仕事を辞めたいけどお金がないと悩む人へ伝えます!転職にお金なんて必要ない

仕事を辞めたいけどお金がないと悩む人へ伝えます!転職にお金なんて必要ない
仕事を辞めたいけどお金がなくて悩む人

仕事が嫌で辞めたいと思ってます。

でもお金がないので辞めれません。

何かいい方法はないでしょうか?

こんな悩みに答えます。

仕事を辞めたいと思った時に、転職の障害になるのが、お金の問題ですよね。

この記事は、過去4回の自分の転職経験をもとに書いています。

この記事を読むことで期待できること。

  • 辛い気持ちが軽くなる
  • 問題が明確になり解決に向かえる
  • 前向きな気持ちで理想の未来に向けて行動できる

転職は「少しだけ」人生の別れ道になるので、決断する前に今一度、この記事を一読してもらいたいと思います。

少しのお時間ですが、全力で悩みを解決できるアドバイスをさせて頂きます。

それでは解説していきます。

転職するのにお金は必要ない

転職するのにお金は必要ない

転職したいけどお金がないからできないと思っている人がいますが、転職にお金は必要ありません!

僕が今まで4回の転職を経験して学んだのは、お金を使わないで転職する方法が、実はそんなに難しくないことです。

なぜお金が必要でないかというと、次の理由になります。

  • 転職の際に利用するサービスが全て無料だから
  • 仕事をしながら転職活動をするから
  • 退職から転職までに期間を空けないから


このような理由から、転職にお金が掛かることはありません。

リスクを抑えた転職フロー

転職活動のポイントは、リスクを最大限に抑えることです。

  • お金を使わない
  • 失業期間を作らない
  • 今より条件のいい会社に転職する

以上のことを踏まえて転職できれば、リスクを最大限に抑えた理想の転職ができると思います。

転職活動フロー

お金を使わずに転職する3つの方法

お金を使わないで転職できる代表的な方法は3つあります。

  1. ハローワーク(無料)
  2. ネットの転職サイト(無料)
  3. 転職エージェントサービス(無料)


この方法なら完全無料で転職活動をすることが可能です。

この3つの転職方法を詳しく見たい人は、以下の記事を参考にしてください。

For those who want to quit because they are not suitable for work | Five points to judge and how to change jobs

仕事が向いていないから辞めたい人へ|判断すべき5つのポイントと転職方法

2019年10月9日

この記事を読んで分かること→「項目:7 リスクを最小限に抑えた「理想の転職方法」とは?」で紹介しています。

無料のスクールから転職する方法もあり

仕事を変える場合は、直接転職する方法だけではありません。

  • 専門学校に行く
  • 職業訓練校に行く

例えばこんな方法もありますが、お金が掛かるから行けないと思ってしまいますよね?

しかし世の中にはお金が掛からないスクールなども探せばあります。

それではお得なスクールを一つ紹介しておきます。

ITCE Academy(ITCEアカデミー)

ITCEアカデミーは完全無料のITエンジニアスクールです。

  1. 受講料:無料
  2. 就職・転職支援:無料
  3. 宿泊施設:無料

以上の全てが無料です。驚くべきは宿泊施設までが無料だということです。食費は自腹ですが、研修期間は1ヶ月なので、これなら仕事をしなくて大丈夫ではないでしょうか?

サポートも充実していています。

  • 内定後の住まい探しもサポート
  • 就職先もサポート

詳しく見てみたい人は、以下の記事を参照してください。

知らなきゃ損【ITCE Academy】の費用0円は本当?

2019年9月7日

失業した後にお金はいくら必要なの?

失業した後にお金はいくら必要なの?

では仕事を辞めてから転職活動をしたいとい人は、やはり気になるのがお金の問題ですよね。

一体いくらくらい月にお金が掛かるのでしょうか?

独身だったり家族がいたり、実家や借家の場合など色んなパターンががるので一概には言えませんが、平均して月に必要な額は20万円と言われています。

あくまで平均なので、家族がいればこんな額では足りないと思います。

なので、単純に3ヶ月間無職になるなら、貯金が60万円必要になるということですね。

ーーでも雇用保険がもらえますよね?

そんな質問があるかと思いますが、ここではひとまず雇用保険の話は置いておきましょう。

何故かというと、雇用保険がもらえるのは通常は辞めてから3ケ月後からなので、生活するには、直近のお金の心配をしないといけないからです。

現在の月の出費(例)

どんなものにお金が掛かるか見てみましょう。

月の出費(例)
  • 食費
  • 雑費
  • 家賃(家のローン)
  • 水道光熱費
  • 携帯料金
  • ネットの通信費
  • 車の維持費
  • 生命保険料金
  • 税金関係
  • 教育費
  • 保険医療費

やっぱりこうやって見てみると、お金って掛かりますね!

