【必見】退職を告げると90%の確率で引き止められるが問題なし!【即日辞める方法あり】

【必見】退職を告げると90%の確率で引き止められるが問題なし!即日辞める方法あり】

仕事を辞めることにしました。

でも、引き止められてしまい、困っています。

何か良い方法はないでしょうか?

こんにちは、マサヤです。

いつも「わっぜ〜よか!!ブロック」を読んで頂き、ありがとうございます。

今日は「退職したいけど引き止められて辞めることができない」こんな悩みに答えます。

私も転職経験がありますが、やはり辞める時には引き止めにあっています。

引き止められて辞めることができないと、精神的にも疲れてしまいますよね?

この記事は、過去4回の転職経験をもとに書いています。

でも大丈夫です!辞めれない仕事なんてありません。

この記事を読むことで「引き止めにあった時の対処法」を知ることができます。

check! こんな人に読んで欲しい

  • 引き止めにあっている
  • 引き止められるかもしれなくて心配
  • 引き止められそうだから退職すると言い出せない
  • 退職すると言ってから仕事に行きづらい
  • 即仕事を辞めたい

このような悩みがある方は、ぜひ参考までに、この記事をご覧ください。

私の転職経験をもとにアドバイスさせて頂きます。

退職を告げると90%の確率で引き止められるが問題なし!

退職したいと伝えると90%以上の確率で引き止められますが、問題ありません。

なぜなら、この世の中に辞めれない仕事など存在しないからです。

法律上、最低でも2週間前に申し出れば退職は可能です。

労働基準方(退職について)

正社員などのように、あらかじめ契約期間が定められていないときは、労働者は少なくとも2週間前までに退職届を提出するなど退職の申し出をすれば、法律上はいつでも辞めることができます(会社の就業規則に退職手続きが定められている場合はそれに従って退職の申し出をする必要があります。

引用元:厚生労働省資料 2020年現在

このように、退職に関しては法律で定められているので問題ありません。

とはいえ、お互い人間なのでそう簡単にはいきませんよね?

>>¥20,000円でサクッと退職代行!【退職代行J-NEXT】の公式サイトで詳細を見る

退職を告げるには勇気が必要

仕事を辞める手順として、まずは上司に退職を伝えなければいけません。

これが結構シンドイです。

必ずといって良いほど引き止められるからです。

  • 今は忙しい時期だから無理
  • まだ入社して1年だろ?もう少し考えてくれ!
  • これから仕事も楽しくなるから、もう少し頑張ってみろ!
  • 代わりの人が来るまで退職は無理だよ

あの手この手で退職を引き止めにきます。

退職を伝えるには何て言おうか?いつ言おうか?など、悩む日がありますが、勇気をもって伝えましょう。

会社が引き止めを行う本当の理由と対処法

引き止めてくる理由は様々ですが、次の3つの理由がほとんどです。

引き止められる理由3つ
  • 会社としてバランスが崩れるから
  • 自分の仕事が大変になるから
  • 引き止めれば考え直すと思っているから

それでは、引き止めの理由と対処法について解説します。

理由:① 会社としてバランスが崩れるから

会社としては、今まで上手くまわっていた環境が崩れることをすごく嫌がります。

悪い言い方になりますが、従業員は所詮会社の歯車の1つとしか思っていない経営者もなかにはいます。

その歯車がひとつ外れると会社のバランスが崩れてしまうので、会社としては大きな損害です。特に仕事ができる人が抜けるとなると、会社としては大変な事態になってしまいます。

小さな会社になると、存続にも影響努するでしょう。

私も経験ありますが、かなり厳しい言葉を浴びせてくる場合もあるので覚悟が必要です。

対処法

辞めると決めたら積極的に有給休暇などを取得して、自分が不在のケースを作りましょう。

自分がいなくても仕事はまわることを分かってもらうことがポイントです。

普段休まない人が急に休みが多くなると、それとなく退職することを感じてくれる場合もあります。自分でまわりの人に言いふらすのもありですね。

理由:② 自分の仕事が大変になるから

最初に退職することを報告する相手は、やはり直上の上司になると思います。

しかし、辞められて一番被害が及ぶのが、この上司になります。

人が抜けることで、上司の仕事量は少なからず増えるので、必ず難色をしめしてくるという覚悟を持っておきましょう。

退職理由によっては上司に対する評価が下がってしまう場合もあります。それは、適格な指導ができていなかったのでは?などの低評価につながるからです。

対処法

自分が抜けた後に職場が困らないように、仕事の引継ぎを進めておきましょう。

「自分にしかできない仕事」などは排除しておくことが大事です。

なるべく早めに辞めることを告げて、人の移動等の対応をしてもらえると辞め易くなります。

上司の評価を下げないことも配慮が必要です。

  • 仕事がつまらない
  • 今の仕事が不満だから
  • 将来性を感じない

このような退職理由は、職場の雰囲気が作れていない=上司の低評価につながる場合があるので注意です。

理由:③ 引き止めれば考え直すと思っているから

退職することを伝えて、引き止めにあった時に一番最悪なパターンは引き止めに負けてしまうことです。

仕事を辞めることは、個人としては大きな決断でも会社としては珍しい話ではありません。

会社側の引き止めはマニュアル化されているといっても良いでしょう。

退職者対応マニュアル

  1. 退職を伝える
  2. 引き止め1回目→時間をおいて再度相談を予定
  3. 退職を伝える
  4. 引き止め2回目→さらに引き止められる
  5. 退職を伝える
  6. さらに続く、又は退職できる

話し合いの結果、辞める理由を改善してくれるということであれば、考え直しても良いと思います。

何も改善しないのに、辞めることをあきらめるのは絶対にダメです!

