新卒が仕事を辞めたいと思う7つの理由とキャリアアップが狙える転職方法

新卒が仕事を辞めたいと思う7つの理由とキャリアアップが狙える転職方法
新卒社員

新卒社員です。

まだ仕事を始めて1年です。

仕事が嫌で辞めることも考えています。

仕事を辞めてもいいのでしょうか?

こんにちは、マサヤです。

いつも『わっぜ〜よか!!ブログ』を読んで頂き、ありがとうございます。

今回は、仕事が嫌で辞めたいという新卒社員の悩みです。

この悩みは、本当に昔の自分を見ているようで放っておくことはできません。

私も新卒の頃、仕事が嫌で嫌で仕方がありませんでした。

毎日、田舎の鹿児島に辞めて帰りたいと思っていましたね。

楽しい学生生活を終えて、社会に出ると「仕事」という義務が発生します。

毎日がつまらなくなりましたね。

ハァー

こんなことする為に今まで勉強してきたのかー?

嘆いていた頃が懐かしいですが、苦しい気持ちは今でも忘れません。

この記事は、過去4回の転職経験をもとに書いています。

そもそも、自分が好きな仕事に一発で就くこと事態が奇跡です!

当然、失敗する人の方が多いでしょう。

失敗したと思いつつも、自分を会社に染める努力をして、大体の人は頑張ってしまいます。

しかし、それでは人生が楽しくなりません。

check! この記事を読んで分かること
  • 新卒の離職率
  • 新卒社員が仕事を辞めたいと思う理由
  • 新卒の転職でのデメリットとメリット
  • 強引な引き止め対策
  • 新卒に有利な転職手段

この記事では「仕事を辞めたい」と悩む新卒社員へ、辞めたい気持ちに対してどのような行動をとるべきかをアドバイスします。

仕事が嫌で辞めたいと悩む方は、参考までに、ぜひご覧ください。

「仕事を辞めたい」と嘆く新卒社員の実態

毎年、仕事が嫌で辞める人は絶えませんが、中でも新卒の離職率の割合は低いとは言えません。

新卒が仕事を辞める理由には「仕事が合わない」など、本人の問題もありますが、賃金が低い・労働環境が悪いなど、企業側にも問題があると思います。

個人的な感想ですが、昔は働く側が会社に合わせていた時代ですが、今は違います。

働く側の理想に企業がマッチングできないと離職されてしまう時代です。

新卒社員の退職の実態は?【離職率データあり】

最近では企業の人手不足が深刻な問題になっています。

人が減ることで一人に掛かる負担が大きくなり、さらに人が辞めていくという『負の連鎖』が起きています。

人手不足の原因には若者(新卒)の離職が多いことも関係しています。

新卒社員の離職率データを見ると、高卒・大卒共に3年以内での離職率が高いことが分かります。

以下の資料は厚生労働省が発表している「新卒の離職率」のデータになります。

※高卒の離職率の状況表

※大卒の離職率の状況表

引用元:新規学卒就職者の離職状況|厚生労働省HP

  • 3年以内の高卒の離職率:39%
  • 3年以内の大卒の離職率:31%

データの結果をみると、単純に10人入社して3・4人は3年以内に仕事を辞めています。

3年が継続するか退職するかの分岐点

私が転職を重ねてきて理解したことですが、自分にとって有益な仕事では無い場合、その仕事に意味を感じなくなってしまいます。

そこで、3年間という数字が重要になってきます。

テレビドラマなどで「3年やってから言え!」なんて上司が怒鳴るシーンを見ませんか?

新卒社員

あの〜

仕事を辞めたいと思っているので相談したいのですが・・・

ふざけるな!

まだ1年しか経たないのに何言ってんだ!

3年やってから言え!

私は、3年という数字の意味が転職を重ねてようやく分かりました。

3年くらい仕事をすれば、今の会社での将来のビジョンが見えてきます。

そして先程述べたように、その仕事に意味を感じなくなるのが3年という節目です。

そこで辞めるか?続けるか?に大きく分かれてしまいます。

どちらが正しいとは言えませんが、僕は転職してからは、将来性が無いと思えば次で頑張る方を選んできましたね! 

