LIFE

【保存版】オーダーメイドマットレスの効果や購入時のポイントを紹介

【保存版】オーダーメイドマットレスのメリットを紹介します

寝ても疲れが取れない、最近仕事がはかどらなくなった。そんな悩みの原因の一つに「十分な睡眠がとれていない」ことが考えられます。

ここでは、オーダーメイドマットレスを使用することで期待できる効果や購入手順、価格帯などを詳しく紹介します。

オーダーメイドマットレスの3つの魅力

オーダーメイドマットレスの3つの魅力

オーダーメイドマットレスとは、自分の体に合わせてベッドのマットレスを制作してもらえることです。

自分の体にジャストフィットした『世界でたった一つのマットレス』を使用することは、質の高い良い眠りが手に入るのと同時に、最高のパフォーマンスを発揮できることが期待できます。

魅力1:自分の体型に合わせ相談しながら作成できる

数人を対象として睡眠に関する実験を行った結果、自分の体に合わせたマットレスを使った人は、翌日に疲れが生じにくいことが分かっています。

 質の高い睡眠を手に入れるためには自分に合ったマットレスを使う必要があり、オーダーメイドのマットレスなら自分に合った微調整が可能です。

身長や体重・寝姿勢・体圧などを測定し、好みの硬さなどをカウンセリングで相談できるので安心です。

魅力2:パーツごとに硬さを変えられる

寝姿勢の場合、体に掛かる体圧は部位ごとに違ってくるので、頭・肩・腰など、パーツに分けて細かく調整する必要があり、フルオーダーなら硬さを変えることが可能です。

自分でマットレスの構造を調べて購入することも可能ですが、「構造が同じでもメーカーによって硬さが異なる」という不安材料は解決できません。その点、フルオーダーの場合は、パーツごとに細かく硬さを調整することが出来るので安心して購入できます。

魅力3:購入後のメンテナンスも任せられる

機能を落とさずに長持ちさせるには、プロによるメンテナンスが欠かせません。

自分でも行えるメンテナンスとしては、定期的に上下を入れ替えるなどの方法がありますが、マットレスの内部構造は繊細で複雑です。そのため、簡易的なメンテナンスでは本来の機能を発揮できなくなる可能性が高くなります。

メンテナンスをプロに任せると、専門的な技術が必要な「質の高いメンテナンス」を行ってもらえるので、パフォーマンスを落とすことなく長期間、使用することが可能になります。

購入して終わりではなく、その後のメンテナンスもお任せできるので安心です。

オーダーメイドマットレスの価格は構造について変化します

オーダーメイドマットレスの価格は構造について変化します

オーダーメイドマットレスが良いのは理解できても、やはり気になるのは価格ではないでしょうか?ここでは、相場や値段による違い、構造について紹介していきます。

価格は幅広い

オーダーメイドマットレスの価格は、構造や使用している素材の種類などによって幅広く違ってきます。安い物では4万円台で購入できますが、高い物になると20万円を超える物もあります。

サイズや、構造・素材で価格は変わる

価格が変動する要因は主にサイズ・構造・価格の3つです。

※メーカーによっても価格は変わってきます。

市販のベッドもシングルとダブルでは値段が違うように、オーダーメイドマットレスも面積に比例して価格が違ってきます。さらには、内部構造によっても値段が違ってきます。

 代表的な構造

マットレスは3つの層で構成されており、スプリング層・キルト層・クッション層に分かれています。中でもスプリング層は、寝心地や価格に影響する重要な部分です。

スプリング層は以下の3つの構造が主流です。

  1. ボンネルコイル
  2. ポケットコイル
  3. ノンコイル

「自分にはどの構造が合うのか分からない」という人は、ぜひ参考までにご覧ください。

1.ボンネルコイル:比較的に安価で一番普及しているタイプです。寝心地は少し硬めに感じる傾向です。

2.ポケットコイル:ポケットコイル構造には並行配列と交互配列があります。部位ごとに掛かる重さに応じて沈み込みが変化して、負担を軽減してくれるのが特徴です。寝心地は柔らかめに感じる傾向です。

3.ノンコイル:読んで字のごとくコイルを使っていない構造になっており、ウレタン等のクッション性に優れた素材を使用しているので体圧分散性に優れています。寝心地は高反発ウレタンでは硬め、低反発ウレタンでは柔らかめといった具合に素材によって変わってきます。

