サラリーマンが副業で金持ちになるにはバイトでは一生無理です

サラリーマンが副業で金持ちになるにはバイトでは一生無理です

サラリーマンで仕事をしながら副業で『アルバイト』をしようとしている人へ。

副業で『アルバイト』というジャンルを選べば、働いた分の報酬は確実に確保できるけど、体力的にも辛いし、人間関係もうまくいかないと嫌になっちゃいますよね?

実際に僕も人生で3日だけアルバイトをしたことがありましたが、『自分には向いてないな~』と思い、在宅で出来る副業に切り替えて『自分にはこの副業が合ってる!』と確信して楽しく副業してました。

この記事では、副業の代表ジャンル『アルバイト』について考えてみたいと思います。

サラリーマンの副業にアルバイトはお勧めしない理由

副業でアルバイトを始めようとしている人は、パソコンやスマホで『副業」』+『アルバイト』などで検索してアルバイトに関する情報を集めたりしますよね?

このサイトを見ている人の中には、そんな目的で副業のアルバイトについて調べていた人もいるのではないかと思いますが、結論から言うと僕は副業にアルバイトはお勧めしません!

え!?
副業といえばアルバイトでしょ?
自分に合わなきゃ辞めればいいし、確実に稼げるから安心だし!
そもそもアルバイト以外の仕事なんて考えつかないしさ~

確かにアルバイトは『時給』×『時間』で確実に稼げるで収入の予想ができる。という点ではいいのかもしれません。

しかし、僕がここ主張しているのは『サラリーマンや会社員』の副業にはアルバイトは反対という意見です。

アルバイトそのものを反対している訳ではありません。

本業で働きながら副業しなければいけない理由は何ですか?

副業を始める理由
  • 本業の収入だけでは生活が厳しい
  • 本業の収入で生活はできるが貯金を増やしたい
  • 趣味や遊びにもっとお金が必要
  • 貯金増やしておかないと将来が不安
  • 本業以外のスキルや能力を身に付けたい
  • 休みが多いので活用したい

他にも理由はあると思いますが、ザックリ上げても色んな理由がありますよね?

上記の理由の中で、僕はサラリーマンや会社員がアルバイトという選択肢を選ばないといけないケースは「本業の収入だけでは生活が厳しい」という理由の場合だけだと考えます。

なぜなら本業をしっかり勤めていて、生活できるだけの最低賃金を得てるからです。

この理由をもう少し深掘りしてみます。

サラリーマンや会社員が副業をやるのは大賛成です。

  • 年金問題
  • 終身雇用が難しい
  • 年功序列の崩壊

などの問題があるので、むしろ始めておかないと後に厳しくなる時代だと思います。

副業の必要性を以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

【悲報】副業解禁の罠|今行動しないサラリーマンの未来は暗い

【悲報】副業解禁の罠|今行動しないサラリーマンの未来は暗い

2019年9月11日

が、しかし最低限度の収入が得られてるのであれば、

わざわざキツイ仕事をもう一つ増やすのは損だし、将来性もないと思います。

今すぐに副収入がないと厳しいのであれば、アルバイトという選択肢はありだと思います。

そういう人には、以下の記事でおすすめのアルバイトを紹介しています。

副業バイトの紹介|自分のスタイルに合ったバイト選びが大事!

副業バイトの紹介|自分のスタイルに合ったバイト選びが大事!

2019年9月17日

しかしアルバイトなどの仕事などは「労働収入」という事をしっかり意識しましょう。
労働収入は辞めるとお金も当然入ってきません。

いわゆる「自転車操業」と言えるでしょう。

自転車操業とは?

走っている間は倒れないが、止まると倒れてしまう。という自転車にたとえた言葉。 

考え方としては、一生働き続けないといけないので楽にはならない収益方法なのです。

そうだよね~
確かにアルバイトとかは働いた分のお金はもらえるけど、辞めちゃったらお金はもらえないから働き続けるしかないよね?
今は若いからそんなにきつくないけど、ずっとやるのは嫌だな~

将来、お金と自由な時間を手に入れたいのなら「ビジネス収入」を構築する事です!

