仕事を辞めたいと相談された時にベストな対応とは?君の答えで人生は変わる

仕事を辞めたいと相談された時にベストな対応とは?君の答えで人生は変わる
相談されて悩む人

先日、「仕事を辞めたい」と相談されました。

自分が相談したことはあっても、相談されたのは始めてだったので焦りました。

相談された場合のベストな対応を教えてください。

こんな悩みに答えます。

確かに仕事を辞める相談は、される方よりもする方が多いので、いきなり言われると焦りますよね?

しかし、相手は悩んだ末に相談に来ているのだから、こちらも最善の対応が必要です。

ここでは、「仕事を辞めたい」という相談を受けた場合のベストな対応につて解説しています。

「仕事を辞めたい」と相談されて困った経験がある方は、是非参考にしてください。

相談されたら「聞き役に徹する」ことが大事

相談されたら「聞き役に徹する」ことが大事

「仕事を辞めたい」という相談を受けたら、まずは、聞き役に徹することが大事です。

相談する側の心理を考えると、誰かに相談したいけど相談しても大丈夫かな?と不安で一杯だと思います。

  • この気持ちを分かってくれるかな?
  • 真剣に聞いてくれるかな
  • 面倒くさいと思われないかな?

このような精神状態の相手にそっけない態度や聞く姿勢がないと、心を開いて相談してくれないと思います。

多くの中から、あなたを相談相手として頼ってきているので、全力で聞いてあげる姿勢を見せましょう。

例えば、あなたが相談する側になった場合、相手が次のような態度だったらどう思うでしょうか?

それでは、リアル感を出す為に会話形式で見てみましょう。

相談した場合の駄目な態度

相談したい人
あの〜すみませんが、ご相談があるので少しよろしいでしょうか?
相談を受ける人
え!今忙しいから後にしてくれるかな?急ぎの要件じゃないならメールでも入れといてくれてるかな?
相談したい人
あ、はい。

分かりました、すみません

極端な例ですが、このように相談する側は相手の顔色や仕事の隙間を気にして相談しています。

なのに、聞いてもらえる姿勢が見えないと残念ですよね。

相談した場合の理想の態度

相談したい人
あの〜すみませんが、ご相談があるので少しよろしいでしょうか?
相談を受ける人
どうしたの?なんか元気ないんじゃ無いの?僕で良ければ何でも聞くから遠慮なく相談しするんだよ!
相談したい人
ありがとうございます。それではお願いします。

この様な入り方をしてくれると心を開いて包み隠さず相談してみようと思いませんか?

この様に相談を受ける時は、聞き役に徹する姿勢で相手の緊張を解いてあげることが大事です。

辞めたい理由と原因を整理してあげよう

辞めたい理由と原因を整理してあげよう

仕事を辞めたいと思い始めてしまうと、辞めたい原因や理由を整理することを飛び越えて、辞めたいという気持ちだけが強くなります。

なので、第三者が冷静になって、何が原因か?何が問題か?を整理してあげる必要があります。

そして悩みの原因や対策・アドバイスや改善案などを考えて伝えてあげるようにしましょう。

悩みに共感してあげることもいいでしょう。

共感とアドバイスの使い分けが大事

この場合には気をつけることがあります。

共感とアドバイスの使い分けです。

共感してしてあげると、相手の気持ちも軽くなるのでいいことですが、悩みの解決になりません。

  • そうだよね〜
  • あ〜それ分かります!
  • 僕もそう思うんですよね〜

こんなことばかり言っていても先に進みません。

なので、相談された場合のシナリオとしては、前半は共感してあげて、後半ではしっかりアドバイスをしてあげましょう。

仕事の問題や悩みはの特徴は、一方が悪いパターンだけではありません。

相談者にも問題があると思ったらハッキリと言ってあげるのが愛情です。

時間を空けてもう一度話を聞いてあげる

もう一つのポイントは、辞めたい気持ちが強過ぎて、冷静な判断ができない状態を落ち着かせることです。

勢いで辞めてしまうと後悔するし、次の会社でも同じことの繰り返しになりますかね。

相談された側も、相手を冷静して考えてもらう時間を作ってあげる必要があります。

過去の経験から効果があった手段を紹介します。

1.相談を受けたら最後にアドバイスをして一度終わらせます

2.そして数日してからもう一度、相談に乗ってあげます

そうすることで、アドバイスに対する答えを冷静に考える時間が作れます。その結果、1回目の相談よりも適切な判断ができます。

仕事を辞めたい時の改善策3つ

仕事を辞めたい時の改善策3つ

仕事を辞めたい理由を改善できれば辞めなくて済みます。

改善する努力をしてからでも辞めるのは遅くはありません。

よくある仕事を辞めたい理由を3つ挙げます。

よくある理由
  1. ストレスが原因で辞めたい
  2. 人間関係が原因で辞めたい
  3. 仕事が向いていないから辞めたい

どの悩みも深いし、だけで悩んでいると気持ちが沈んでしまいますねい?

