WORK

仕事が向いていないから辞めたいと思った時に確認すべき5つのポイント

2019年10月9日

仕事が向いていないから辞めたいと思った時に確認すべき5つのポイント

こんな方におすすめの記事です

  • 今の仕事が向いていなくて悩んでいる
  • 仕事が向かないから転職を考えている
  • 自分に向いている仕事をしたい
  • 仕事に前向きになれなくて悩んでいる

「仕事が向いていない」と思うことは誰しも1度はあるのではないでしょうか?

向いていない仕事を続けるべきか?思い切って辞めるべきか悩みますよね?

この記事では、仕事が向いていなくて辞めようと思った時に確認すべきことや、取るべき行動について紹介しています。

参考にして頂くことで、自分が本当に向いていないのか?を確認することができて、将来に向けて迷わずに踏み出すことができるでしょう。

目次

仕事が向いていないから辞めたいと思った時に確認すべき5つのポイント

仕事が向いていないから辞めたいと思った時に確認すべき5つのポイント

仕事が向いていなくて辞めようか迷っている時は、もう一度『本当に今の仕事が向いていないのか?』を確認してください。

『仕事が嫌い』と『向いていない』は同じではありませんが、勘違いしてしまうことが多いので確認が必要です。

仕事の向き不向きを判断する5つのポイント

ここでは、本当に今の仕事が自分に向いていないのかを確認するために、5つのポイントを質問にしてみました。

以下の質問を見て自分に問いかけてみてください。

確認すべき5つの質問

  1. 仕事で楽しいと思えることがあるか
  2. 仕事のスキルは身に付いているか
  3. 頑張った成果は出ているか
  4. 目標を設定ができているか
  5. 休みは充実しているか

それでは、詳しく見ていきましょう。

質問1:仕事で楽しいと思えることはありますか?

まずは以下の2点について考えてみてください。

  1. 入社当初は楽しかったか?
  2. 今でも仕事で1つも楽しいと思えることはないか?

入社してから今まで1度も楽しいと思ったことがないのなら、その仕事は向いていないかもしれません。

しかし、何かをきっかけに仕事が楽しくないと思ってしまった場合は、その原因を改善することで仕事が楽しくなるかもしれません。

楽しくないと思う気持ちが『仕事が向いていない』という感覚に変わってしまっている可能性があります。

2.仕事のスキルは身に付いていますか?

仕事を通して、いろんな経験をすることで、スキルが身に付いて自分も成長することができます。

しかし、やる気が落ちてしまうと、仕事に対するモチベーションも下がってしまい、「自分には、この仕事は向いていないのかも?」と思ってしまいます。

その結果、やる気がある人と比べて仕事の成長も遅くなり余計に悩みが増してきます。

この場合は向いていないのではなくて、やる気が起きないのが原因かもしれません。

改善案として、なぜやる気が起きないのか?を考える必要があります。

3.頑張った成果は出ていますか?

先程のやる気の話につながりますが、頑張っても成果が出ないと、やる気が無くなってしまいます。

『やる気が出ない=仕事が向いていない』ではありません。

成果を出すためには何をすべきかを考えて、まずは成果を出してみましょう。

成果を出せて達成感を感じる状態でも、自分にはこの仕事は向いていないと思うのなら、その時は向いていないと思います。

結果が出せないことが向いていないという感覚になっている場合は、まずは結果を出す方法を考えて行動してみることが重要です。

4.目標設定はできていますか?

今の会社で自分が将来、どんな感じで仕事しているのが理想的なのかをイメージで出来ていますか?

将来の目標が設定できていないと、今行っている仕事に不満が多くなってしまいます。

  • この仕事をやる意味があるのか?
  • 好きな仕事だけをやりたい
  • 面倒な仕事はしたくない

目標がある場合は、自分がやりたくない仕事でも将来への積み上げと思うこともできますが、目指す目標がないと『無駄な苦労』としか思えなくなってしまいます。

目指す目標がなく、不満から仕事が向いてないという気持ちになってしまっているかもしれません。

まずは目標を設定して、目の前のことを集中してやってみましょう。それでもやりがいを感じない時は向いていないと判断しても良いと思います。

5.休みは充実していますか?