労働収入には限界がある

副業で行う労働収入には限界があると思うので、少し考えてみましょう。

労働収入の限界

副業での労働収入に限界がある理由は、以下のような事が考えられるからです。

ポイント
  1. 副業では、時間に制限があるので大きく稼げない。
  2. 疲労を考えると毎日やるのが厳しい。
  3. 仕事の質を上げても時給を上げるのは困難。

では、上記の項目を深掘りします!

1.副業では時間に制限があるので大きく稼げない

もちろん副業なので、本業が終わってからの限られた時間で仕事をすることになりますが、アルバイトなどは必ず時給で計算になります。

多くの時間が確保できないサラリーマンや会社員は、時給で働く副業では限界があるのです。

「時間」×「時給」=報酬(収入)

2.疲労を考えると毎日やるのが厳しい。

どのくらいの収入が副業で必要なのかによりますが、アルバイトなどは毎日やるのは厳しいでしょう。
サラリーマンや会社員で働きながら副業を行うと疲労が蓄積されていくのは当然で、本業にまで影響を及ぼしかねません。

最悪の場合、体調を崩して働けなくなっては本末転倒なので、無理のないシフトで働かなければならないですが、やはり先ほど述べたように「時間」×「時給」=報酬(収入)なので大きな収入は望めません。

3.仕事の質を上げても時給を上げるのは困難。

本業であればスキルや能力を上げて結果をだしていけば、会社に認められて給料のアップが期待できますが、アルバイトなどでは正直厳しいです。
1年働いても時給が10円しか上がらないなんてケースも珍しくないですよね?
仕事ができるようになると更に仕事が増えるだけで「時給が変わらない」ではモチベーションが下がります。

以上のような事が考えられますが、割り切ってアルバイトで副業をするのなら

  • 体に無理のないシフトを組む
  • 時給の値上げは期待しない
  • 嫌でも要求された仕事はこなす
  • 必要以上の仕事はしない

などにポイントをおいて働く必要があるかもしれません。
が、しかしひもう一つ大きな問題があります。

アルバイトだって簡単には辞めれない

という実態がある事です。

アルバイトも簡単には辞めれない|面倒な実態

アルバイトだったら辞める時も簡単そうだから気楽に始めてみよう!

そう考える人も多いと思いますが、意外と面倒な「引き止め」にあうので注意してください。

ある調査ではアルバイトを辞める際に引き止めにあった人は、60%にも及んでるので、単純に2人に1人が引き止めにあっています。

こんな人は引き止められる
  • 仕事ができる人。
  • そこでの勤務期間が長い人。
  • 繁忙期などで忙しい場合。
  • 次の代わりの人が入ってこない場合。

長い期間働いてもらってる人に辞められると、会社側もリスクが大きいので引き止め率が高くなります。
アルバイトを始めたら自分に合っているかどうかを見極めて、継続できるのか?辞めるか?を早い段階で判断する方がお互いにとってもいいでしょう。

〆 まとめに

ここまで、僕がサラリーマンの副業にアルバイトはお勧めしない理由について説明してきましたが、いかがだったでしょうか?

アルバイトなど選ぶ人を否定はしません。
副業を始める目的に応じて収入方法を選ぶことが大事です。

  • 今すぐお金が必要=「労働収入」
  • 将来、お金と自由を手に入れたい=ビジネス収入」

という基準で副業のスタイルを選べばいいのかと思います。

そうか!
なんとなく「サラリーマンや会社員にアルバイトをお勧めしない理由」が整理できました。
僕の場合は、今すぐの収入が必要じゃなくて、将来は好きな事をして生きて行きたいから「ビジネス収入」の構築を目指してやってみます!

ビジネス収入の副業にも色んなジャンルや種類があるので、自分に合った副業で楽しくやりましょうね!

副業について詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。副業の雑学からおすすめの副業・資格や申告手続きまで幅広く紹介しています。

副業の完全攻略ガイド|知識ゼロから副収入を得る方法

【副業の初め方まとめ】全37記事で副業の初歩から稼げる副業を紹介

2019年9月23日

それでは、また!

(*´Д`)ノ~~☆:.・*.See.:you.:♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いつも【わっぜ~よか!!ブログ】をご覧頂き、ありがとうございます。 「リアルな情報配信」をモットーに、自分の経験をもとにブログに関するノウハウや仕事の悩み、転職や副業に関しての情報を主に配信します!