仕事を辞めたい時に相談できる人は誰?転職4回の経験から語る

悩む人

仕事を辞めたいと思っています。

悩みを相談したいのですが、誰に相談すればいいのだろう?

悩みを誰かに聞いてもらいたいです。

毎日気持ちが重いです。

今回の記事では、こんな悩みに答えています。

仕事を辞めたいという悩みは一人で考え込んでしまうと、体にもよくありません。

考えると、どんどん気持ちが落ち込んでしまうので、誰かに相談したいですよね?

でも相談相手を間違えると、面倒なことになるので注意が必要です。

ここでは、過去に転職経験が4回ある僕の経験をもとに解説しています。

相談相手に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

この記事は約4分で読めます。

仕事を辞めたい時に相談できる人は誰?

仕事を辞めたい時に相談できる人は誰?

仕事を辞めたいという悩みを相談する時にベストな相談相手の基準は、相談することで『自分の気持ちが一番軽くなる人』です。

なぜなら相談するうえで、自分は既に辞めたいと思っています。それに対して反論されると『相談しなければよかった』と思ってしまいます。

例えば相談して、以下のような意見が返って来たらどう思いますか?

否定的な意見

  • え!辞めない方がいいよ、もったいないよ
  • 辞めてもいい仕事なんかないと思うよ
  • どこの会社に行っても一緒だよ
  • 辞めないで頑張ろうよ

このように『辞めない方がいい』という意見ですが、もう仕事を辞めたいと思っている人にはなかな受け入れられません。

相談しなけらばよかったと後悔することもあります。

では逆に、以下のような意見が返って来たらどう思いますか?

同意的な意見

  • いいと思うよ、合わないのなら無理してもしょうがないよ
  • ○○君が自分で決めた道だから応援するよ
  • 仕事はこれだけじゃないからね!色々やってみてもいいと思うよ!
  • 多分時間の問題で、僕もいずれは辞めると思うから妥当な選択じゃないかな?

などの共感してもらえる意見を返してくれると、すごく気持ちが楽になると思います。

仕事を辞めたいと思っている時に相談をしないと心が落ちつかないが、アドバイスしても考え直すつもりは無い心の状態が多いです。

  • 辞めたい気持ちに背中を押してもらいたい
  • 仕事を辞めたい気持ちに共感して欲しい
  • 不安を解消したい

このような事を求めていて、気持ちを楽にしたい心理が働きます。なのでベストな相談相手は、相談することで『自分の気持ちが一番軽くなる人』になります。

決して仕事を辞めることを考え直させてくる人ではありません。

相談すべき人と相談すべきではない人

ここでは、相談相手を単純に2つのパターンに分けてみます。

相談すべき相手
  • 親友
  • 家族(親以外)
  • 学生時代の先生
  • 転職相談機関(エージェント・ハローワーク・電話相談窓口など)

僕の経験を参考に紹介すると、上記が相談するべき相手になります。

親友

親友がいれば、一番いい相談相手だと思います。自分の性格なども若い時から知っているので、あなたのことを本当に心配して聞いてもらえると思います。

家族

家族に関しては、男性の場合は奥様、女性の場合は旦那さんに必ず相談した方がいいと思います。これは相談すると、意外と反対されることの方が多いのですが、生活ありきなので、お互いが納得してから辞めないと、後で必ずお金の問題でこじれます。

ちなみに僕は必ず妻には早い段階で言ってきました。反対されたことは1度もありませんが。。。

学生時代の先生

学生時代の先生に相談する人も意外と多いです。部活の顧問や高校の担任の方は、あなたの性格などをよく分かっている人もいます。なので冷静に判断して的確な意見を頂けると思います。

転職相談機関

厚生労働省の仕事の相談窓口を利用するのもありです。あとで連絡先は紹介しますが、親切に相談にのってくれるので、ぜひ利用しましょう。

また、転職エージェントやハローワークといった機関を利用すると具体的な転職のイメージや計画も立てられるのでおすすめです。

それでは逆に、相談しない方がいいと思う人を紹介します。

相談は避けるべき相手
  • 経営者や会社の上司・現場のリーダー
  • 親、兄弟

経営者や会社の上司・現場のリーダー

このような人は、あなたが辞めることで自分が不利になることが多いので、単純に辞めることに同意しません。世の中の人が全員そうではありませんが、その傾向が多いので十分に注意してください。

僕も過去に転職先の会社で、2年目に退職の相談をしたら以下の言葉を浴びせられた経験があります。

『3年も経っていないのに辞めるだ!』

『甘えんじゃね~ぞ!』

『場合によっては賠償責任だぞ!』

はい、これリアルに事実です。

残念ですが話をしていても、自分の利益の事しか伝わってきませんでした。結果的には、その時は辞めれなくて、1年後に何とか辞めることができました。

当時は今流行りの『退職代行サービス』などがまだありませんでした。小さい会社だったので、相談する人もいなくて毎日が楽しくなかったです。

なので、このような人に相談はおすすめしません。辞めると決めた時に最終的な報告でいいと思います。

退職の際に引き止めにあって辞めれないトラブルは多いです。もし引き止めに合って困っている人は、以下の記事を参考にしてください。『退職代行サービス』の紹介もあります。

【必見】退職を告げると90%の確率で引き止められるが問題なし!即日辞める方法あり】

【必見】退職を告げると90%の確率で引き止められるが問題なし!【即日辞める方法あり】

2019年6月9日
仕事辞めたい

「仕事を辞めたい」悩んでる君へ僕の転職経験からアドバイス!