対処法

会社を本気で辞めたいのなら、何を言われても考えを変えない強い意志で臨みましょう。

いろんな理由で引き止めてきますが、受け入れてはいけません。強い意志を相手に伝えることが大切です。

あなたのことを思って引き止めてくれる人もいますが、多くの場合、会社の都合を優先した理由です。

辞めると決めているのであれば、しっかりと対処して退職しましょう。

引き止められにくい退職理由で回避しよう

退職する場合に、本当の理由を言う必要はありません。

本当の理由を言っても言わなくても辞めることに変わりはありません。退職すると決めたらスムーズに最短で退職することが大切です。

特に人間関係が理由の場合は、本当の理由を言うことで退職までの期間仕事もしづらくなります。

退職が長引くと転職活動にも影響するので引き止められにくい理由で構わないと思います。

引き止められにくい退職理由
  • 親の介護をするので田舎に帰る
  • 親の仕事を継ぐ
  • 結婚(女性の場合)
  • 身体不調

これらの理由なら引き止めることは難しいでしょう。

お互いが嫌な思いをしないベストな退職理由かもしれませんね。

強引に退職を引き止めてきた時の対処法

何を言っても辞めることを受け入れてくれない場合は、それなりの対応を行いましょう。

繰り返しになりますが、労働者は自分の仕事を選ぶ権利があります。

法律上、負けることはありません。

理不尽な引き止めに対応する手段

理不尽な引き止めに対応する手段を2つ紹介します。

  1. 労働基準監督署に相談する
  2. 退職代行サービスを利用する

対応手段:① 労働基準監督署に相談する(無料)

会社側が不当な対応をする場合は、労働基準監督署に相談するのは有効な手段です。

法律違反を犯しいているのは会社側なので、指導を行ってもらいましょう。

相談する場合は、以下の各都道府県の相談所に相談してください。
▼厚生労働省 総合労働相談コーナーのご案内▼

注意

本人が申請しないと労働基準監督署は動くことができません。 

対応手段:② 退職代行サービスを利用する(有料)

有料になりますが、会社と合意ができない場合は退職代行サービスを利用することをおすすめします。

退職代行サービスを利用すると退職を代行して行ってくれます。

  • 退職日の設定
  • 有給休暇消化の申請
  • 退職金の支払い請求
  • 未払い給与や残業代の支払い請求
  • その他の退職サポート・相談

最短なら、即日で何もしないで、嫌な人と顔を合わせることなく辞めることが可能です!

\退職成功率:100%/

即日退職可能・返金保証あり・無料相談OKです!

退職代行サービスに関しては、以下の記事で詳しく紹介しています。

価格・信頼性・実績にこだわって厳選した退職代行サービスを紹介しています。

退職代行サービスおすすめ

【退職代行サービスおすすめ5選】仕事を今すぐ辞めたい人は即利用しよう!

2019年12月2日

引き止めにあうのが面倒な人は、即日退職が可能です。

【結論】強い気持ちで退職の意志を伝えるしかない!

退職を伝える時は、強い意志をもって相手に伝えてください。

中度半端な気持で臨むと相手も強い気持ちで引き止めにくるので丸め込まれてしまします。特に初めての転職の際は退職経験がないので相手に言いくるめられてしまう場合があります。

その時は仕方ないと納得しても、必ず後から「やっぱり辞めるべきだった」と後悔します。

実は私も引き止められて考えな直したことがありますが、やはり後悔して、結果的に退職しました。

私の経験上、辞めたいと思ってしまった仕事は簡単には好きにはなれません。

何度も嫌な気持になるのが嫌なら強い意志で臨みましょう。

最後に:勇気を出して前に進もう

今日は「退職したいけど引き止められて辞めれない」という悩みに関して解説してきました。

退職する時には、引き止めにあうのは仕方ないかもしれません。

ある意味では、あなたが今までしっかり仕事をしてきた証拠だと思います。

退職を伝える時は緊張もするし、勇気が必要ですが、少しの時間頑張りましょう!

最後に今回の記事を振り返ってポイントをまとめてみたいと思います。

まとめ
  • 辞めれない仕事はない
  • 退職することを伝えるには勇気が必要
  • 引き止めに対する対処をしよう
  • 理不尽な引き止めには相談しよう
  • 退職代行サービスを利用しよう
  • 引き止められづらい理由で回避
  • 強い意志で退職を伝えよう

最後になりますが、仕事を辞めると覚悟したら、何を言われてもゆるがない気持ちで臨んでください。

「仕事を辞めます!」

「考え直す気はございません!」

とハッキリと伝えましょう。

安心してください。

辞めれない仕事は世の中に存在しませんからね。

以下の記事では私の転職経験から、退職に関してアドバイスしています。

参考までにご覧ください。

仕事辞めたい

「仕事を辞めたい」悩んでる君へ僕の転職経験からアドバイス!

2019年5月26日

それでは、今日はこの辺で失礼します。

お付き合いありがとうございました。

わっぜ〜よか!!ブログ編集長/マサヤ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いつも【わっぜ~よか!!ブログ】をご覧頂き、ありがとうございます。 「リアルな情報配信」をモットーに、自分の経験をもとにブログに関するノウハウや仕事の悩み、転職や副業に関しての情報を主に配信します!