは、ザックリですが新人社員の「仕事が出来ない」人の特徴を挙げてみます。

仕事ができない新人の特徴
  • 学生気分が抜けていない
  • 分からない→聞けば済むと思っている。
  • 説明中にメモをとってしまう。
  • 一つの一つの作業が適当
  • 目標設定ができていない

大体こんな感じです。

なお「スピードが遅い」と新人さんに注意してしまう人がいますが、当たり前です。

スピードを上げるには経験が必要です。初めのうちは遅くても時間が解決するので問題ありません。

逆に初めのうちは、品質や中身・過程を重視した方が後で利益につながります。

それでは、上記の項目を順に解説していきます。

特徴:1|学生気分が抜けていない

つい最近まで学生だったのでしょうがないと思いますが、早めに気持ちを切り替えることができると成長も早いです。

あまり好きな考えではありませんが、会社員は労働を提供した対価としてお金をもらっています。

さらに厳しい事を言うと、仕事のクオリティーもバイトよりも高い水準が求められます。

自分の仕事に責任を持って臨み、自分の失敗で会社に大きな損害と迷惑がかかる事を知らなければいけません。

学生の場合は、とりあえず学校に行けば責任を果たしていますが、会社員はとりあえず出社するだけでは意味がない事を自覚しましょうね!

特徴:2|分からない事があれば聞けばいいと思っている

新人の頃に「分からなかったら聞いてきてね!」なんて先輩に言われすることがあると思いますが、何故だと思いますか?

仕事のミスは大きな時間とお金の損失につながるからです。

まずはそこを理解しましょう。

では本題ですが、なんでも聞いてしまう人は仕事に限らず伸びません。

なぜなら、考えることをしなくなるからです。

例えば「これやっといて!」

なんて頼まれた時に、とりあえず分かんないけど自分なりにやってみて最後に確認する人と、初めから考えないで聞いてしまう人。

この場合、どちらが将来仕事ができるようになりるかは分かりますよね?

初めから聞く人は、ある意味では効率がいいかもしれませんが、考える事をしないので伸びません。

上司や先輩も何度も聞かれると、そのうち「いい加減に自分でも考えろよ!」なんて言うと思います。

そうなると「仕事ができない奴」というレッテルを貼られてしまう場合があります。

特徴:3|説明中にメモをとってしまう

説明してもらっている時にメモをとってしまうと、実は覚えが良くありません。

何故かというと、メモを取ることに集中してしまい、話の中身を理解することに集中できないからです。

  • メモを見返しても意味が分からない事がありませんか?
  • メモを見ながらやってみてもうまくできない場合がありませか?

これはメモを取ることに集中してしまい、ポイントが「説明を聞く」→「メモ取るに」になってしまっているからです。

なので、後で説明を思い出そうとしても、相手が何を言っていたか思い出せないはずです。

仕事を教わる時は、聞くことに集中してメモは後回しにするのがポイントです!

特徴:4|一つ一つの作業が適当

新人さんの作業を見ていると、作業が雑な人がいますが、スピードよりも丁寧な作業に心掛ける必要があります。

雑な作業だと仕上がりも悪く、商品にもならない場合が発生してしまうので、時間の無駄になります。

  • 作業のやり直しのロス
  • 納期に間に合わない
  • 無駄な残業の発生

このような無駄や迷惑が掛かってしまいます。

自分の仕事はしっかり責任を持ってこなすのがプロです。

「僕はプロじゃないよ」という人がいますが、仕事をしてお金をもらっている人はみんなプロです。

プロ意識を持って仕事をしましょうね!

特徴:5|目標設定ができていない

新人の時は何も考えずに漠然と仕事をしてしまうので、注意が必要です。

何かを行う時は、少し先の目標を設定するとスキルアップが早いです。

目標を設定することで、どうすれば目標を達成できるか?を考える思考ができるからです。

  • どうすれば一番早くできるだろう?
  • どこを工夫すれば楽にできるだろう?

このようなことを考えれえるようになれます。

ポイントは「少し先の目標」を設定することです。

あまり先の目標や大きな目標にしてしまうと現実的じゃなくなり、達成感が得られないのでモチベーションが保てません。

目の前の小さな目標から設定しするようにしてみましょう。

仕事ができるようになる為の3つの秘策を伝授

仕事ができるようになることは、実はそんなに難しいことではありません。

いくつかをポイントにして今日から実践してみましょう。

今までやっていなかったとしたら劇的な変化を感じれると思いますよ!

  • 仕事ができる人をマネする
  • 数字を意識する
  • 人脈を作る

秘策:1|仕事ができる人をマネする

仕事ができるようになる為には、自分が仕事ができると思う人を見つけてマネをしましょう。(パクる)

仕事ができる人は、他人とは違う方法や考えか方を実践しています。

そうすることで他の人より仕事が早く、クオリティーの高い仕事をすることができます。

本来であれば、自分で効率がいいやり方やを考える必要があるのですが、どうしても1年目と20年目の人ではキャリアが違います。

そこで秘策は、マネをすることです。

この方法が一番簡単で、キャリアが無くても早くスキルを身に付けることができます。

いいと思うことは、どんどんマネして自分の武器にしましょう!