オーダーメイドマットレスの作成手順、3ステップを紹介

オーダーメイドマットレスの作成手順3ステップを紹介

オーダーメイドマットレスは、大きく分けて3つの工程で制作されます。

  1. カウンセリングと体の計測
  2. データや好みを元に制作
  3. フィッティングと調整

ステップ1:カウンセリングと体の計測

カウンセリングではスリープマイスターという「眠りのプロ」に相談することができ、内容を制作に反映してもらえます。

疑問や希望を遠慮なく相談することで、作る側と使用する側、両者が納得できるマットレスが出来上がります。

また、体の計測も大変重要な工程です。2つのパターンで細かく計測を行い、測定データを制作に反映します。

  1. 仰向けでの測定
  2. 横向きでの測定

ステップ2:データや好みを元に制作

信頼できる業者には多くの注文が入るので、多くの人とカウンセリングを行えます。

これまでに制作してきた際のデータやカウンセリングの内容など、多くのデータを保有しているので、好みを聞いて制作するだけではなく、データを活かして提案してもらえるのも魅力です。

 ステップ:3フィッティングと調整

フルオーダーのマットレスを購入する際には、フィッティングは最重要です。

どんなに高価な部品を選んで制作を依頼しても、寝心地が悪くては残念です。そうならないためにも実際にあらゆる体勢で寝転がってみて確かめることが大切です。

もしも、「思っていた感じと違う」という事になってしまった場合、市販で購入したのであれば「あきらめる」しかありませんが、フルオーダーであれば納得いくまで調整することが可能です。

オーダーメイドマットレスを専門で扱っているからこそ、一切の妥協がない調整が実現できます。

フィッティングで確認すべきこと!【3つのポイント】

フィッティングで確認すべきこと!【3つのポイント】

マットレスを選ぶ際に重要すべきは、やはり寝心地です。

フィッティングでは、以下の3点は入念に確認しましょう。

  1. 寝姿勢をキープできるか
  2. 体圧分散できているか
  3. 寝返りが打ちやすいか

1:寝姿勢をキープできるか

寝姿勢をキープできないと睡眠が浅くなり、不眠の原因になる恐れがあります。

深い睡眠を得るポイントは、同じ姿勢をキープする際に各部位に掛かる体圧をバランスよく分散することです。違和感があると必要以上に寝返りが多くなり、浅い眠りになってしまいます。

フィッティングの際は、心地よい寝姿勢がキープ出来ているかを確認しましょう。

2:体圧分散できているか

体圧がうまく分散できていないと、一カ所の部位に多くの体圧が掛かってしまいます。

例えば、頭と足の体圧は小さいが、腰の体圧が大きい場合には寝姿勢がV字に近い形になってしまい、腰への負担が多くなり、腰痛の原因になります。

フィッティングの際には体圧を感じることが大切です。

3:寝返りが打ちやすいか

エコノミー症候群のように、長時間、同じ姿勢をキープしていると筋肉や神経が圧迫されてしまいます。そのため睡眠中には無意識に寝返りを打って姿勢を変えます。

人は一晩で10回から30回の寝返りを打つという研究結果があります。寝返りが打ちにくい・少ない場合は、体に負担が掛かって「疲れが取れない」・「寝た感じがしない」などの症状につながる可能性があります。

フィッティングの際は、たくさん寝返りを打ってみて、スムーズに体が動くかを確認しましょう。

自分に合ったマットレスを手に入れるためには、実際に寝て確かめる「フィッティング」が重要です。

まとめ:オーダーメイドマットレスは魅力が満載

まとめ:オーダーメイドマットレスは魅力が満載

ここまで、オーダーメイドマットレスの魅力から相場・作成手順などを紹介してきました。

フルオーダーの魅力は何といっても『世界に一つしかない自分の体に合ったマットレス』で毎日眠れることです。

疲れが取れない・体が痛いといった症状があっても「仕方がない」とあきらめてはいませんか?

自分の体に合ったマットレスに出会えると、爽快に目覚めることができて、若返ったような感覚が湧いて、仕事や私生活でのパフォーマンスが上がることが期待できます。

-LIFE