何故なら、初めの会社は20年勤めましたが、我慢して続けた結果、幸せだと思えなかったからです。

このように、3年という月日が将来性を判断する上で基準となる年数と言えるでしょう。

新卒社員が仕事を辞めたいと思う7つの理由

それでは何故?新卒の社員は仕事を辞めたいと思うのでしょうか?

本人にとっても、雇う側にとっても原因を分析して「改善」する必要があります。

それでは、よくある新卒社員が仕事を辞めたいと思う理由を紹介します。

新卒が仕事を辞めたいと思う理由
  1. 仕事がつまらない(理想と違う)
  2. 残業・休日出勤をしたくない
  3. 収入が低い
  4. 将来性がない
  5. 人間関係が悪い
  6. 仕事以外で付き合いたくない

それでは順に解説していきます。

理由:① 仕事がつまらない(理想と違う)

新卒の場合、仕事に対する想像と現実のギャップにショックを受ける人も少なくないでしょう。

理想と現実の違いは、経験や知識不足から起きてしまします。

アルバイトをしたことがあれば、少しは仕事のイメージが出来るかもしれませんが、何もしたことがない人は「体験から得る知識」が足りません。

就職するまでにアルバイトなどを行い、出来るだけ多くの経験が必要ですね。

仕事は「生きる上での手段に過ぎない」と思って割り切る事も大切です。

理由:② 残業や休日出勤をしたくない

残業は当たり前という考えの会社がありますが、そのような会社は、多く時間を費やしている割には生産性が悪いことが多いです。

ーーなぜ残業をしなければいけないのでしょうか?

ノルマを達成できないからです。

ノルマが達成できないでのは、生産計画の見直しや原因の分析ができていないからです!