2019年5月26日

親・兄弟

僕は親や兄弟に相談するのもおすすめしません。

単純に心配させたくないという理由と相談しても解決する話しではないからです。

また、多くの場合は考え直すように引き止めてきます。若いうちは相談してもいいとは思いますが、いい大人が相談する必要はないと僕は思います。

相談する前の準備と相談した後の不安

相談する前の準備と相談した後の不安

ここは簡単に解説したいと思いますが、相談する前には自分の考えをまとめてから相談しましょう。

特に会社の上司に相談したい人は、考えが自分の中でまとまっていないと話が進みません。

最悪のケースは辞めるつもりで相談に行ったのに、引き留められて終わりになります。

相談前に最低限必要な事項
  1. なぜ辞めたいのか(具体的に)
  2. 辞めた後の仕事について
  3. いつまでに辞めたいのか

最低でも以上の項目くらいは、考えを伝えれるようにしておきましょう。

特に、なぜ辞めたいのか?は重要になってきます。場合によっては『改善するから残って欲しい』と言われる場合があります。

自分が納得できれば考え直すのもありですが、後で後悔する事が多いのが現実です。

仕事を辞める相談をした後に影響すること

ウワサされる

退職の相談をすると、自然と周りには退職することが伝わるものです。

人によっては、ウワサさされるのが耐えられないという人もいますが、そこは割り切って頑張りましょう。

最悪は有給休暇を利用するのもありです。

査定が下がる

退職したい意思を示してしまうと査定が下がる場合もあります。

単純に辞めるかもしれない人の査定を上げることは考えにくいので、会社に相談する場合は慎重に行ってください。

僕の場合は、辞める事が決まってから総務部に呼ばれて『今回のボーナスは払えません!』と言われました。おかしな話でした。支給日にはまだ在籍しているのにもらえないなんて。。。

なので皆さんは『もらってから』相談しましょうね!

仕事を押し付けられる

めったにないのですが、ひどい上司や職場になると、最後だからとコキ使われる場合があります。

その場合の対処方は簡単です。こちらにとっても最後なので、全面拒否です。有給休暇を全て使ってしまうのも手段のひとつです。

身近な相談窓口を利用しよう

身近な相談窓口を利用しよう

仕事を辞めたいと悩んでいる時に相談する人がいない場合は、以下の機関を利用するのもおすすめです。

  • 的確な相談が受けられる
  • 会社の人ではないので本音で話せる
  • 今後の段取りなどのアドバイスも参考になる

以上のようなメリットがあるので、ぜひ利用しましょう。

電話相談窓口

厚生労働省では、以下の相談窓口を設けてくれています。

総合労働相談コーナー

  • 相談無料
  • 秘密厳守
  • 予約不要

総合労働相談コーナーの詳細はこちらをクリックして見てください。

ハローワーク

ハローワークでも仕事の相談にのっもらえます。もちろん相談無料です。

仕事の案件などの紹介もしてもらえるので、活用してください。

ハローワークの詳細はこちらをクリックして見てください。

転職エージェント

最後に紹介するのは転職エージェントです。

転職エージェントは、自分に合った仕事を探してくれるサービスです。仕事の悩みを相談するというよりは、退職する意思を固めたら次の仕事の相談をする場所になります。

次の仕事でも同じように仕事が嫌にならないように、自分の希望する条件で仕事を探してもらいましょいう。

ポイントは、前もって探してもらって、いい案件が見つかったら転職を考えるです。

マイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)

20代に特化した20代・第二新卒・既卒向け転職エージェント です。

〆 まとめに

ここまで、仕事を辞めたい悩みを誰に相談すればいいのか?について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

繰り返しになりますが、相談する時には慎重に相手を選んでください。

自分のことを本気で思ってくれる人に相談しましょう。

相談相手は、会社の人でなくても別にOKです。逆に本音を伝えることができるのでいいかと思います。

僕の場合は、会社に相談するのは最後に『退職します』と覚悟を決めて伝える時だけでした。

会社の中で相談相手を探すのは難しいですが、誰かに相談するだけでも気持ちが軽くなるので、一人で悩まずに心を開ける人を見つけて相談してくださいね!

相談相手がいない場合は、先ほどの機関をご利用ください。

それでは、またです。

(*´Д`)ノ~~☆:.・*.See.:you.:♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いつも【わっぜ~よか!!ブログ】をご覧頂き、ありがとうございます。 「リアルな情報配信」をモットーに、自分の経験をもとにブログに関するノウハウや仕事の悩み、転職や副業に関しての情報を主に配信します!