仕事のストレスが原因で身体が限界!自分を救えるのは自分だけ

仕事のストレスが原因で身体が限界!自分を救えるのは自分だけ

今回は、こんなお悩み相談を紹介します。

最近、仕事のストレスが原因で体調不良が続いています。上司に相談しましたが、『甘えるな!』と言われて終わりでした。

気分転換をしたくてもストレス発散できるような趣味もないし、どうしていいか分かりません。

先日病院に行ったら『適応障害』と診断されましたが、仕事は生活の為に辞めるわけにはいかないので困っています。何かいい方法はないでしょうか?

非常に悩みが深く、身体にも悪影響なので、早期に解決する必要があると思います。

僕も過去に同じような経験があるので、当時の自分を思い出しながら解説したいと思います。

この記事を読むことで、今後の方向性がハッキリすると思います。

この記事を読んで頂き

今自分を変えないといけないんだ!

という、気持ちの後押しができれば幸いです。

この記事は約4分で読めます。

仕事のストレスの原因を追求しよう

仕事のストレス原因を追求しよう

ストレスは目に見えるものではないので、解決するのが難しいのが現実です。

分かり易く説明すると、ストレスは風邪や怪我などと違うので、原因や症状から治療方法が明確にできないからです。

しかし、原因がなんとなく分かっているのであれば、その原因をさらに深く追求することで、改善することが可能な場合があります。

ここでは『仕事』がストレスの原因ということなので、次のようなストレス原因を挙げてみました。

仕事のストレス【3大原因】

仕事のストレス【3大原因】

以下に示すのは、仕事に関係するストレスのベスト3の原因です。

自分に思いあたる原因がないか?まずはチェックしてみてください。

仕事のストレス3大原因
  • 職場の人間関係
  • 仕事の内容
  • 労働環境の問題

それでは各項目について、僕の経験も踏まえて細かく解説していきます。

職場の人間関係が原因

人間関係のストレスは非常に面倒ですよね。

仕事に毎日行くということは、家族との時間以上に職場の人と同じ時間を過ごすということです。なのに人間関係がうまくいかないと耐えられませんね。

さらに人間関係の原因を細かくすると、以下の2通りに分類できます。

  1. 上司が原因
  2. 部下や同僚が原因

上司に関するストレスの原因と対策

僕も中間管理職だった頃に経験がありますが、上司からのパワハラや無理な要求があるのではないかと思います。

僕の場合はパワハラというよりは、上司が『完璧主義』な人だったので、大変でした。

  • 聞かれたことには全て満足できる回答をする
  • 上司より早く出社しなけらばいけない
  • 上司よりも早く帰れない

こんなのは当たり前でした(泣)

完璧主義の上司とうまく付き合うコツは2つしかありません。
  1. 完璧にこなす
  2. 出来ないキャラを作る

完璧主義の上司に向き合うには上記の2つの手段しかないと思います。僕は頑張って『①の完璧にこなす』を頑張っていましたが、この手段は上司を上回るスキルが必要です。

何を聞かれても上司を上回り、逆に質問して相手を困らせるくらいのスキルが身に付くと余裕が出てくるのですが、そこまで行くのは本当に大変です。

なので手段①は、あまりおすすめできません。

もう一つの方法、『出来ないキャラを作る』手段の方がストレスをためない為には有効です。はじめは無理だと思うかもしれませんが、意外と意識して行うとうまくできます。

  • お願いされたことでも自分の出来る範囲でしか頑張らない
  • できない要求にはハッキリで『できません』と主張する
  • 無駄な残業などはしない(必要以上に頑張らない)

僕は昔を反省をして、今ではこの辺を意識しているので、ストレスフリーに対応することができます。


部下や同僚に関するストレスの原因と対策

部下や同僚が仕事をしない。又は自分の理想とするレベルの仕事をしてもらえない場合もストレスが溜まるのではないでしょうか?

中々お願いしてもやってもらえないのが現実で、結局自分で全て行うハメになりイライラからストレスが溜まります。

この場合は自分の分身を作るのが有効です!