プライベートが充実していないと仕事に張り合いがなくなり、仕事が向いてないと感じてしまいます。

実際には仕事が向いていないのではなく、今の生活がつまらない状態です。

まずは、私生活を充実させる必要があるので、趣味などを作って、プライベートの時間を楽しく過ごす工夫を行いましょう。

ライベートを楽しく過ごせることが、楽しく仕事をするベースになります。

まとめ

仕事が向いていないのか確認する手順

  • 仕事が向いていないのか?仕事が楽しくないのか?の判断をする
  • 仕事が楽しくなるために必要なことを挙げてみる
  • 行動に移して確認する
  • それでも楽しくない・やる意味を感じない場合は向いていないと判断

冒頭でも述べたように、仕事が向いていないのか?単に楽しくないのか?を確認してから先のことを考える必要があります。

『楽しくない=向いていない』と考えてしまうと、転職しても解決にはなりません。

楽しくなければ同じように『向いていない』という考えになってしまいます。

他人から「仕事が向いていない」と言われても気にしなくてOK!

他人から「仕事が向いていない」と言われても気にしなくてOK!「仕事が向いていなかもしれない?」という悩みは、本人が自分で思ってしまう場合だけではありません。

一番ショックなのは、他人から「仕事が向いていない」と言われた場合です

向いていないと言われるケース

  • 上司が完璧主義
  • ミスが多い・覚えるのが遅い
  • 成長してもらいたい時
  • 嫌われている

他人に向いていないと言われても気にしなくてOK

他人に「仕事に向いていない」と言われても気にすることはありません。

  • 初めから仕事ができる人はいない
  • 仕事は経験を積むことでスキルアップするもの
  • 人間は成長する過程でミスは起こすもの(トライ&エラー)

仕事でミスをしたりすると「あなたはこの仕事に向いていないと思う」など言う人がいますが、何においても失敗はつきものです。

人は失敗して学び、成長するので気にする必要はありません。

他人に向いていないと言われても、失敗を恐れずにチャレンジしていけば知らないうちに成長しています。

臆病になってチャレンジできない人は、いつまで経っても成長することはできないでしょう。

ビル・ゲイツの名言にもあるように、失敗しても次に活かせば良いのです。

成功を祝福するのはよいことですが、もっと重要なのは、失敗をどのように扱うかです。会社が失敗をどのように扱うのかは、従業員の優れたアイデアや才能をどのようにして生み出すのか、そして変化に対してどれほど効率的に反応するのかを示唆します。

出典:ビル・ゲイツ名言

仕事が向いていなくて困ったら誰かに相談してみよう

仕事が向いていなくて困ったら誰かに相談してみよう

仕事の悩みを一人で考えていても、気持がどんどん沈んでしまいます。

悩んでいる時は冷静な判断や、ベストな方法が思い浮かばない状態になっています。

そんな時は、自分が信頼できる人がいれば相談しましょう。

あなたの立場になって共に悩んでくれるだけでも気持ちも軽くなり、最善の方法が見つかるかもしれません。

相談できる「ベストな相手」は誰?

相談する場合は、自分が信頼できる人がベストですが、次のような人に相談しても良いですね。

相談できる人

  • 親友
  • 親族
  • 学生時代の先生

ここで「職場の人」が相談すべき人に入っていないことに気が付いた人もいるかと思いますが、理由を説明します。

職場の人には相談しない方が良いかも?