ストレスが原因で辞めたい

仕事に行くと、本当にいろんなことでストレスが溜まりますよね?

例えば次のようなことでストレスが溜まった経験はありませんか?

  • 嫌味を言われる
  • 心無い発言をされる
  • バカにされる
  • 上司のパワハラ
  • 部下が思うように仕事ができない
  • 仕事の内容が納得できない
  • 労働環境が悪い

まだまだありますが、キリがないのでこの辺にします。

改善案は2つです。

  1. 仕事だからと頑張って割り切る
  2. 休日のストレス解消をしっかり行う

本来ならば、ストレスの原因を改善するのが理想ですが、そんなに簡単にはいきません。

「仕事は仕事と割り切って我慢して、休日を楽しむ為に仕事をしています」という人の方がストレスがありません。

このような考え方ができるように努力してみましょう。

仕事のストレスが原因で身体が限界!自分を救えるのは自分だけ

仕事のストレスが原因で身体が限界!自分を救えるのは自分だけ

2019年10月1日

人間関係が原因で辞めたい

人間関係の悩みは一番面倒だし、解決するのが難しいですよね?

先程、ストレスの話をしましたが、人間関係の悩みはストレスも一番多くなりますよね?

人間関係の改善案は2つです。

  1. 他人の考えを変えるのは難しい(諦める)
  2. 自分が妥協する

他人の考えや行動は、いくら議論しても変わるものではありません。

時間と労力の無駄になり、さらにイライラするので割り切って諦めましょう。

また、人間関係の問題を解消するには、どちらかが妥協するしかありません。

こだわると疲れるだけなので、自分が速やかに妥協しましょう。

何故なら他人の考えを変えるのは難しいからです。

仕事を辞めたい理由が人間関係の人必見!許せない相手の対処法

仕事を辞めたい理由が人間関係の人必見!許せない相手の対処法

2019年10月5日

仕事が向いていないから辞めたい

仕事が向かないと思うことは、新人に限った事ではありません。

何年も勤続しているベテランでもいろんなことをキッカケに起きてしまいます。

次のような場合には「仕事に向いていない」という気持ちが起こってしまうのではないでしょうか?

  • 仕事に飽きた
  • 仕事でミスをした
  • 仕事が難しいと感じる

仕事が向いていないと悩む場合は、仕事が嫌だ、キツイ、やりがいがない。

このような気持ちから「向いていない」と自分でも勘違いしてしまう場合があります。

改善案は2つです。

  • 向いていないと思う根本原因を確かめて改善してみる。
  • 小さい目標でもいいので、目標を決めて頑張ってみる→やりがいがを感じてみる
For those who want to quit because they are not suitable for work | Five points to judge and how to change jobs

仕事が向いていないから辞めたい人へ|判断すべき5つのポイントと転職方法

2019年10月9日

部下から「仕事を辞めたい」と相談された場合

部下から仕事を辞めたいと相談された場合

上司の立場で部下から「仕事を辞めたい」と言われるとショックが大きいと思います。

部下に辞められると仕事への影響が気になりますが、相手のことを一番に考えてあげましょう。

このような場合、上司として自分の仕事のやり方が間違っていたのかな?と反省する人もいるのではないでしょうか?

例えば次のようなことを考えてしまうのではないでしょうか?

  • 適材適所で仕事の割り振りができていたか?
  • 部下の仕事の課題や悩みが把握できていたか?
  • 成果を出している部下を褒めてあげていたか?

ーーそこまで他人の心配をしている暇なんかないよ!?

そんな考え方の人は、人の上に立つ資格がありません。

企業で働くとキャリアアップに比例して収入も上がります。

具体例を挙げると次のような場合です。

現場のリーダーになった→年収400万円が500万円になった。 

ここでダメな上司は、今までの仕事に対する考え方を変えずにお金だけを多く頂く人です。

立場が変わった事に気がつきましょう!