  • 目標の設定に無理がある
  • 人数が足りていない
  • 設備が整っていない

このように、目標を達成できない理由があるのに、改善する手段を考えれない・行わない→社員に負担が掛かります。

改善できる作業などがあれば、率先して意見して改善しましょう。

理由:③ 収入が低い

仕事とは、労働を提供することで報酬得る手段ですが、同じ時間働いても貰える報酬の水準が会社によって変わります。

お金が全てだとは思いませんが、生活をする上でお金がベースになってきます。

収入によって生活水準も変わってくるので、より豊かな生活を送る為には高い収入を得る必要がありますね。

新卒の場合は、将来その会社で満足できる収入が得られるかを見極めましょう。

数十年働いても収入アップが期待できない会社であれば、見切りを付けて転職するという手段も考えなくてはいけません。

理由:④ スキルアップが望めない

毎日同じことの繰り返しでは、やりがいを感じ無くなってしまいます。

人によっては、同じ作業の方が頭を使わずに済むから良いと言う人もいますが、後で苦労することになるかもしれません。

  • 考える事ことをしなくなる
  • 成長が止まってしまう

これでは機械と変わりません。

同じ作業の繰り返しではスキルが身に付かないので、転職などで不利になります 

新しい仕事を積極的にやらせてもらうか、無理なら仕事を変えるという手段もあります。

理由:⑤ 人間関係が悪い

新卒の頃は、どうしても先輩から指示されることが多いと思います。

仕事だから仕方ないとは思いますが、全て上から目線で来られると腹が立ちますよね。

また、職場の人間関係が悪いと派閥などがあり、間に挟まれて面倒な立場になったやりもします。

人間関係の問題は様々で、解決するのは難かしいと思います。

仕事と割り切りきって、自分が合わせるようにした方が良いと思います。

仕事の人間関係の悩みに関しては、以下の記事でもアドバイスしています。

仕事を辞めたい理由が人間関係の人必見!許せない相手の対処法

仕事を辞めたい理由が人間関係の人必見!許せない相手の対処法

2019年10月5日

理由:⑥ 仕事以外で付き合いたくない

新卒の頃にはよくある話ですが、年下だからということで、仕事以外の時間まで奪われることがあります。

例えば次のようなことです。

  • 毎日のように飲みに連れて行かれる
  • 休みの日に付き合わされる
  • 先輩の趣味を強要される

プライベートはサラチーマンにとって唯一のリラックスできて楽しい時間です。

それを奪われるとストレスが溜まってしまい、仕事まで楽しく無くなります。

強い気持ちでハッキリ断りましょう。頼りになる先輩を見つけて相談するのも効果がありますよ。

理由:⑦ 自分の意見が通らない

新卒の頃はまだ経験年数が浅いので仕方ないかも知れませが、意見が通らないとう残念な環境に耐えることもあります。

相手が聞き入れようとすらしない場合は、考えることが無駄に感じてしまいます。

思考が停止してしまうと、成長もしなくなるので要注意です。

今は意見が通らなくても努力や結果は必ず誰かが見てくれています。諦めずにチャレンジを常に行なってください。

新卒の転職でのデメリットとメリット

転職にはリスクがもちろんあります。

リスクがあるから多くの人は「こんな仕事したくない!」と思っていても、我慢して続けてしまいます。

しかし、悪い想像ばかりしていたら「行動」することができないので、デメリットとメリットについて整理してみましょうw

新卒の転職でのデメリット

デメリット
  • 転職先の企業から「簡単に辞めるのでは?」という印象を持たれる
  • 忍耐欲が身に付かない

職務経歴が短いと悪い印象を持たれるデメリットが発生します。

  • すぐに辞めてしまうんじゃないか?
  • 忍耐力がないんじゃないか?

そんな想像をされてしまうと思います。

しかし、逆にそこを逆手にとって好印象に変えてしまえばいいのです!

辞めた理由が肝心です!

面接官

前の仕事は1年で辞めてしまっていますが・・・

どういった理由ですか?

新卒

以前より○○の分野でスキルアップをしたいと思ってました。

御社が○○の分野に力を入れていることに以前から魅力を感じていました!

スキルを身に付けて御社にも貢献できると思い、転職を決意しました!

ちょっと大げさですが、前向きな理由が大切ですね!

前向きな気持ちを強くアピールできればOKです!

自慢にもなりませんが、私は過去4回の転職で20社くらいは面接を受けましたが、落とされた経験は1回しかありません。

その1回の落とされた理由も分かっています。

面接に行くと、想定外の筆記試験が始まってしまいました。学生時代からかなりの時間が経っていたので、全く解けませんでしたね(笑)

予想できていたら対策はできたのですが、まったくノーマークでした。

そんな予期せぬ事態にならない為には対策が肝心だと身にしみましたね。

予期せぬ事態に慌てない為には、転職エージェントに協力してもらい、しっかり事前対策してもらいましょう。

新卒の転職でのメリット

次にメリットについて紹介します。

新卒の場合は、メリットが多いので、転職には有利です。

メリット
  • まだ若いのでやり直しができる
  • 積み上げの期間が浅いので被害が少ない
  • 求人の需要が多い
  • 選べる職種が豊富
  • 転職に時間が掛からない