職場の人に相談することが全くダメなわけではありませんが、おすすめはしません。

職場の人に相談しても「辞めない方が良い」という意見しか返って来ないパターンが多いからです。

本当に本人が向いていないと判断して相談しても「それなら転職もありかもね?」とは言いません。

  • 辞められると忙しくなるから
  • 多くの人は継続することが安定だと思っているから

職場の人に相談しても「仕事は辞めない方が良い」というアドバイスが返ってくる場合はほとんどです。

ひとつの答えしか返ってこない、又は答えが分かっている相手に相談する必要性も感じません。

親友・親族・学生時代の先生などに相談するのはおすすめです。

自分の性格も十分に分かっていてくれていているので、的確なアドバイスをしてもらえる可能性が高いと思います。

相談相手が見当たらない場合は、転職相談ができる機関(エージェント・ハローワーク・電話相談窓口など)を利用してみましょう。

仕事を辞めたい場合の相談に関しては、以下の記事も参考にしてください。

参考の記事
「仕事を辞めたい」と言うのが怖い君へ|転職5回の経験からアドバイスします
「仕事を辞めます」と言うのが怖い君へ|転職5回の経験からアドバイスします

仕事が向いていないと判断したら無理して続ける必要はない

仕事が向いていないと判断したら無理して続ける必要はない

いろいろと考えてみても「やっぱり自分には今の仕事は向いていない」と判断した場合は、無理に続けなくても構わないと思います。

続ける必要がない理由

  • 嫌々仕事をしても成長しない
  • ストレスから体調不良になる
  • 他にもできる仕事は多くある

以上のことが理由になりますが、嫌々仕事をしている状態では成長はしません。

我慢が限界に達してしまうと、心への不調も出てしまい、うつ病などの精神疾患になる可能性もあります。

転職したことがない人は、今の仕事を我慢して続けるしかないと思っているかもしれませんが、実際には世の中に自分ができる仕事は多くあります。

転職も視野に入れておこう

仕事の環境を変えたい・自分に向いている仕事に就きたいと思う場合は、転職することも視野に入れてみましょう。

どんな仕事があるかをリサーチしてみると、意外とできる仕事や楽しそうな仕事は多くあることに気が付くでしょう。

転職に対する誤解を解こう

転職を経験したことがない人は、転職に対して誤解がしている場合があります。

  • 転職なんてうまくいかない
  • どうせ条件のいい仕事なんかない

このような誤解から、転職という選択肢を選べずに、新しい人生に一歩がでない人が多いのではないでしょうか?

転職は環境を変える・キャリアアップする手段として最短で可能にしてくれる手段です。

今の仕事で収入を5万円上げる場合に何年掛かりますか?

おそらく数十年は掛かるでしょう。

上手く転職すれば即収入を上げることや、良い労働条件の仕事に就くことが可能です。

転職のメリット

転職への誤解を解くために、転職することでのメリットを紹介します。

私は過去に5の転職経験がありますが、転職して得られえたことを挙げてみます。

転職して得られたこと

  • 収入が増えた
  • 休日が増えた
  • 残業が減った
  • 嫌な仕事から解放された
  • 嫌な上司とお別れできた

このような感じで、自分にメリットと思える条件を転職することで手に入れることができました。

自分が楽しいと思える人生を手に入れる

転職して一番嬉しかったのは、土日の週休2日休みが確保できたことです。

子供も小さかったので、運動会や野球の試合などを見の行きたかったのですが、前の仕事は休日出勤が多かったので我慢するしかありませんでした。

有給休暇なんて取れるような環境でもなく、取る人もいませんでしたね。

我慢して合わない仕事を続けていても、人生を楽しいものにはできません。

転職という手段を利用して『自分が楽しいと思える人生を手に入れる』ことをおすすめします。

「仕事を変えるべきか?」を最終判断する時の3つのポイント

「仕事を変えるべきか?」を最終判断する時の3つのポイント

自分が今の仕事を変えるべきか?を最終的に判断する時に、確認すべきポイントを紹介します。

物事の本質を確かめる時には、3つの質問を自分に問いかけてみましょう。

  1. なぜ?
  2. 何のために?
  3. 本当にそれで良いのか?

この3つの問いに答えることができる場合は大丈夫だと思います。

今回はこの方法を、「仕事」に置き換えて考えていきたいと思います。

  1. 今の仕事をなぜ始めたのか?
  2. 今の仕事は何のためにしているのか?
  3. 今の仕事で将来後悔しない人生を送ることは可能か?

1.今の仕事をなぜ始めたのか?

まず初めに確認すべきことは、なぜ今の仕事を始めたのか?です。

  • 小さい頃からの夢だったから
  • 自分が得意とすることだから
  • 楽しそうな仕事だと思ったから
  • 他にできる仕事がないから仕方なく
  • 親の後を継ぐためにしょうがなく

人それぞれ理由があって今の仕事を始めたと思いますが、実際に仕事をしてみると理想と現実にズレが生じています。

現実は、思い描いていた理想と違ったりするのではないでしょうか?

ズレが解消できない場合は、早目にやり直しを行ってリスクを少なくしましょう。

2.今の仕事をしないといけない理由は(何のために?)

次に確認するのは、何のために今の仕事をしているのか?もしくは、しなければいけないのか?です。

大きく3つに分けてみます。

  1. 将来夢を叶えるため
  2. 家族の生活のため
  3. 分からない

将来夢を叶えるため

将来夢を叶えるためというのは、目標があるから仕事を続けている人です。

この場合は、目標を達成する過程で多少の苦労や悩みは仕方ないかもしれませんが、将来成功した時に自分が満足いく生活環境が確保できるのであれば、継続するべきでしょう。

しかし、頑張った先に期待できるものが無いのであれば、仕事を変える必要性があると思います。

  • 休みが少ない
  • 労働時間の割には収入が低い
  • 年齢と共に体がついていかなくなる

将来的に魅力がない場合は、続けるメリットがなくなりますね。

家族の生活の為

『家族の生活のため』という場合は、人の為に仕事をすることになります。

大体のサラリーマンがこれにあたるのではないでしょうか?