仕事を辞めてから転職活動をするのであれば、これらの出費をできるだけ抑える必要があります。

最低限に出費をおさえる方法

では、どうすれば出費を抑えることができるか考えてみましょう。

出費の中で一番無駄で、無くしやすいなものは「家賃」と言われています。

例えば以下のような方法で対応できれば行いましょう。

  • 自分の実家に住む
  • 妻の実家に同居させてもらう

独身の場合は自分の実家に住みましょう。これだけで3万~6万くらいは浮きます。

既婚者で自分の実家が田舎で戻れない場合は、妻の実家に同居させてもらうのも一つの手です。

出費を抑えなければいけない時にわがままは言っていられません。安定したらまた好きな生活スタイルに変えることは可能です。

その他で出費を減らせるとすれば次のようなことでしょうか。

  • 食費をを抑える。
  • 節電や節水
  • ネット・携帯・保険の契約条件を見直す
  • 車の売却

転職をしない人も、今までの出費を見直してみると、意外と無駄なお金が出て行っていることに気が付くかもしれませんね。

辞めてから仕事を探す場合の注意点

辞めてから仕事を探す場合の注意点

仕事を辞めてから転職先を探す際には、お金の悩み以外にも注意することがあります。

それでは、メリットとデメリットに分けてみてみましょう。

辞めてから転職活動をする時のメリット

まずはメリットについて見てみましょう。

メリット
  • いい仕事があったら直ぐに仕事を始められる
  • 仕事探しに集中できる

仕事をしながらだと、どうしても仕事を探す時間が限られてしまいまが、辞めてからだと仕事探しに集中できるのではないでしょうか?

仕事をしながら転職活動をする場合は、転職エージェントを利用することで、希望の条件で転職のプロが仕事探しをしてくれるのでおすすめです。

安心・安全な転職活動ならリクルートエージェントがおすすめです。
\詳細はコチラをクリック(無料)/

また、仕事を辞めてから転職活動をするもう一つのメリットは、すぐに仕事を始められることです。

たまにあるのが、せっかく面接までこぎつけたのに、仕事の開始時期の折り合いが合わずに駄目になるケースです。

せっかく面接までいったのにもったいないことですよね。

辞めてから転職活動をする時のデメリット

それでは次にデメリットについて見てみましょう。

デメリット
  • 仕事が決まるまでの生活費が不安
  • 転職が長引くと精神的に辛い
  • 時間が掛かると転職に不利になる場合がある
  • 近所の目が気になる

先程、お金の不安についてはお話しましたので、それ以外のデメリットについて解説します。

転職活動が長引くと、日が経つにつれて精神的に辛くなってきます。しかし焦ってしまうと妥協して自分が嫌な仕事に就いてしまうので気を付けてください。

初めからある程度、長い計画で転職を考えておくと焦りも少なく済むと思います。

次のデメリットとしては、あまり退職してから時間が空いてしまうと、印象が良くないと聞きます。この場合、もし質問されら理由をしっかり答えれば問題ないです。

「妥協して仕事を選ぶつもりはありません」とかは、逆に印象が良くなると思います。

最後のデメリットは、転職が長引くと近所の目が何故か気になりますね。何故か仕事をしていないと悪いことをしているような気になることがありますが、これは被害妄想かもしれませんね。

支援制度を利用して乗り切ろう

支援制度を利用して乗り切ろう

仕事を辞めてから転職活動を行う場合は、少しでも生活への負担を減らすことを考えましょう。

最低でも数ヶ月前から、事前に何ができるか調べておく必要がありますね。

失業中に有効な手段があるので紹介しておきます。

失業中に有効な手段を利用しよう

以下の手段は、失業中に負担を減らすために有効な手段なので利用しましょう。

  1. 雇用保険
  2. 税金の減免措置
  3. 妻か親の扶養家族に入れてもらう

雇用保険の手続きは速やかに行う

失業保険と言った方が分かり易いかもしれませんが、同じです。正式には雇用保険です。

雇用保険の手続きは確実に行いましょう。少ない人でも90日分の失業給付金が受けられます。ただし額は多くないので、やはり早い就職完了を目指しましょう。

受給期間が満了する前に就職が決まっても「就職祝い金」としてお金をもらえるので安心してください。

税金の減免措置の手続きを行う

税金の減免(げんめん)措置とは、簡単に説明すると、支払う能力がないので軽くしてもらうことです。

住民税・国民健康保険・国民年金などの支払いが軽減できるの場合があるので、お近くの市役所にまずは問い合わせしてください。

意外と知らなくて損をしている人がいるので、是非確認してください。

妻か親の扶養家族に入れてもらう

仕事を辞めると社会保険から外れます。そして国民健康保険に加入することになります。そうしないと「保険証」がもらえないので、病気をして病院に行くと100%の支払いになります。

