副業が得意なサラリーマンが確定申告に関して無知では稼げない

サラリーマンは副業をすると確定申告が必要なのか考える

サラリーマンでも副業がうまくいって収入を得れるようになっている人が意外と多い時代になってきましたね。

稼げるようになると、つい収益だけに注目しがちですが、収益にともない発生する問題があります。
現実に目をむけると気になるのが「税金」の問題ですよね?

そもそも副業なのに「確定申告」なんて必要なの?
僕はそんなの全然わからないし、関係ないんじゃない?

都合よく、ついそう思ってしまうかもしれませんが、税金のことは知っておかなければ後で無駄な損失になってしまいます。

このサイトでは副業に関する「確定申告に関す情報」を解説しています。
特に、今から副業を始めようとしている人には必見です!

サラリーマンが副業で稼いだら確定申告は必要なの?

サラリーマンが副業で稼いだら確定申告が必要なのか?必要じゃないのか?

答えは:どちらのケースもあります。

答えの通りで、確定申告が必要な場合と不要な場合が発生します。

補足

確定申告とは所得にかかる税金で、収入に応じて所得税などの額が算出されるので、それを税金として支払うための手続きを「確定申告」と呼びます。
 

確定申告が必要なケース

まずは確定申告が必要な場合です。

副業の収入が年間で20万円以上の場合は申告が必要

アルバイトなどは週に2~3回勤務していると、ほぼ年間20万円を超えてるのではないでしょうか?

在宅ワークでパソコンを使ったネット販売やアフィリエイト・ブログなどで稼いでいる人は売り上げの合計から「経費」を差し引いくことを忘れないでください!

もし仮に売り上げが30万円でも経費が15万円かかっていれば、合計の収入は15万円になりますよね?その場合は申告が不要になります。

在宅でビジネスをしている人が節税をするには、経費のコントロールが大事になってきます。

経費に関しては、以下の記事を参考にしてください。

副業の確定申告や経費の仕組みがこの記事を読めば丸わかり!

副業の確定申告や経費の仕組みがこの記事を読めば丸わかり!

2019年9月14日

確定申告が不要なケース

続いては確定申告をしなくても問題ない場合です。

副業の収入が年間で20万円以下の場合は申告が不要

単純に副業での年間の収入が20万円以下なら申告は必要ありません。

この「確定申告の20万円ルール」が使えるのは年末調整をきちんと行っているサラリーマン(給与所得者)に限ります。

もしもフリーランスで働いている人や個人事業主などであれば収入が0円でない限り申告の義務があるので知っておいてください!

注意

申告の必要があるのに「申告しない」・「申告が遅れた」場合はペナルティーとして加算税が課せられるのでくれぐれも注意してください! 

経費と申告方法について解説

経費とは、簡単に考えると売り上げに結び付く費用、もしくは事業を行うために使った費用になりますが、なんか曖昧でよく分かりませんよね?

副業でも、アルバイトなどは個人で経費などは発生しないと思いますが、在宅でネットビジネスで稼いでる人などは思わぬ経費が発生しているかもしれません。
そんな人は確定申告をする上で「経費」について知っておかないと損をしてしまうことがあります。

経費にできるもの

経費になりうるものは、例を挙げればきりがないくらい沢山あるのでここでは割愛しますが、経費として計上するにあたってのポイントを述べておきます。

ポイント
  • 普段からしっかりとした管理が必要。
  • 証拠となる書類が必要(領収書やレシート)
  • ネットでの購入の場合はメールでの領収書を保管する。
  • 経費になるか、ならないか決めるのは税務署。
  • 事業運営にかかわる費用は全て申告する。

経費にできないもの

個人事業主などで自宅を仕事場にしている人で難しのが「事業用」か「家庭用」かの区別になります。
例えば自宅でネットビジネスをしている人は「通信費」は経費になると思いますが、「水道代」や「ガス代」・「電気代」などの水道光熱費は?というとグレーゾーンになります。

おそらく電気代は経費にできるが、事業の運営や売り上げに結びついていない水道代やガス代は無理かと思います。

ポイント
  • 事業にかかった費用は全て申告してみる。
  • 在宅の場合は家賃や通信費・電話代など意外と経費にできるものがある。
  • 領収書などの管理はしっかり行う。

経費は基本的には自己申告で、決めるのは税務署です。
これは経費にはできないだろう?などと自己判断してしまうと損をする可能性があります。
迷わず経営にかかった費用は全て申告してみましょう!