このパターンが一番ストレスも溜まりやすく、仕事が嫌になる人が多いと思います。

その結果「仕事」が「労働」になってしまい、以下のような悩みが発生してしまいます。

  • 仕事の目標が見つからない
  • お金を稼ぐことだけが目的でつまらない
  • 仕方なく働いているので、仕事が面白いと感じられない

仕事を「労働」と感じてしまうと、やらされている感覚になり、仕事に嫌気がさしてくることがあります。

家族の為に仕事をするのは仕方ないかもしれませんが、今の仕事でしか養う方法がないわけではありません。

リスクを抑えてうまく転職できれば不満も解消できて、やりがいのある仕事に就けるチャンスもあります。

仕事をしている理由が分からない

仕事をしている理由が良く分からないという人は、学校を出たばかりで、入社して3年目くらいまでの新人さんには多いと思います。

私もそうでしたが、大人になれば仕事をするのが当たり前と思うのが自然な考え方だと思います。

しかし、何も考えずに漠然と就職してしまうと、何の為に仕事をしているのか分からなくなる時がきます。

そんな場合は、もう一度、仕事について考えてみてください。

  • 自分がやりたいことはないのか?
  • 自分の得意なことや好きなことを仕事にできないか?
  • 将来の理想の生き方を想像してみる

こんなことを考えるだけでもいいと思います。

今の仕事に目標もなく、やりがいもないのなら時間を損しているかもしれません。

もう一度仕切り直して、転職・専門学校・働きなが資格を取るでも良いので、自分の人生を楽しくできる仕事を探してください。

リスクを最小限に抑えた「理想の転職方法」とは?

リスクを最小限に抑えた「理想の転職方法」とは?転職をすると決めたら、最大限にリスクをおさえて転職活動を行う必要があります。

転職活動が長引くと、お金が掛かかってしまい、家族がいる場合は、失業保険だけでは足りません。

しかも失業保険がもらえるのは、自己都合の場合3ヶ月後からです。

その結果、転職活動を始めても、お金の問題から自分の求める条件ではない仕事に就いてしまうケースが多くあります。

転職する時に使える3つの方法

ここでは時間とお金の支出を最小限におさえた理想の転職の方法を紹介していきます。

転職する時には無職の期間を作らないのがベストです。

転職する時に使える手段は、大きく分けて3つです。

  1. ハローワークで探す
  2. ネットの求人サイトで探す
  3. 転職エージェントサービスを利用する

他にも「知り合いを頼る」などは確実な方法になりますが、私の経験からアドバイスすると、知り合いに仕事を紹介してもらうのは辞めたほうが無難です。

もしも紹介してもらった仕事が自分に合わなかった場合に、辞めたくても紹介してくれた人のことを考えてしまうと、辞められないという事態になってしまいます。

それでは順に転職方法を紹介していきます。

ハローワークで探す

特徴1.無料で利用できる。 2.各地域にあるので手軽に利用できる
営業時間月曜日~金曜日(祝日を除く)、8:30~17:15
求人の量
求人の質
探し方自分でハローワークのパソコンを見て求人を探す
メリット1.相談ができる。 2.面接などの仲介をしてもらえる。
デメリット求人票の信頼性が低い

ハローワークに行ってまずは登録を行います。そうすることで、設置してあるパソコンで求人を見ることができます。

登録を行うと、家のネットで登録者のみが見られる求人を見ることができます。

就職までの手順

  • ハローワークに登録してカードをもらう
  • ハローワーク内のパソコンかネットで仕事を探す
  • 良い仕事があれば求人票を印刷する
  • 受付で職業相談を依頼
  • 相談をする
  • 相談すると電話で求人先に問い合わせてくれる
  • 書類選考などの指示をもらって書類を郵送する
  • 結果の連絡が来る
  • 後は個人と企業でやりとりを行う
  • 就職完了
ポイント

ハローワークで取り扱う求人は厳正な審査に通過した求人なので、社会保険に未加入の企業などは掲載されてないので安心です。

しかし、実際に就職してみると、求人票の内容と違うことがあるので注意が必要です。

ポイントは、相談の時に「この企業の情報を全て教えてください」と依頼すると、一度就職して直ぐに辞めている人などがいればなぜ辞めたのかなどの理由を教えてくれる場合があります。