サラリーマンとして人より多くお金を多く頂くということは、責任やストレスも増えるし、他人の動きを今以上に把握して結果を出さなければいけません。

  • 部下の動き・性格が把握できない
  • 部下に仕事の目標設定をしてあげれない

このような場合は、いずれ辞めて行く部下が増えてしまう可能性が高いです。

問題を解決するには、次のことが大事になります。

  1. 戦力ダウンを最小限に抑える
  2. コミュニケーションを積極的に行う

例外もありますが、ビジネスにおいて社員の減少は生産性の低下につながります。

上司としての役割の一つに、生産量と品質を上げることが必須となります。

その一つの方法としては、社員を辞めさせないことです。

言い方が悪いので、きれいな言葉で言うと「楽しい職場を作る」ことです。

そうすれば離職率も下がり、ベテランが多くなるので、生産性も上がり品質も確保し易くなります。

その為には部下が100人いたら100人の性格を把握しなけらばいけません。

そして、モチベーションを保ってもらう為に、個々に期待している事や目標を提示することが大切です。

上司は「部下のやる気を起こす」ことも仕事の一つです。

同僚から「仕事を辞めたい」と相談された場合

同僚から「仕事を辞めたい」と相談された場合

同僚から退職の相談をされると正直、寂しくなるから辞めないで欲しいと思ってしまいます。

せっかく今まで頑張ったのに「もったいないから頑張ろうよ!」ついそんな声を掛けたくなりますが、それは違いですよね?

相手の事を考えて、最善のアドバイスをしてあげましょう

一緒に仕事をしてきたからこそ共感できる悩みや、アドバイスができると思います。

最大限、協力してあげる!これでいいと僕は思います。

友人から「仕事を辞めたい」と相談された場合

友人から「仕事を辞めたい」と相談された場合

友人からの相談の場合は、本音でOKだと思います。

学生時代から本人の性格なども知っているので、アドバイスもしやすいのではないでしょうか?

注意するとすれば、社会人になってからは同じ時間を過ごしている訳ではないことです。

友人の話を全て受け入れるのではなく、自分も社会人としての常識からアドバイスしてあげることができればベストだと思います。

精神的に大丈夫か?確認してあげよう

精神的に大丈夫か?確認してあげよう

相手を見て、精神的に疲れていると感じた場合は、無理に仕事を続けることを進めてはいけません。

無理に仕事を続けてしまい、病気などで働け無くなってしまうこともあります。

他人から相談されると「頼ってもらえてる」という気持ちで、つい過剰なアドバイスしてしまうことがあるので注意してください。

相談に乗る時に大切なのは、相手の立場になって考えることです。

このことを忘れないようにしましょう。

迷ったら「辞めたい気持ちを後押ししてあげる」でOKです!

基本的に僕は、仕事を辞めたいという相談を受けた場合は否定はしません。

仕事を辞める相談をしてくる人は、辞めることは既に決めています。あと一押しが欲しい場合がほとんどです。

僕の場合はそうでしたが。。。

なので、しっかり相手の話を聞いてあげて「仕事を辞めたい」と本人が言うのなら僕は反対しません。

精神的に楽にしてあげられるのが第一だと思っています。

イジメにあっている子供に学校に行くように言えますか?

本人のストレスは相当なものだと思います。

だから、もし相談されて迷ったら「辞めちゃえば」と言ってあげるのもいいと思います。

過去の経験から意見すると「辞めなきゃよかったかな?」そんな悩みは、辞めても辞めなくても起きますからね!

後悔という経験は、長い人生でみれば、後で活きてきます。

まとめ

まとめ

仕事を辞めたいと相談された時は、焦らずに冷静になって聞いてあげましょう。

本人は真剣に悩んでから相談しています。

相談を受ける場合は、真剣に相手の立場になって考えてあげましょう。

この記事でのまとめになります。

まとめ
  • 相談されたら「聞き役に徹する」ことが大事
  • 辞めたい理由と原因を整理してあげよう
  • 共感とアドバイスの使い分けが大事
  • 時間を空けてからもう一度話を聞いてあげよう
  • 精神的に大丈夫か?確認してあげよう
  • 迷ったら辞めたい気持ちを後押しでOK

「仕事を辞めたい」という相談は、なるべく受けたくないですが、その人の人生が良くなる為に力になってあげたいですね。

仕事を辞めたいと相談された時、その答え次第で、その人の人生が変わるかもしれません。

だからこそ本気でアドバイスしてあげましょう!

それでは、今日はこの辺で失礼します。

またネ☆(*^-^)o゙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いつも【わっぜ~よか!!ブログ】をご覧頂き、ありがとうございます。 「リアルな情報配信」をモットーに、自分の経験をもとにブログに関するノウハウや仕事の悩み、転職や副業に関しての情報を主に配信します!