この場合は自分の分身を作るのが有効な手段になります。全部を自分で行うのは疲れるし、バカバカしいじゃないですか?なので、仕事ができる人を一人見つけて、自分の仕事を分けるのです。

はじめは大変ですが、その仕組みができるとすごく楽になります。どうしてもストレスを溜めてしまう人の特徴として、自分でやらないと気が済まない人が多いです。

意識してサボる努力をしましょう。

仕事の内容が原因

  • 仕事量が多い
  • 仕事が難しい
  • 仕事が簡単過ぎてやりがいがない

あまりにも多い仕事量は、体にも心にも負担になります。また、仕事が難しい場合も心配から大きなストレスが生まれます。

僕にも経験がありますが、前の晩から仕事のことが気になって、気持ちが休まる時間がなかった時期があります。3年くらい続いたので、本当に当時は大変でしたね(泣)

心配事の96%は起こらない

実は心配事の96%は現実に起こらないことが研究で分かっています。とはいえ心配症はなかなか治らないですよね?

まずは小さいことからでいいので、心配になっても頑張って努力しないことを試してください。

以下の手順で行います。

  1. 心配になる
  2. 頑張って無視する
  3. 結果問題ないことを確認
  4. 繰り返す

ここで大事なのは、心配していたことがやっぱり起こらないことを事実として確認することです。

それだけ?と疑問になると思いますが、今までとは大きな違いがあります。

今までとの違いを確認して安心しよう!
今までとの違い

改善前・・・心配になる→色々考えて準備する→大変なことは何も起きない

改善後・・・心配になる→何もしない→大変なことは何も起きない 

このように結果は同じでも違いがありますよね!

心配になって無駄な行動をしてしまうことの排除が大事なんです。

これがストレスを溜めない為には必要になります。

無駄な心配と行動を無くしてストレスを減らしましょう。

労働環境の問題

労働環境の問題としてはどうでしょうか。

  • 残業が多い
  • 休日出勤が多い

この2点がストレスの大きな原因になっている場合が多いと思います。

残業や休日出勤が多いと疲労も比例して増えるし、家族との時間や自分の自由な時間が減るので、ストレスの解消ができない環境になってしまします。

働き方改革で『残業や休日を減らしてあげた』と国は思っているかもしれませんが、現実は大手の企業以外は何も変わっていないどころか、前よりも生活が大変になっている人がいます。

改革以降の悪化状況
  • 改革後もブラック企業は前のままで残業や休日出勤に苦しむ
  • 残業が減ったおかげで収入も減っているので、帰宅後に働きに行く始末
  • 仕事の掛け持ちや休日にバイトに出るなどで、ゆとりの時間がさらに無くなってしまった

以上のよいうな意見が周りのサラリーマンから聞こえてきます。

僕の知ってる外国人の出稼ぎ労働者の方は、昼間は解体業者で仕事をして、2時間くらい寝てから、夜は工場で仕事をしてます。1日の睡眠時間は多くて3時間くらいです。

彼の生活はもう何年もこの状態です。

こんな労働環境で、ストレスを溜めない方がいいとか言う方が無理ですね。

この問題に関しての解決策は厳しいです。

この問題の解決策は非常に難しいです。このような会社になると『有給休暇』などを取るのもまず無理だと思います。

僕の経験からいうと、休みが少ない会社で休んでしまうと、周りの人も休んでいないので、白い目で見られる場合があります。陰口や嫌味(いやみ)を言われることがあり、それでまたストレスが溜まります。

この場合は、転職することも考える必要があります。

身体を壊してからでは手遅れになります。

自分を救えるのは自分だけ【改善策は3つ】

自分を救えるのは自分だけ【改善策は3つだけ】

基本的に自分が合わない環境にある場合は、自分で環境を変えるしか手段はありません。

他人は何もしてくれないので、待っていても何も起きません。なので、自分から行動に移しましょう。

とはいえ、なかなか難しいとは思いますが、手段としては以下の3つの手段しかないかな?と思います。

転職する

すぐに対応したい。又は対応できる場合は『転職』が一番早い解決方法です。

毎日我慢して仕事に行って嘆いていても仕方がありません。

他の仕事について調べてみたことはありますか?

多少のリスクはしょうがないと思ったことがありますか?

今からでも遅くないので行動してみてはいかがでしょうか?