これらの情報は、自分が損をしないためにも必ず聞くようにしてください。

ネットの求人サイトで探す

特徴1.無料で利用できる。 2.ハローワークにない求人もある
営業時間24時間いつで利用可能
求人の量
求人の質
探し方ネットを使って自分で探す
メリットいつでも登録・閲覧が可能
デメリット相談役がいない

転職サイトは自分で仕事を探さなくてはいけません。

仕事の案件も豊富で24時間探せるので、仕事をしながら就活したい人に便利です。

ハローワークには無い仕事も多数掲載されているので、幅広く仕事を探すことができます。

色んなジャンルがあるので、自分の求めるジャンルを集中して検索すると探し易いかと思います。

就職までの手順

  • 無料会員登録を行う
  • サイト内で仕事を探す
  • 希望の仕事にエントリーする
  • 面接日程などの通知が届く
  • 就職完了
ポイント

仕事探しから就職までを自分で行わなければいけないので、相談する人がいないのが難点です。

サイトによってはエントリーする時にエントリーシートというものを入力しなければいけない場合があります。

これは履歴書ではありませんが、入力する内容は同じような感じです。ここで自分をどれだかアピールできるかが面接までこぎつけるカギになると思います。

企業の情報は相談役がいないので、ホームページやネットの口コミなどで十分に情報収集して判断することをおすすめします。

登録も利用も無料なので、複数のサイトを登録してできる限り案件を増やして多くの案件の中から自分の条件に合った仕事を見つけるのがコツです。

転職エージェントを利用する

特徴1.無料で利用できる。 2.ハローワークにない求人もある 3.非公開求人を持っている
営業時間24時間いつで利用可能
求人の量
求人の質
探し方希望の条件を伝える→キャリアアドバイザーが探してくれる
メリット1.サポートが充実している 2.キャリアアップが可能
デメリット慎重に就活を行う為、少し時間が掛かる場合もある

転職エージェントサービスの利用が最も転職活動を行う時にリスクが少ない方法です。

非公開求人の案件も豊富にあり、大手企業に転職できるキャリアアップが可能になる可能性があります。

また、エージェントサービスを利用する一番のメリットは、転職のプロでもあるキャリアアドバイザーサポートしてくれるので、安心して転職就活をすることができます。

就職までの手順

  • 転職支援サービスの申し込み
  • 求人状況の情報を連絡
  • キャリアアドバイザーとの面談・相談
  • 求人紹介
  • 面接対策や書類添削
  • 応募
  • 書類選考・面接
  • 就職完了
ポイント

転職エージェントの場合は、「転職までの手順」を見ても分かるように、慎重に転職活動を進めるので多少時間がかかる場合があります。

時間に余裕をもって申し込み・活動をすることをおすすめします。

希望の条件をまずは妥協せずにしっかりと伝えましょう。希望が通らない場合は、キャリアアドバイザーの方と条件を詰めていくことで理想に近づけましょう。

登録も利用も無料なので、複数のサイトを登録して仕事を選ぶ量を多くする・自分に合ったアドバイザーを探すことがポイントになります。

転職エージェントを検討している方は、以下の記事を参考にしてください。

特に初めて転職エージェントを利用する方には分かりやすく説明していて、おすすめの転職エージェントも紹介しています。

参考の記事
転職エージェントの使い方マニュアル|初めて利用する人でも丸わかり!
転職エージェントの使い方マニュアル|初めて利用する人でも丸わかり!

 まとめ:仕事が向かないと判断した時は早目に次の場所でベストを尽くすべき

 まとめ:仕事が向かないと判断した時は早目に次の場所ベストを尽くすべき

仕事が向かないから辞めたいというのは甘えとは思いませんが、本当に向いていないのかを確認してみて、改善できることがあれば行ってみましょう。

転職を検討する場合には、冷静になって考えを整理する時間を作ることが大事です。

まとめ

  • 仕事が向いていないのか?嫌なのかを判断する
  • 改善策があれば実行してみる
  • 一人で悩まずに誰かに相談する
  • 転職することも視野に入れる必要がある
  • リスクを最小限におさえた転職活動を行う

本当に仕事が向かないと判断した時は、早目に次の場所で仕事を始めた方が良いでしょう。

転職エージェントに登録して探してもらいつつ、自分でもハローワークと転職サイトを利用して仕事を探せば効率よく転職活動を行えます。

最終的に決断できるのは自分だけです!

-WORK

© 2020 わっぜ~よか!!ブログ Powered by AFFINGER5