【退職代行サービスおすすめ5選】仕事を今すぐ辞めたい人は即利用しよう!

退職代行サービスおすすめ

仕事を辞めることを会社に伝えました。

「ふざけるな!」と怒鳴られました。

辞めることができません。

何か良い方法はないでしょいうか?

こんにちは、マサヤです。

いつも『わっぜ〜よか!!ブログ』を読んで頂き、ありがとうございます。

今回は「仕事を辞めさせてくれない」こんなお悩み相談です。

私もこれまでの転職経験で引き止めにあって、なかなか仕事が辞めれなくて困った経験があります。

法律上は辞めれな訳が無いのは分かっていても、ブラック企業などの場合は簡単には辞めれないのが現実ですよね?

この記事は、過去4回の転職経験をもとに書いています。

しかし、今の時代は心配はいりません。

退職できない人の増加を背景に、今は退職困難者を救うサービスがあります。

退職する時に正当な対応をしてくれない企業に対して余計なストレスや時間を使うのは無駄です!

こんな人に読んで欲しい

  • 引き止めにあっている
  • 退職するのに時間が掛かる
  • ブラック企業の不当な対応に困っている
  • スムーズに退職したい

このような悩みがある方は、ぜひ参考までに、この記事をご覧ください。

過去の転職経験をもとにアドバイスさせて頂きます。

退職代行サービスを知ろう!「普及した背景も解説」

このサイトでは「おすすめの退職代行サービス」を紹介しますが、退職代行サービスについてあまり分からないという人の為に初めに少しだけ退職代行サービスについて解説します。

既に退職代行サービスについてご存知の方はスキップしてください。

退職代行サービスとは?

退職代行サービスとは、その名の通り「退職の手続きを代わりに行ってくれるサービス」です。

ーーいつから?なぜ?退職代行サービスは普及したの?

退職代行サービスが普及したのは以下のような背景があります。

ブラック企業や人手不足を背景に、会社を辞めたくてもやめられないという現代の労働者のニーズに応えることで2017年ごろから複数の業者がインターネットで話題となり、2018年に>>NHKがクローズアップ現代で取り上げたことで急速に認知度が高まった。

名前のとおり、退職を代行するサービスではあるが、交渉は一切行わず、あくまでも退職の連絡の仲介のみを行うものがほとんどである。

交渉を行わない理由は弁護士法72条により、弁護士以外が法律事務を行うことは非弁行為に抵触する恐れがあるためである。

また、依頼者の退職の意思表示を代わりに会社に伝えること自体に法律効果が発生するのではないかという考えもあり、弁護士や労働組合以外が行う退職代行サービスは非弁行為ではないかという議論もある。

退職代行サービスは大きく弁護士、労働組合、それ以外が行うものの3つに分類される。

この3つは基本的に退職の意思を会社に伝えることに変わりはないが、弁護士や労働組合が行う退職代行サービスではこれとは別に会社との交渉が法律によって認められている。

会社と交渉できることによって、有給休暇消化の申請、退職金の支払い請求、未払い給与や残業代の支払い請求、退職日の設定など行うことができる。

引用元:退職代行サービス/フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)2019.12.2現在

退職代行のサービス内容や基本的な利用の流れを解説

退職代行が行うサービスは主に次の項目です。

  • 退職日の設定
  • 有給休暇消化の申請
  • 退職金の支払い請求
  • 未払い給与や残業代の支払い請求
  • その他の退職サポート・相談

退職代行サービスを利用した時の退職までの流れ

退職代行サービスの流れ

わっぜ~よか!!ブログoriginal

退職代行サービスは複数の会社がありますが、基本的なサービス内容と流れは同じです。

サービス利用の基本の流れ
  1. Web(ホームページ)から「無料登録」をする
  2. 連絡が来たら詳しく相談
  3. 料金を振り込む
  4. サービス開始
  5. 後はお任せ

まずは登録さえ完了すれば、話はスムーズに進みます。

登録も無料なので、特に登録する際に気にしなけらばいけない項目はありません。

登録後に詳しい内容を相談することができるので、安心してください。

退職代行サービスおすすめ5選を紹介

退職代行サービスは年々増えている為、選ぶ際にかなりの会社の数になります。

その為、利用者としては嬉しいことですが、多すぎて「選べない」という困りが発生してしまいます。

どの会社を選べば良いのだろう?

