仕事が続かない人の特徴や改善策|本当に仕事を続けることは正しいの!?

仕事が続かない人

仕事が長続きしなくて困っています。

転職するたびに、次は頑張るぞ!

気持ちはあるのですが・・・。やはり長続きしません。

私はどうしたら良いのでしょうか?

こんにちは、マサヤです。

いつも『わっぜ〜よか!!ブログ』を読んで頂き、ありがとうございます。

今回は「仕事が長続きしない」こんなお悩み相談です。

私も転職を機に仕事に納得できずに長続きしないことがありました。

そんな自分を責めていた時期がありますが、自分を責めても仕方ないとは思いつつも追い込まれてしまいますよね?

この記事は、過去4回の転職経験をもとに書いています。

仕事が長く続かないというだけで、世間からは「ダメな人」そんな印象を持たれるかもしれません・・・

しかし!そんなことはありません。

「仕事が長続きしない=ダメな事」とは考えてはいけません!

こんな人に読んで欲しい

  • 仕事が長続きしない
  • 転職が多い
  • 何の仕事をしても好きになれない
  • 仕事を長く続けて安定した生活を送りたい

このような悩みがある方は、ぜひ参考までに、この記事をご覧ください。

過去の転職経験をもとにアドバイスさせて頂きます。

仕事が続かない人の特徴

仕事が続かない人には意外と同じ共通点が見られます。

私自身の転職経験や、周りで転職していく人を見ていくなかで、仕事が長く続かない人の特徴を発見できました。

そこで、私が気が付いた「仕事が続かない人」の特徴を解説します。

まずは、特徴を挙げてから次の題目で「仕事を続けるコツ」について解説したいと思います。

仕事が続かない人の特徴
  • 飽きやすい
  • 仕事が好きではない
  • 他人と比べてしまう
  • 会社に将来性を感じない
  • 転職できる自信がある

それでは個別に解説していきますね。

特徴:① 飽きやすい

仕事に限らず熱しやすく冷めやすい人は、仕事に飽きやすい傾向があります。

仕事を覚えたての頃は興味が人一倍あって、誰よりも早く仕事を覚えて成果も上げられるのですが、慣れてしまうと、急激につまらなくなってしまいます。

皆さんも新卒の頃や新しい仕事を始めた時の頃を思い出して欲しいのですが、以下のような経験はありませんでしたか?

  • 慣れることで緊張感が無くなる
  • 達成感を感じなくなる

このようなことが原因で仕事に飽きてしまいます。

特徴:② 仕事が好きではない

大半の大人は、仕事が好きではないと思います。

メンタルも関係していると思いますが、本当に耐えられないくらい仕事が嫌いな人もいます。

私もその一人ですね(汗)

仕事が嫌でも続けられる人は、次のような「続けざる得ない理由」を探して頑張ります。

  • 生活の為
  • 家族の為
  • 将来の為

仕事は生活する為に必要なのは分かってはいるが、「嫌い」という気持ちが強い人は「何とか今の苦しい気持ちから逃れたい」という思いが強くなってしまいます。

そして転職するが、そもそも「仕事自体が嫌い」なので、同じことの繰り返しになります。

特徴:③ 他人と比べてしまう

他人を意識し過ぎると自分が劣っていると勘違いして仕事が嫌になってきます。しかし、実際には何の確信や根拠も無いケースがほとんどです。

  • 他人の仕事のスピードが気になる
  • 他人が褒めれれているのが目につく

良く言えば周りが見れているのですが、自分と他人を比べても良い所もあり、悪い所もあって当たり前ですよね。

自分で自分を追い込むのは辞めましょう。

特徴:④ 仕事に将来性を感じない

仕事が続かない人のなかには、将来性を感じないという理由で仕事を変える人もいます。

この場合は、単純に「仕事が続かない=悪い」とは言えませんね。

歳を重ねて働いてもお金も増えない・スキルも身に付かないでは、積み上げても歳をとるだけ不利になり、転職するなどの事態になったら厳しいです。

努力すれば将来性があるのに怠けていてはダメですが、本当に将来性が無いのであれば考える必要がありますね。 

特徴:⑤  転職する自信がある

転職したことがない人には転職はハードルが高いと感じてしまうでしょうが、数回仕事を変えていくと転職のコツや成功術が身に付きます。

これは良いことでもありますが、ある意味では仕事が長続きしない原因にもなります。

条件が悪くなると「転職すればいいや!」そのような考え方を持ってしまうと、成功までの我慢ができなくなるので注意が必要です。

仕事が長く続かない人が行うべき「2つの改善策」

仕事ができない人の特徴と改善策

仕事に限らず「続かない」ということはどのようなことが関係しているか解説します。

人間はそもそも「慣れ」に弱い生き物です。

新しいことを始めた時は、毎日ワクワクして取り組めていたのに、簡単にできるようになるとつまらなくなります。

この「飽きる」という感情が厄介です。

人間は刺激を求めて達成することで幸福を得ますが、刺激が無くなると・・・

「何でこんなことをやらなくてはいけないの?」

などの不満に変わります。

そして、新しい刺激を無意識に求めてしまいます。

「飽きる」を子供に例えてみます

子供は新しく買ってきたゲームは夢中で毎日プレーしますが、しばらくすると飽きて他のゲームを求めてしまいます。

新しいこと→興味がある→出来るようになる→楽しい→簡単に出来る→つまらない

このように、刺激が無くなるとつまらなくなって飽きるのです!

子供・大人に関係なく同じ感情と行動です。

ーーでは、どのようにすれば飽きないんですか?

それは次の2点が重要だと考えます。

飽きないようにするには?