秘策:2|数字を意識する

漠然と仕事をするのではなく「数字」を意識すると結果を出しやすくなります。

仕事の上で数字を管理できると、未達の場合、うまくいった場合のどちらの場合でも原因を考えることができます。

  • うまくいく→何故だろう?
  • うまく行かない→何故だろう?

これを行うと時に、数字があれば見て分かり易いので便利です。

なので、数字を使って目標設定→行動→検証→改善を行いましょう。

PDCAを行うことが大事です。

PDCAについては、こちらの記事を参考にしてください。

副業がうまくいかないと悩む人の共通点|PDCAを意識しよう

副業がうまくいかないと悩む人の共通点|PDCAを意識しよう

2019年9月5日

秘策:3|人脈を作る(フォロワーを増やす)

高いレベルの仕事をやらせてもらう為には「人脈形成」が必要です。

広い人脈形成が確立できると、様々なことが自分に有利に働くことが多くなります。

  • 仕事をバックアップしてもらえる
  • 希望の部署に移動できる
  • いい仕事がもらえる
  • 評価が上がる

このように、人脈ができると仕事をしやすい環境が作れるので、人との繋がりを少しずつ増やす努力をしましょう。

フォロワーが多いと、行動を起こす時に有利です。

新人に仕事を教える時のポイント

それでは、新人を教える立場になった場合についても考えてみましょう。

人に教えるという事は、責任重大です。

将来教えた人が仕事ができる人になるか?ならないか?は教え方次第になります。

新人に仕事を教える時は、最低でも次のポイントを抑えておきましょう。

  • 小学生でも分かるように説明すること
  • 失敗は想定内と思うこと
  • 結果を確認すること

ポイント:1|小学生でも分かる説明に心掛ける

説明が下手だと相手は理解できませんよね?

自分の説明が悪いことに気が付かずに、相手のせいにしてしまう人がいます。

次のようなことに意識して説明するようにしましょう。

  • 分からない人の目線になる
  • 専門用語は使わない
  • 説明はゆっくり丁寧に
  • 相手の顔色を伺いながら理解度を確認
  • 質問の答えは単純明快に行う
  • 聞くことに集中してもらう
  • メモの内容が正しいか確認・補足する

このようなことに気を付けて、小学生にでも分かるように説明してあげましょう。

ポイント:2|失敗は想定内だと思うこと

新人が仕事を失敗したら怒る人がいますが、間違いですね。

新人に限らず人はミスをする生き物です。

怒るのも駄目ですが、怒られるのであればミスをした新人さんではなくて、仕事を教えた指導員になります。

さらにさかのぼると、責任があるとすれば仕事を教えるように指示をした人です。

仕事を教えた後は、教えた人が責任をを持って間違いそうなポイントではしっかり確認をしましょう。

教える人は、途中経過を必ず確認してミスをさせないことも仕事になります。

ミスを起こしてしまうと消極的になってしまい、挑戦できないメンタルにるのでミスを事前に防いであげましょう。

特に新人の時は失敗が多いです。

失敗を経験することで成長して、キャリアを積むことができます。

新しい仕事を教えた場合は、失敗は想定内と思って対応しましょう。

失敗を次に活かせるようにアドバイスしてあげることが大切です。

ポイント:3|結果を確認すること

新人に仕事を教えたらそれで終わりの人がいますが、それではお互い伸びません。

仕事の結果を見てあげないと説明したことの理解度や成果が確認できないですよね?

結果を見て課題が見つかれば修正しなくてはいけないし、駄目なやり方をしていたら早めに辞めさせなければいけません。

また、成長の具合もしばらくは確認しないといけないので、数字で管理をすることも行いましょう。

そして、いい結果が出ていれば褒めてあげる。悪い結果が出ていればお互い情報を共有をして、改善することが大事です。

フィードバックは必ず行いましょう。

まとめ

新人のうちは思うように仕事ができなくて困りますが、必ずできるようになります。

なかなか仕事ができない場合は、教える側と教わる側の問題を考えるようにしましょう。

仕事ができない状態が長引くと、全体にも影響してきます。そして、人間関係の悪化などの問題にもつながることがあります。

その結果「仕事を辞めたい」と思うようになり退職してしまう人も少なくないので十分にバックアップしてげましょう。

こちらの記事でも、仕事の悩みに関してアドバイスしています。

よろしければ参考までにご覧ください。

仕事を辞めたい理由が人間関係の人必見!許せない相手の対処法

仕事を辞めたい理由が人間関係の人必見!許せない相手の対処法

2019年10月5日
仕事ができない人の特徴|現場監督13年の経験から対策を提示

仕事ができない人の特徴|現場監督13年の経験から対策を提示

2019年9月30日
For those who want to quit because they are not suitable for work | Five points to judge and how to change jobs

仕事が向いていないから辞めたい人へ|判断すべき5つのポイントと転職方法

2019年10月9日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いつも【わっぜ~よか!!ブログ】をご覧頂き、ありがとうございます。 「リアルな情報配信」をモットーに、自分の経験をもとにブログに関するノウハウや仕事の悩み、転職や副業に関しての情報を主に配信します!