若いうちは色々な事を経験する方が、後の人生にとって有益です。また、勤続年数が少ないうちなら辞めてもリスクは少ないですね。

今の時代は定年まで勤めれる確率が非常に低いです。

大手の企業でも「終身雇用は厳しい」と発言するくらいですからね。

一つのことを積み上げるのもいいのですが、そのスキルが何か予期せぬ事態になった時に役に立つのかが重要です。

転職はもちろん若い方が有利です。しかし、年齢が高いと転職できない訳ではありません。

年齢によって企業から求められることが違ってきます。

年齢で求められることは違う

  • 熟練者→キャリア・スキル・即戦力
  • 新卒→スキルよりも今からの伸びしろ

企業は新卒が社会経験が少ないのは承知なので、即戦力やスキルよりも「伸びしろ」に期待しています。

余談ですが、転職を重ねて感じたことは、年齢が上がると実績を期待されてしまします。

実績や経験をアピールできないと・転職が困難になります。

若いうちに「将来性のある仕事」を見つけて、スキルと実績を身に着けておいた方が、将来は良い結果になります。

転職の条件が良い
  • 高いスキルの仕事も狙える
  • 選べる職種が豊富
  • 転職に時間が掛からない

新卒の転職は「仕事の質と量」が充実しているので、短時間での転職が可能になります。

新卒が転職する前に考えるべきこと

特に初めて転職する時は、本当に辞めてもいいのか?もう一度、考えを整理してからにしましょう。

ただ「仕事をするのが嫌だ」という理由であれば、他の仕事をしても同じことの繰り返しになります。

さすがに過去の職務経歴を見て、1年も続いていない仕事の経歴が多いと不利になりますね。

辞めたい理由の整理

同じ悩みで何度も転職をしない為に、まずは今の仕事の不満・辞めたい理由を書き出してみましょう。

例えば、以下が例になります。

仕事を辞めたい理由
  • 仕事が面白くない
  • めんどくさい
  • 残業したくない
  • 給料が安い
  • 人間関係が悪い
  • 通勤時間が長い
  • ノルマがきつい
  • パワハラにあっている
  • 続けてもスキルが身に付かない

このような感じで、全てを「せきらら」に書き出しください。

次に以下のことを考えてください。

  • 自分の努力で解決できる事はないか?
  • 仕事を変えれば解決できる問題なのか?
注意
今の仕事が合わない事と、そもそも「仕事をしたくない」では話が違います

努力しないで転職した場合は、先ほど説明したように、次の仕事も辞める結果になります。

やれることはやったので後悔はない!という気持ちが大事です。

将来のビジョンを描こう

もう一つ大切なことは、将来どういう生活や仕事をしたいのかを明確にすることです。

理想の生活を手に入れる為には何をすればいいのかを考えて、行動に移しましょう。

新卒の場合は、家族(妻や子供)がいない人が大半だと思います。

  • 家族ができると自由な時間が少なくなる
  • 家族を養う為のお金が掛かる

今こそ自分の将来像を描いて行動すべき!

転職しても理想が叶わない場合は、他の方法はどうでしょうか?。

  • スクールに通う
  • 資格をとる
  • 海外に留学する

夢を追いかけると人生は楽しくなります。

引き止めは想定内「覚悟しよう」

仕事を辞めると伝えたいけど「反対されそうだから言い出せない」と悩む人は、覚悟を決めましょう。

特に新卒の場合は期待が大きいので、辞められるのは困ります。

引き止められる可能性は100%に近いと思うので、想定しておきましょう。

引き止めに関しては、以下の記事でも紹介しています。

【必見】退職を告げると90%の確率で引き止められるが問題なし!即日辞める方法あり】

【必見】退職を告げると90%の確率で引き止められるが問題なし!【即日辞める方法あり】

2019年6月9日

やるべきことを済ませよう

引き止めは行為は、人が抜けることで会社のバランスが崩れてしまうことが原因で発生します。

辞める人の心配などはしていません。

引き止め対策として「困る」要素を減らすことを事前に進めておきましょう。

新卒の場合は、まだそれほど無いかもしれませんが、自分にしかできない仕事があれば引き継いでおきましょう。

仕事の引き継ぎは、引き止めに関係なく辞める場合には必要になります。

就業規則を確認しよう

中小企業では目にすることが無いかも知れませんが「就業規則」の退職についての規則を確認してみましょう。

特に定めが無い場合は、原則、2週間前に退職の意志を告げれば問題ありません。

しかし、社会人の常識として、自分が抜けた後のことも考えることも大事です。できるだけ早く退職することを伝えるのがマナーです。

私は2ヵ月前を目安に伝えてきました。

  • 人の配置換え
  • 仕事の引き継ぎ
  • 新しく仕事を覚える

人が抜ける場合には以上のようなイベントが発生するので、ある程度の時間が会社側にも必要になります。

退職が困難な場合の手段

私も経験がありますが、ブラック企業になると退職するのは非常に困難です。

労働組合なども無いので最悪は、社長と直接争う覚悟が必要です!