いっぱいあって分からないな~

どこが一番良いのだろう?

10社の20社もあったら「いったいどのサービスがいいんだろう?」と迷いますよね?

そこで今回は「間違いないサービス」を厳選して紹介します。

  • 確実に辞めれること
  • 自分はノータッチで進めてもらうこと
  • 価格が安いこと

以上のポイントは絶対に外せません。さらに今回は、以下の項目に注目して厳選したサービスを紹介しています。

厳選するポイント
  • 「価格」にこだわって厳選
  • 「実績」にこだわって厳選
  • 「速さ」にこだわって厳選

それでは、おすすめの退職代行サービスを紹介します。

退職代行Jobs

退職代行Jobsは、顧問弁護士監修している安心の退職代行サービスです。

  • 登録・相談無料
  • 利用料金:29,800円
  • 24時間365日即日即時対応
  • 顧問弁護士監修
  • 全額返金制度あり

退職代行EXIT

日本初の退職代行サービスで、累計2500人以上(業界トップ)の退職代行を実施、退職成功率は「100%」の安心のサービスです。

  • 登録・相談無料
  • 退職成功率:100%
  • 退職依頼したら即日対応
  • 利用料金:正社員・契約社員:5万円、アルバイト・パート:3万円
  • メディア掲載実績業界No.1

引用元:退職代行EXIT|会社からの非常口/YouTube

男の退職代行

男の退職代行は、男性の退職代行に特化することで男性の退職ストレスからの解放と、今よりも良い条件の仕事へ行けるようサポートすることを最大の目的としたサービスです。

  • 登録・相談無料
  • 男性退職代行サービス3冠達成
  • 退職成功率100%
  • 即日退職可能
  • 全額返金保証あり
  • 利用料金:正社員・契約社員・派遣社員:29,800円、アルバイト・パート:19,800円

わたしNEXT

わたしNEXTは、女性の退職代行に特化することで、女性の特有の悩みに考慮し、辞めたいけど退職を言い出せずに苦しむ女性を退職ストレスから解放、「次のわたしへ」行けるようサポートすることを最大の目的としたサービスです。

  • 登録・相談無料
  • 女性向け退職代行
  • 女性が選ぶNo.1サービス
  • 即日退職可能
  • 退職成功率100%
  • 全額返金保証あり
  • 利用料金:正社員・契約社員・派遣社員:29,800円、アルバイト・パート:19,800円

退職代行J-NEXT

退職代行J-NEXTは、スピード・価格・簡単にこだわった低価格の退職代行サービスです。

  • 登録・相談無料
  • 退職スターターキットが届くのでポストに入れるだけで完了
  • 圧倒的な低価格引っ越し紹介割引サービスあり
  • 転職サポート付き(無料)
  • 全額返金保証あり
  • 利用料金:20,000円

退職代行サービス、よくある質問と回答

退職代行サービスを初めて利用する人は不安が多いと思います。

そこで今回は、人気の「男の退職代行」の公式サイトを参考に「よくある質問」と「回答」を紹介します。

質問:1 本当に退職できますか?
これまでに退職できなかったことは一度もありません(退職成功率100%)。退職する権利はどなたにも公平にあります。もし退職できなかった場合は全額返金しますので安心してご依頼ください。

質問:2 働いた分のお給料はちゃんともらえますか?
働いた分のお給料は労働の対価ですので必ず受け取れます。ご安心ください。
退職代行実施後、もし支払ってもらえないようなことがあればいつでもご相談いただけます。

質問:3 次の日から会社に行きたくありません。大丈夫ですか?
ご要望いただければ最短で即日(ご依頼当日)に、当日や翌日から出社したくない旨と併せて退職の意思を会社側に伝えて手続きいたします。ご不安なことがあれば何でもご相談くださいませ。