最近は特に売り手市場なので、意外と仕事の選択の幅も広く、転職はそんなに高いハードルではありません。

転職の手段としては3つの方法があります。

転職の方法
  1. ハローワークを利用する
  2. 転職サイトを利用する
  3. 転職エージェントを利用する

僕は上記の手段の全てを利用して転職した経験がありますが、どれがベストとかはありません。どれもありなので、全ての手段を利用して、自分が一番がいい条件の仕事を選べばOKです。

ハローワークを利用する

ハローワーク
  • インターネットのサービスでも求人を見ることができます。
  • 毎日見ていると新着でいい案件が発見できます。
  • いい案件は早い者勝ちなので、スピードが大事です。

\詳細はコチラをクリック(もちろん無料)/


転職サイトを利用する

お仕事情報ネット
  • 取り扱い:正社員、契約社員、期間工、派遣、アルバイト
  • 寮費無料などのお得な条件が多数
  • 登録無料なので、とりあえず登録しておくのがポイント

\詳細はコチラをクリック(もちろん無料)/


転職エージェントを利用する

マイナビジョブ20’s
  • 20代の特化したエージェントサービス
  • プロのアドバイザーが転職を初めから最後までフルサポート
  • 非公開求人が多数あり
  • 完全無料

\詳細はコチラをクリック(もちろん無料)/

副業を始める

すぐに転職できない場合には、副業を始めることをおすすめします。

副業って何?っていう人は、以下の記事を参考にしてください。

この記事を読めば、副業についての基礎知識の習得~副業を開始が可能だと思います。

副業の完全攻略ガイド|知識ゼロから副収入を得る方法

【副業の初め方まとめ】全37記事で副業の初歩から稼げる副業を紹介

2019年9月23日

最近ではサラリーマンでも副業で稼いでいる人が多くいます。特に仕事の問題がない人でも今後の予期せぬ事態を考えて、早めに副業は始めておいた方がいいと思います。

僕の感覚では、周りのサラリーマンの友達に副業をしている人が多いので、『仕事×副業』は当たり前な感覚になっています。

  • 早期退職
  • 終身雇用制の崩壊
  • 年金2000万円問題

などを考えると普通に定年まで働くのは厳しく、老後の不安も発生します。

ストレスで仕事を辞めたいけど辞めれない人の多くは『お金』の問題ではないでしょうか?

副業である程度稼げるようになったら、仕事を辞める段取りをすることができると思います。

アルバイトなどの副業よりも、疲れて帰ってきたからでもできる『在宅の副業』がおすすめです。

資格を取得する

資格を持っていると転職の時にも有利だし、資格によっては副業に利用しても稼げ場合があります。

資格を取るときのポイントは、簡単にとれる資格よりも、取得が少しくらい大変でも、将来使える稼げる資格を取得することです。

資格マニアになる必要はありません。

おすすめの資格に関しては、以下の記事で紹介していますので、参考にしてください。

副業でおすすめの人気の資格【厳選5つ】会社員でも取得可能

副業でおすすめの人気の資格【厳選5つ】会社員でも取得可能

2019年9月9日

〆 まとめに

ここまで、仕事のストレスと原因について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

ストレスが溜まっている自覚がある場合は、早めに原因を突き止めて改善しなくてはいけません。

我慢して放置してしまうと、心身共に疲れ果ててしまい『うつ病』などの厄介な病気にもなり、仕事ができなくなってしまいます。

以下の記事は、うつ病に関しての体験談です。気になる方は見てください。

仕事をやめたいなら先延ばしは危険!僕のうつ病体験談を参考に

仕事をやめたいなら先延ばしは危険!僕のうつ病体験談を参考に

2019年9月2日

そうならない為にもストレスとうまく付き合えればいいのですが。。。

以下の行動も視野に入れて早めにストレスからの解放に取り組んでいきましょう。

  1. 転職する
  2. 副業を始める
  3. 資格を取る

最後になりますが、仕事のストレスは深い悩みです。

早期に何とかしなければいけないのですが、人の性格や行動を変えるのは難しです。なので、自分を変えるしか方法はありません。

自分を救えるのは自分だけです!

リスクを考えていると先には進めません。

幸せになる為に、頑張って一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

それでは、今日はこの辺で失礼します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いつも【わっぜ~よか!!ブログ】をご覧頂き、ありがとうございます。 「リアルな情報配信」をモットーに、自分の経験をもとにブログに関するノウハウや仕事の悩み、転職や副業に関しての情報を主に配信します!