SIDE JOB

【悲報】副業解禁の罠|今行動しないサラリーマンの未来は暗い

2019年9月11日

【悲報】副業解禁の罠|今行動しないサラリーマンの未来は暗い

[voice icon="https://waxtuze-yoka.com/wp-content/uploads/2020/03/91e3d14b1463d09be603163347086ccb.jpg" name="もへじ君" type="l"]

こんにちは。
僕の会社も今年から副業が解禁になりました。

喜んでる人もいるけれど、僕は別に今の生活に困ってないし、あまり実感が湧きません。

周りの人はさっそく副業を始めたり、資格を取る為に勉強したりと忙しそうです。そんな人達をみていると、困ってはいなくても少し不安になります。

僕も何か行動を起こすべきでしょうか?

[/voice]

今回はこういった悩みに答えます。

この記事の内容は以下になります。

  • 副業解禁の本当の狙いを考察
  • サラリーマンが未来の不安をなくす手段
  • 今から狙うべき副業 

この記事を読むと今から何をすべきかが明確になり、将来の不安が解消されます。

それでは自分の転職経験をもとに、今後サラリーマンが生きていくための手段を解説ていきます。

副業解禁の本当の狙いを考察【3つの結論】

副業解禁の本当の狙いを考察【3つの結論】

副業が解禁になって喜んでいる人が多いと思いますが、実は喜んでばかりはいられません。

なぜなら『働き方改革』で副業の解禁を推進する本当の理由を考えるとが悲しいからです。

これはあくまで僕の個人的な考察ですが、『副業の解禁』と『最近の企業の動きや発言』を深掘りすると不安がよぎります。

では僕が考える不安の内容を以下に示します。

  1. 終身雇用の維持は難しい→企業が個人の生活を保障できない
  2. 年功序列の崩壊→給与のベースアップが期待できない
  3. 労働人口の減少→企業の人手不足

このような問題が背景にあって副業が解禁になったのでは?と考えます。

では個別に詳しく解説していきます。

1.終身雇用の維持は難しい

この話はすでにみんなも知っていると思います。

定年まで働くことの不安は、副業が解禁になる以前からなんとなく感じていましたが、大手自動車メーカーの社長が『終身雇用は今後厳しい』と発言したことで、一気に現実問題となりました。

現に大手の企業で45歳以上の社員を対象とした大規模な早期退職が行われて、最近話題になりましたね。

結論:企業が個人の生活を保障できない

2.年功序列の崩壊

バブル崩壊後の企業の状況はいまだに厳しい状況です。

2018年の企業の倒産件数の調査結果を見ると、年間で8,235件が倒産しています。倒産していない企業でも常に赤字経営をしている企業の割合は高いです。

毎年、自分の会社の経営報告が出ると思いますが、いかがですか?黒字の企業は少ないと思います。
そんな状況が今の企業の実態なので、今までのように年齢に比例して個人の給与を上げれないのが現実です。

結論:給与のベースアップが期待できない時代

3.労働人口の減少

労働人口の減少が年々深刻な問題となっています。

団塊の世代が定年退職していき高齢化社会が進んでいく現状ですが、企業から労働者が減っていくのも問題になります。皆さんの会社の従業員数は年々減っていませんか?

また最近の若者は企業に入社したいという人口が減っていると思います。魅力がある企業には人は集まってきますが、わざわざ嫌な仕事をする人が減ってきています。安定した公務員などは今でも人気です。

現実、従業員の採用難から人手不足による収益悪化が起きており、倒産する企業が急増しています。

結論:人手不足による企業の倒産

以上が現実に起きている問題による3つの結論です。

このままでは将来が不安です。

自分達の親は定年まで一つの会社で働き抜いて、自分達を養ってくれたかもしれませんが、これからの時代では今までのような働き方はできないと思います。

今までの考え方では、家族を養えない時代がすぐそこまできています。

副業解禁でサラリーマンが未来の不安をなくす手段

副業解禁でサラリーマンが未来の不安をなくす手段を解説

これからの時代は、自分の能力やスキルを身に付けておかないと怖い時代です。

  • リストラ
  • 倒産

などの予期せぬ事態に遭遇した時に、初めて自分の『生きる能力』が試されます。

僕の転職体験談

ここで僕の転職の体験談を話します。

僕は高校を出て20年間大手の電機メーカーで働きましたが、訳あって転職をしました。

転職した1社目は3年勤めましたが、収入が上がらず、今後も期待できないと判断して転職しました。

その後も数回、転職を繰り返すが好条件の仕事もありませんでした。

転職エージェントなども数社に登録しましたが、自分にはお金にできるスキルや資格がなく、年齢も35歳を超えていたので、『お客様に該当するお仕事はありません』の回答しかもらえませんでした。