質問:4 引き止められたり、残るよう交渉されたりしませんか?
ご依頼後は基本的にご依頼者様(退職者)と会社側が直接お話しすることはないため、慰留や交渉を直接されることはありません。退職代行時に言われたとしても私どもは交渉には応じておりませんのでご安心ください。

質問:5 会社から私に連絡が来たりしませんか?
会社側には本人へ直接連絡しないよう伝えていますので、ほとんどの会社はそのように対応していただけます。ただし、そう伝えても強制力がないため、ごく稀ですが会社によっては連絡してしまうケースがあります。

質問:6 男性の退職代行しか対応していないのでしょうか?
「男の退職代行」は男性の退職を専門に取り扱っておりますので、男性の方のみご依頼いただけます。
女性の退職代行につきましては、女性専門の退職代行サービスである「わたしNEXT」へご相談ください。
※ナイトワーク系の退職代行は承っておりません。ご了承ください。

質問:7 会社から訴えられたりしませんか?
会社によってはそう脅してくる会社もありますが、弁護士に依頼するなど、数十万円のコストをかけて裁判をすることはまずありません。また、実際にそのようなケースはこれまで一度もありません。

質問:8 こちらの退職代行サービスは法的に問題はありませんか?
「男の退職代行」の退職代行サービスは、会社との間に入り代行することが法的に認められた労働組合が実施するため違法性は全くありません。また、弁護士からの指導も受けておりますので安心してご利用いただくことができます。

質問:9 退職したことを親にバレないようにしてもらえますか?
ご本人への連絡と同様ですが、会社側にはご両親へ連絡しないようにお伝えしますので連絡されることはほとんどありません。ただし、確実にそうしてもらえるかは会社側の判断になりますので、お約束できない点はご了承ください。

質問:10 制服や保険証など、会社から借りている物はどうすればいいですか?
最後に出社した日に会社に置いてくると返却の手間も省けますが、もし手元にある場合はご本人から会社宛に郵送をお願い致します。男の退職代行では、各タイミングなどの細かい部分までサポートさせていただいております。

質問:11 失業保険の給付を受けたいので離職票などの書類がほしいです。
離職票や雇用保険被保険者証などの必要書類については、退職完了後にご本人様宛に郵送していただけるよう会社へお伝えしておりますのでご安心くださいませ。

質問:12 有給休暇が残っているので消化してから辞めたいのですが?
これまで行った退職代行では、ほとんどのケースで有給消化しての退職に成功しておりますので、お気軽にご相談くださいませ(可能かどうかは会社側の就業規則や判断となります)

最後に

退職する時の無理な引き止めは問題になっています。

退職に時間を掛けてしまうと、次の就職にも悪影響を及ぼすこともあるので、なるべく時間を掛けずに行う必要があります。

円満退社をしたい!

気持ちは分かりますが・・・

ブラック企業などになると以下のような脅しや不当な対応を取ってくる場合があります。

私も経験したのでリアルにあることです。

悪質な引き止め(例)
  • 退職届けを受け取らない
  • 離職届けを出してくれない
  • 残業代や有休分の給料を払わない
  • ボーナスを払わない
  • 嫌がらせをしてくる
  • 解雇にするなどの脅しを言ってくる

自分だけでは退職が困難な場合や面倒な場合は、迷うことなく「退職代行サービス」を利用して最短で退職することをおすすめします。

まともな対応をしない企業には付き合うだけ無駄です!

退職代行サービスは有料にはなりますが、最速で嫌な人と顔を合わせることなく仕事を辞めれることを考えると高くないと私は思います。

それでは、今日はこの辺で失礼します。

お付き合いありがとうございました。

わっぜ〜よか!!ブログ編集長/マサヤ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いつも【わっぜ~よか!!ブログ】をご覧頂き、ありがとうございます。 「リアルな情報配信」をモットーに、自分の経験をもとにブログに関するノウハウや仕事の悩み、転職や副業に関しての情報を主に配信します!