そうなってしまうと高額の出費ですよね。しかも後からは戻ってくる仕組みはありません。

しかし、収入が無い状態で国民健康保険の支払いはかなり厳しいです。そこで親もしくは妻の扶養に入れないか確認しましょう。

もし扶養に入れると、雇用保険をもらい始める期間(通常は3ヶ月)までは国保を支払わなくて済むと思います。

以上のことをまとめると、ポイントは3つです。

まとめ
  1. 雇用保険の手続きを行う
  2. 税金を軽減する手続きを行う
  3. 扶養に入れてもらって国保の負担をなくす

以上の手続きを早めに行ってください。

すぐに辞めれない場合に取るべき行動【将来仕事を辞める策】

すぐに辞めれない場合に取るべき行動【将来仕事を辞める策】

悩んだ末にお金の問題でやっぱり仕事を辞めたくても辞めれないという人もいるかと思います。

その場合は、次の手段で将来は仕事を辞める計画を立てることをおすすめします。

副業を始める

本業で収入を短期間で大きく増やすのは難しいと思います。

そこで、収入を増やす方法でおすすめなのが「副業」です。

最近ではサラリーマンや主婦・学生でも副業をするのが当たり前の時代になりましたね。

ネットの普及・副業解禁などが背景にあると思います。

特に「ビジネス収入の副業」は成功すれば大きく稼げるので仕事を辞めることが可能です。

ビジネス収入の構築にはそれなりの時間が掛かると思うので、早めに始めることをおすすめします。

副業に関しては、以下の記事で紹介していますので、参考にしてください。

副業の完全攻略ガイド|知識ゼロから副収入を得る方法

【副業の初め方まとめ】全37記事で副業の初歩から稼げる副業を紹介

2019年9月23日

資格を取る

資格を取ることも将来仕事を辞める・転職する時に有効になると思います。

なので、今の仕事を利用して取れる資格があれば頑張って取っていきましょう。特に国家資格は有効です。

資格を取る時は、何の資格でもいいわけではありません。

  • 国家資格
  • 稼げる資格
  • 需要がある資格

以上のようなことを基準にして資格をとるといいと思います。

よくあるのが資格の数に注目してしまい、多くの資格を持っているけど、稼げる資格がない場合です。

いわゆる「資格マニア」になってしまう人がいますが、大事なのは数ではなく資格を利用して稼げることです。

資格に関しては、以下の記事でも少し紹介しています。

副業でおすすめの人気の資格【厳選5つ】会社員でも取得可能

副業でおすすめの人気の資格【厳選5つ】会社員でも取得可能

2019年9月9日

〆 まとめに

仕事を辞めたいけど「お金がなくて仕事を辞めれない」と悩んでいる人は、あきらめないでください。

方法次第でお金を使わなくても転職はできます。

また、仕事を辞めて転職活動をする場合は、事前の準備と最大限に無駄をなくす努力が必要になります。

  • 雇用保険の手続きを行う
  • 税金を軽減する手続きを行う
  • 扶養に入れてもらって国保の負担をなくす

このような措置は必ず行いましょう。

最後に注意しなければいけないことですが、雇用保険は初月からもらえません。基本は3か月後からです。

ここで注意です!

仕事を辞めると金融会社からお金を借りれる話が電話やメールで連絡がなぜか多く来る場合があります。 

おそらく何らかの手段で情報を入手していると思われます。

「3ヶ月後には雇用保険が入るから、とりあえずお金を借りておこう」こんな考えは間違っています。

絶対にお金を借りることはしないでください!

それでは、今日はこの辺で失礼します。
またネ☆(*^-^)o゙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いつも【わっぜ~よか!!ブログ】をご覧頂き、ありがとうございます。 「リアルな情報配信」をモットーに、自分の経験をもとにブログに関するノウハウや仕事の悩み、転職や副業に関しての情報を主に配信します!