  • 物事を深く追求する
  • ストレス受け流す

改善策:① 物事を深く追求する

まずは飽きてきたら、もう一度目に前の仕事を一生懸命に無心でやることが大事です。

そうすると、物事を必要以上に深く考えなくなります。「つまらない」という感情がを少なくすることがポイントです。

目に前の仕事を一生懸命にこなしていると、自分では極めたつもりでも更に深く追求できて、新しい発見・やりがいを感じることができます。 

単純作業などは、時間を設定してゲーム性を取り入れてみても良いでしょう。

どんな仕事も慣れが生じると「つまらない」と感じるものです。

仕事がつまらないと感じたら、ガムシャラに、もう一度目の前の仕事に取り組んでみて下さい。

改善策② ストレスを受け流す

深く仕事について考えることは大切ですが、あまり考えすぎてしまうとストレスが増えてしまいます。

  • 人間関係
  • 仕事が向かない
  • この仕事に意味があるのか?

例えば上記のようなことに関して深く追求してしまうと、ストレスが増して仕事が嫌になります。

仕事を長く続けるには「受け流す能力」を身に付けることが重要です!

ーー受け流すって何ですか?

例えば人間関係において考えると、多少嫌な人がいても「ま〜いいや!」と開き直れる心です。

仕事の悩みにおいても同じです。

  • ミスをした
  • 上手くできない
  • 仕事に意味を感じない
  • この仕事は自分には向かないかも?

このような時に「ま〜いいか!」と楽天的に考えることが大切です。

深く考えてしまうと深みにハマってしまい、抜け出すのが大変です。

「気楽にやろう」という気持ちを持って仕事に取り組むと、良いでしょう。

本当に仕事を続けることは正しいの!?

仕事は長く続けるに越したことはないですが、場合によっては続けることが人生においてデメリットになる場合もあります。

「条件が悪い仕事」は、長く続けても将来が期待ができない場合があるので、見極めが大切です。

  • 賃金が低い
  • 残業が多い
  • 休みが少ない
  • スキルが身に付かない
  • 将来性が無い

もしも上記にような条件の仕事を続けた場合は有益とは言えません。

続けるべき仕事の基準

ーーでは、どのような仕事なら頑張って続けるべきですか?

続ける基準は自分にとって得があるか?です!

次のような条件の仕事は、人生において有益なので続けるべきだと思います。

  • 年齢や実績を積めば収入が上がる
  • 他でも使えるスキルが身に付く

仕事を続けるべきか?変えるべきか?悩んだ時に上記の2点は大切です。

継続すべき基準:① 年齢や実績を積めば収入が上がるか?

楽しい人生を送る上で「お金」はベースになってきます。

少しくらい嫌な仕事でも年功序列や実績を出すことで年収が上がっていき、40代くらいで理想の年収を手に入れることができる仕事なら続けることをおすすめします。

もちろん、頑張っても将来、収入が増えない仕事は早めに見切りをつけて方向修正をする必要があります。

継続すべき基準:② 他でも使えるスキルが身に付くか?

仕事をする上でスキルが見に付くかどうか?は非常に大切なポイントです。

長年続けても今の仕事にしか対応できない技術は、転職の際に苦労します。

他で使えるスキルが無いと転職できる職種が限られてしまい、時給も安い仕事になってしまいます。

  • 事務
  • SE
  • プログラマー
  • 介護
  • 看護

ザックリですが、このような仕事は未経験者からの転職が厳しく、時給も高いのが特徴です。

逆に製造業(マシンオペレーター)などは、他業種への転職時にスキルや経験をアピールするのが厳しいので、転職時に不利になります。

他業種へ転職したい場合は、自分の力だけではアピールするのが困難です。そんな時は転職エージェントを利用しましょう。

必要であれば以下の記事を参考にしてください。

転職エージェントを初めて利用する人におすすめ【後悔しない厳選10社】

2019年11月9日

長く続けるべき仕事を選ぶポイントで、他でも使えるスキルが身に付くか?は大事になります。

時間は取り戻せないので、十分に考える必要があります。

最後に

今回は、仕事が続かない人の特徴や対処法について考えてみました。

仕事が続かないと悩む理由は人それぞれですが、続けることが決して正解では無い場合があります

続けるのが微妙なケース
  • 賃金が低い
  • 休日が少ない
  • 職場に雰囲気が悪い
  • 他で使えるスキルが身に付かない
  • 将来性が無い

このような場合は、続けるべきか悩むと思いますが、私は継続はおすすめしません。

生きる為(ご飯を食べる)に働く「ライスワーク」はいつか限界がきて仕事を辞めることになります。

続けるべき仕事

  • 将来性がある(収入アップが見込める)
  • やりがいがある(ライフワーク)

将来性があり、仕事が生活の一部として楽しい要素がある仕事は続けるべきだと思います。

年齢を重ねてからでも転職は可能ですが、若いに越したことはありません。

転職は早めの見極めが大事です。

転職に関しては、以下の記事を参考にしてください。

仕事辞めたい

「仕事を辞めたい」悩んでる君へ僕の転職経験からアドバイス!

2019年5月26日

仕事に限らず積み上げる意味を考えると、将来への期待があるからです。続けるべき仕事で積み上げを行うとことが大切です。

これを機に、今の仕事が将来を想像して積み上げるべき仕事なのか?を一度考えてみてはいかがでしょうか?

それでは、今日はこの辺で失礼します。

お付き合いありがとうございました。

わっぜ〜よか!!ブログ編集長/マサヤ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いつも【わっぜ~よか!!ブログ】をご覧頂き、ありがとうございます。 「リアルな情報配信」をモットーに、自分の経験をもとにブログに関するノウハウや仕事の悩み、転職や副業に関しての情報を主に配信します!