なかなか退職を受け入れてくれないので長期戦が予想が予想されますが、以下のような事態も起きるかもしれません。

退職時の障害
  • 損害賠償と脅してくる
  • 離職届けを出してくれない
  • ボーナスを払わない
  • 有給を使わせない
  • 有給を使った分のお金を払わない

脅すつもりは無いのですが、このようなことが想定されます。

実際に私が被害にあった経験は次の2点です。

  1. 損害賠償で訴えると脅してくる
  2. ボーナスを払わない

今思い出しても腹が立ちますね!

このようなことが実際にあります。

その頃はあまり知識も無かったので、辞めることに本当に苦労しましたが、今なら知識も豊富なので楽勝です!

損害賠償?

何を言われているんでしょうか?

逆に人権侵害で訴えますよ!

経営者なら「職業選択の自由」に関する法律くらいご存じですよね?

こんな感じで言い返せる自信はありますが、新卒の人にはちょっとハードルが高いですよね。

でも、今の時代は大丈夫です!

もしもこのような悪質な引き止め行為に相手が及ぶ場合は「退職代行サービス」を使ってください。

実績ある弁護士さんが対応してくれるので安心です!

  • 嫌な思いもしなくて済む
  • 毎日悩まなくて済む
  • 最短でその日から行かなくてOK

嫌な人の顔も見ないで、申し込んだその日から会社に行かなくて済むんです!

社会人としてのマナーは大事ですが、相手にマナーが無い場合は、遠慮はいりません。

「目には目を歯には歯を」ということわざがありますが、相手が理不尽な対応をするなら即利用することをおすすめします。

明日から仕事に行きたくない人は退職代行サービスへ相談です

退職代行サービスの利用の流れは次のようになります。

退職までの流れ
  1. Webから申し込み(無料の相談を実施)
  2. 料金の振り込み
  3. 後はお任せ

これで退職完了です。

会社と連絡を取ることもありません。

必要な書類の手続き・返却物は郵送です。

  1. 辞める日を決める
  2. Webから申し込む
  3. 料金を支払う

辞める時に必要なのは、この3つの作業だけ。

正社員の場合、料金は29,800円ですが、転職が決まれば転職祝金5万円がもらえます!

\無料相談はいつでもOK/


女性にはこちらがおすすめ!

◎サービス内容は同じですが、こちらは女性に特化したサービスです。→男性でも利用派OK!

\無料相談はいつでもOK/


更に詳しく退職代行サービスについて見たい人は、以下の記事を参考にして下さい。

退職代行サービスおすすめ

【退職代行サービスおすすめ5選】仕事を今すぐ辞めたい人は即利用しよう!

2019年12月2日

新卒に有利な転職手段で「キャリアアップ」を目指そう!

新卒に限ったことではありませんが、転職する最大のメリットはキャリアアップが狙えることです。

今の仕事よりも賃金を上げる・休みを増やす・スキルが身に付くなど、自分が求める条件をできるだけ多く獲得しなければならない。

以下のグラフは厚生労働省が発表した「2019年/7月の高校新卒の求人・求職状況」です。

直近のデータを見ると、求職者の人数に対して求人数が大きく上回っていることが分かります。

このデータから転職には有利な状況といえるでしょう。

最近の傾向では、新卒よりも、一度社会経験がある「第二新卒」を求めていると言われています。

※2019年/7月 高校新卒の求人・求職状況

引用元:令和元年度「高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職状況」取りまとめ|厚生労働省

大手の企業を狙える

記事の冒頭で紹介した「離職率のデータ」でも分かるように、規模が小さい企業の離職率が高いことが分かります。

  • 社員数が5人未満の企業の離職率:約60%
  • 社員数が1,000人未満の企業の離職率:約20%

このように、数字を見ても、明らかに大手の離職率が低いことが分かります。

ーーこれって何の違いなんですか?