今思えば当たり前だと思います。
雇ってメリットがない人材を雇えるほど企業も余裕がありません。

今から何をするべきか【対策案あり】

今回の記事で一番重要なのはここからです。

では、これからの時代は『終身雇用は難しい』ことは分かったと思いますが、何をすればいいのかです。

もしもの事態に備える手段は以下の2つしかありません。

  1. 世の中で通用する資格を取っておく
  2. 副業を始めてビジネス収入の構築をしておく

資格を取る

資格は自分や家族を助けてくれるツールです。

しかし、資格なら何でも稼げるわけではありません。

生き残るためには、世の中で通用する資格を選んで取っておく必要があります。

  • 世の中から必要されているか?
  • 転職する時に有利になるか?
  • ある程度の収益が見込める?

これらを基準にして資格を取る必要があります。
せっかく資格を取っても『必要とされない』・『稼げない』資格では無駄になります。

資格をとるにはお金も時間もかかるので、両方を無駄にしないように注意しましょう。

副業を始めておく

次の予防手段は副業を始めておくことです。

副業には2つのタイプの利益の出し方があります。

  1. 労働収入型・・・安定した収入が入る
  2. ビジネス収入型・・・収入の自動化が構築できる

アルバイトなどでいろんなことを経験しておくと仕事の幅も広がるし、人脈も作れるので将来なにかあった時に役に立つことがあります。また安定した収入が得れるので

  • 貯金をする
  • 家のローンを返済する

などの備えもできると思います。

次にビジネス収入の副業ですが、そんなにあまくはありません。しかし、自分の頑張り次第では将来は大きな収入が見込まれます。

また、成功するとお金が自動で入ってくれる仕組みを作れるのが魅力といえます。

『成功は結果が全て』だと言う人がいますが、努力しないと成功しないのがビジネス収入の副業だと思います。

成功して今は楽しく生きてる人も、昔は毎日必死で努力して作業しています。

僕は、ダラダラ作業していた人で成功した人は見たことありません。

もしそんな人がいれば天才なんでしょうね。

スポーツ選手もそうですよね?

例えば野球選手でメジャーやプロになれた選手は、そこまでは必死に練習してきてます。しかし成功すれば1球や1振りが何十万です。

そこからも勿論練習はしますが、昔の練習量は必要ではありませんよね!

練習量にウエイトをおかなくても、高い技術や経験で補えるからです。

成功すると時間とお金が手に入るので、そこからは緩やかに作業して、結果に注視しておけば大丈夫だと思います。

なので、一生走り続ける必要はありません。

副業解禁になっら今から狙うべき副業は?

副業解禁になっら今から狙うべき副業は?

では今から副業をやるのであればどんなジャンルがいいのか?

  • クラウドソーシング
  • アフィリエイト
  • ブログ
  • ネットショップ
  • せどり
  • YouTube

この辺を狙うのがありだと思います。

クラウドソーシングは最近すごく流行っていますね。自分のスキルや得意を仕事にできるのでやりがいもあるし、うまくいけば将来フリーランスも目指せると思います。

その他のアフィリエイトやブログ・YouTubeなどはうまくいけば稼げますが、なかなか初めは結果がでないので、続けるのが困難なジャンルです。あまり期待しないで気楽にやるのがコツですね。

結論ですが、ビジネス収入のジャンルは成功するまでに時間が掛かります。

なので、早く始めてコツコツ作業するのが重要です。

副業解禁のまとめ

副業解禁のまとめ

ここまで副業が解禁になった今、将来の不安をなくすためにサラリーマンがどういう行動をとったらいいのか?また、資格や副業についても考えてみました。

繰り返しになりますが、サラリーマンの将来は不安定です。

今からでも遅くはないので、何か始めておいた方がいいと思います。

物事をなすには『資格』にしても『副業』にしても時間が掛かります。

未来への準備は、本業の収入がある今だからできる環境だと思います。

今日から少しだけ自分の楽しい時間を削って、未来のために投資してみてはいかがでしょうか?

それでは、また!

(*´Д`)ノ~~☆:.・*.See.:you.:♪

こちらの記事も人気です。

[kanren postid="3420"]

-SIDE JOB

© 2020 わっぜ~よか!!ブログ Powered by AFFINGER5