確定申告の種類について

確定申告について説明している流れで、種類いについて少し説明したいと思います。
確定申告には

  • 青色申告
  • 白色申告

の2種類の申告方法があります。

ん~確定申告にも種類があるのか?
青色申告と白色申告!?
何が違うのか教えてください。

青色申告とは

青色申告とは「青空のように一点の曇りない申告をしよう」という思いから名付けられたと言われています。
ちなみに申告用紙の紙の色も青色ですね!

青色申告の特徴:手間がかかるが「特典あり」が魅力。

青色申告は年間の経営の取引などを帳簿などに記録するといった面倒な作業があるが、税金が安くなったり特別控除などの優遇措置があります。

白色申告とは

白色申告の名前の由来は特にないかと思います。スミマセン。。。(笑)

白色申告の特徴:手間が少ないが特典がない。

白色申告は青色申告にくらべて面倒な作業が軽い感じですが、白色の場合は免除されていた帳簿作成も今では義務化されたので微妙です。

青と白どちらがいいの?

結論からすると、僕がおすすめするなら青色申告です。
理由は作業の手間を考えると、帳簿の作成はどちらも必須となってしまったのに白色申告だと特典に魅力がないからです。
しかも最近の会計ソフトなどは使いやすく高性能なので、これで管理すれば帳簿記録や管理も容易にできちゃいますからね!

それすら面倒だという人は白色申告を選びましょう。

副業での確定申告の方法や場所の解説

確定申告の方法には大きく分けて3種類あります。

  1. 住民票がある税務署
  2. 郵送で送る
  3. e-Tax

自分の住民票がある自治体の税務署で基本は手続きが可能です。
もしも、居住地の住所と事業所の住所が違うとしても、事前の届け出をすれば事業所側の管轄の税務署でも申告はできるので大丈夫です。

最近ではe-Tax(イータックス)、いわゆるパソコンでインターネットを使って電子手続きで申告をする人も増えていますが、初めて利用する時は少し難しく感じるかもしれませね(もちろん手続きは無料です)

しかし、毎年のことだし税務署に行く手間を考えると電子手続きはこれから先導入しておいた方がいいかと思います。
▶参考:e-Tax(イータックス)の手続きはコチラ

おすすめの会計ソフト紹介【厳選2選】

特にフリーランスや個人事業主の人はもちろんですが、副業は自分で確定申告をしなければならないという面倒がありますね。

check !
 そんな人に「無料で試せる」人気の会計ソフトがあるので参考までに紹介しておきます。

freee(フリー)


freeeの特徴

  • クラウド会計ソフトシェアNo .1
  • スマートフォンでも利用可能
  • 会計や簿記の知識がない初心者でもOK
  • 無料で試せる(詳しくはHPへ)

弥生シリーズ


弥生シリーズの特徴

  • 20年連続でBCN AWARD(業務ソフト部門)最優秀賞を受賞
  • 2か月無料体験あり(詳しくはHPへ)
  • 使いやすい機能とデザインで初心者でも安心
  • 万全なセキュリティー

〆 まとめに

ここまでサラリーマンが副業で稼いだら確定申告が必要なのか?についてザックリ説明してきましたがいかがだったでしょうか?

もう一度ポイントをまとめると以下の感じになりますね。

まとめ
  • 副業で年間20万円以上稼いだら申告の手続きが必要。
  • 20万円以下は不要。
  • 収入から経費を引いた額で計算する。
  • 経費にできるものは節税のため経費にする。
  • 青色申告が特典があるのでお得。
  • 申告手続きはネットでもできる。

はい!
だいたい副業をする上での確定申告のことが分かりました。
自分が確定申告の対象者だってことにも今回、気が付けて良かったです!
これからも副業頑張っていきたいと思います。

副業は、稼ぐことはもちろん大事ですが、決められた手続きはしっかり行いましょう。

確定申告や税金に関しては、以下の2つの記事でまとめていますので、参考にしてください。

副業と税金の仕組み|副業1年目に知るべき情報をアウトプット

副業と税金の仕組み|副業1年目に知るべき情報をアウトプット

2019年9月20日
副業の確定申告攻略|知識ゼロからのステップアップ・ガイド

副業の確定申告攻略|知識ゼロからのステップアップ・ガイド

2019年9月19日

副業に関して興味がある人は、以下の記事で紹介しています。

副業の完全攻略ガイド|知識ゼロから副収入を得る方法

【副業の初め方まとめ】全37記事で副業の初歩から稼げる副業を紹介

2019年9月23日

それでは、また!

(*´Д`)ノ~~☆:.・*.See.:you.:♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いつも【わっぜ~よか!!ブログ】をご覧頂き、ありがとうございます。 「リアルな情報配信」をモットーに、自分の経験をもとにブログに関するノウハウや仕事の悩み、転職や副業に関しての情報を主に配信します!