社員の満足をどれだけ満たしているかの違いですね!

  • 高賃金
  • 環境の整った快適な職場環境
  • 福利厚生の充実
  • 将来の保証
  • スキルが身に付く仕事の仕組み
  • キャリアアップが可能
  • 賃金のベースアップが大きい

以上のようなことを見ても、大手を狙うメリットが分かると思います。

ーーでは、どういう手段で大手に入ることができるんですか?

ネットの求人やハローワークの求人では、まず大手の求人を探すことができないと思います。

何故なら優良企業がそこに求人を出さないからです。

ーーでもネットやハローワークに求人を出せば多くの人の目に触れるので有利じゃないですか?

それが逆なんですよね!

むやみやたらに問い合わせや履歴書を送ってこられたらどうですか?

面倒ですよね?

企業は欲しい人材を無駄な時間を使わずに効率よく確保したいので、厳選したルートで確実に求人を確保する仕組みを使います。

それが「転職エージェントサービス」です。

転職する際に大手を狙いたいのであれば、転職エージェントを利用しないと可能性は低いということです。

良い条件の仕事を探す→転職エージェントを利用する

納得いかない労働条件の仕事。高待遇な仕事。どちらも仕事をすることに変わりはありません。

人生を豊かにするために、あなたはどちらの仕事を選びますか?

聞くまでもありませんよね!

転職エージェントサービスを上手に利用するコツってあるの?

転職エージェントのサービス会社は沢山あります。

使ったことが無い人は、どこの転職エージェントに登録すればいいにのか分からないと思います。

転職エージェントを利用するポイントは「複数の転職エージェントに登録」することです。

ーーなぜ複数登録するのですか?そんなことをしてもいいんですか?

複数に登録をすることは悪いことではありません!

転職エージェント会社も転職を有利に進める手段として、複数の転職エージェントに登録することをおすすめしています。

複数に登録するメリットは、仕事の案件が増えることで仕事を選べる幅が増えることです。

もう一つは、自分と相性のいいサポートエンジニアを見つけることができるからです。

できるだけ多くの転職エージェントを利用して、最終的に自分が信頼できる人からサポートを受けましょう。

新卒におすすめの転職エージェント

新卒には20代・第二新卒の転職を専門としている【マイナビジョブ20’s】がおすすめです。

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20’sの特徴

  • 20代・第二新卒・既卒向け転職エージェント
  • 満足のサポート体制→専属でキャリアアドバイザーが担当
  • 求人数1,500件以上
  • 料金すべて無料
  • 応募手続き・面接日程調整もおまかせ
  • 李履歴書などの必要書類作成もお手伝い
  • 面接対策もバッチリ

\無料相談はいつでもOK/

【推奨】複数の転職エージェントを登録したい場合は、こちらのサービスも無料で利用できます

check! 20代・第二新卒に人気のエージェントです!

人気の転職エージェント

最後に

今回は「新卒が仕事を辞めたいと思う理由」というテーマで、過去の転職経験からアドバイスさせて頂きました。

今の時代は、一生同じ会社で勤める時代ではありません。

仕事が合わないと嘆く人も多いですが、好きな仕事を一発で当てるのは難しいです。

生きる上で「仕事」は大切な手段です。だからこそこだわる必要があると思います。

若いうちの失敗なんていくらでも取り戻せるので、妥協することなく楽しい人生の構築を目指してください!

それでは、今日はこの辺で失礼します。

お付き合いありがとうございました。

わっぜ〜よか!!ブログ 編集長/マサヤ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いつも【わっぜ~よか!!ブログ】をご覧頂き、ありがとうございます。 「リアルな情報配信」をモットーに、自分の経験をもとにブログに関するノウハウや仕事の悩み、転職や副業に関しての情報を主に配信します!