副業すると確定申告はいくらから必要なのか?コレを見れば誰でも分かる!

副業で確定申告が必要な金額や得する情報を1記事で簡単に解説

副業を始めたのはいいけれど、確定申告はいくら稼いだ人がやるのか知らない人は結構多いと思います。
自分には関係ないと思って気にしてなかったら、後から請求がきてビックリ!なんて人も少なくありません。

確定申告については、自分で調べないと誰も教えてはくれません。

また副業をやる上で必要な知識であり、申告しないと『滞納税』などのペナルティーも加算されて損をするので、ぜひこの機会に知っておいたほうがいいかもしれません?

この記事を書いている僕は、副業歴約7年でペナルティーなどはゼロです(笑)
得する情報などもあげてますので、ぜひご覧ください。

それでは順に説明していきたいと思います。

副業すると確定申告はいくらから必要なのか解説

副業で確定申告が必要な人は、稼いでる額が年間で20万円超えている人です。

いわる『20万円ルール』というやつです。

また税法で決まっているので、下記の対象者は必ず申告が必要です。

必ず申告が必要な人
  • 20万円以上の副収入が発生している
  • 給与が年間2,000万円以上
  • 複数の会社から収入がある

以上のような人は確定申告の対象になります。
また、その他に給与所得がない人でも、年金の受給者・自営業・フリーランス・不動産経営などで所得がある場合は、申告手続きが必要なので注意してください。

check!お得情報
次の場合は、申告の義務はありませんが、申告すると還付金が戻ってくる場合があるので、申告することをおすすめします。

得するケースの対象
  • マイホームを住宅ローンで購入した
  • 年間の医療費が10万円以上かかった
  • 盗難・災害にあった
  • 2,000万円を超える寄付をおこなった

家を購入する際は、ほとんどの人が住宅ローンで購入しますよね?実際に僕も家を購入してからは自分で確定申告に行ってました。
盗難・災害に合った人なども対象ですが、知らない人が結構多いと思います。
損をしない為にも知っておきましょう。

還付金とは?

所得税を払い過ぎている人に返金されるお金です。
だいたいの人が、予定の納付金額より多い税金を納付しているので、少なからず返金が期待されます。
 

よくある勘違い

よくある勘違いで、会社員で副業をしている人は『年末調整』をしているから『確定申告』が必要ないと思っている人が少なくありません。

厳密にいうと、先ほど『必ず申告が必要な人』という項目の中に『20万円以上の副収入が発生している』という人が対象になっていましたが、そのなかでも

  • 申告が必要なケース
  • 申告が不要なケース

に分類されてきます。

20万円超え|申告が『必要』なケース

20万円超えていて申告が必要なケース
  • 講演料や原稿料などの雑所得がある
  • アルバイトやパートの副業
  • インストラクターなどの事業所得あり
  • 株での収益(上場株式の場合)

上記の場合、20万円超えていれば確定申告の対象になります。

20万円超え|申告が『不要』なケース

20万円超えていて申告が不要なケース
  • 退職金をもらった(必要な申告書を提出した人)
  • 競馬で稼いだ(50万円以下の場合又は控除金の計算で対象外の場合)

以上が20万円を超えていても、申告が必要な場合と不要な場合があることの説明でした。

なお『競馬で稼いだ場合』については、もう少し細かく説明したほうがいいと思うので、補足します。

一時所得に関しての説明

競馬が好きな人は多いと思いますが、こういう場合にも稼いだ額によっては、申告が必要になります。
知らないと、万馬券を当てて大喜びして、全部お金を使ったら翌年に多額の請求がきてビックリ!なんてことも起きるので知っておきましょう。

宝くじが当選したら

宝くじが当たっても焦ることはありません。
宝くじの場合は『当せん金付証票法』というものがあり、何億円当たっても税金は発生しないので安心してください。とはいえ、人生で1度は高額当選してみたいものですね。。。

競馬で万馬券を当てた場合

この場合は『50万円までは申告が不要』です。
それ以上の場合は申告が必要となるので、下記の計算式を参考にして、申告が必要となります。

計算式

馬券の払い戻し金-馬券の購入費-控除金(50万円)×1/2=課税される金額

実際には申告していない人もいるかも知れませんが、後からバレると『滞納金』も加算されるので、しっかり支払うことをおすすめします。

20万円以下でも申告しよう【得する場合あり】

基本的には副業の収入が20万円以下なら確定申告の必要はありませんが、20万円以下でも申告するとお金が戻ってくる場合があるので知っておいてください。

これは特に『雑所得』がある場合に発生します。

雑所得とは?

所得税法で定められた所得の種類が10種類ありますが、その中の1つが『雑所得』です。

雑所得とは、副業でアフィリエイトやライター・講演・フリマなどを行っている場合になりますが、上記の例のような場合でも、副業ではなく事業をして収入を得た場合には雑所得にはあたりません。
分かり易く考えるとすれば『副業の範囲でお小遣い稼ぎ程度の収入』と考えればいいかもしれません

雑所得は20万円以下でも申告しよう

雑所得の場合は、申告するとお金が戻ってくる場合がありあります。

なぜなら、20万円以下でも必要経費が認められているからです。

例えばライターとして副業で稼いでる人がいて、原稿料から出版社に10%の所得税が徴収されてる場合があるとします。この場合、必要経費として原稿をつくる為にかかった費用(取材費・資料の材料費)を引くことができます。

計算式:雑所得=収益-必要経費

そうすると、20万円以下でもお金が戻ってくる場合があります。

具体的なシミュレーション

では20万円以下でも申告した方がいいケースを分かり易く、シミュレーションで見てみましょう。

ヒロト

はじめましてヒロトです!
文章を書くのが小さい頃から好きで、副業でライターの仕事をしています。
今はまだ、年間に10万円くらいしか稼いでいないので、確定申告はしていませんが、将来はガッツリ稼いで本業として作家になるのが夢です。

そんなヒロトくんですが、実は申告しないことで『5,000円』を損しています(泣)

収益:10万円、税率:10%、必要経費:5万円で計算してみます。

【申請なしの場合】
今までは収益の10万円に対して10%の1万円が引かれて、9万円を受け取っていましたが。。。

【申請ありの場合】
申告を行えば、10万円の収益があって、必要経費に5万円かかっていれば差し引けるので、雑所得は5万円です。その5万円に税金がかけられるので所得がかわってきます。

では下の計算を見てみましょう。

税率10%の場合

計算式:(雑所得)=売上げた額-必要経費

なので、(5万円)=10万円-5万円

雑所得にかかってくる税金は5千円になります。

計算式:(税金)=収益から経費を引いた額×税率(10%)

なので、5千円=5万円×10%

結果:(雑所得:95,000円)=(収益:10万)-(税金:5千円)

結果、5千円の差額が申告すると戻ってきます。
申告するうえで、少しでも得をしたいのであれば経費をしっかり管理することです。

ただし経費の管理は意外と面倒なので、まめな人は大丈夫ですが、僕みたいなおおざっぱな人は、ストレスを結構感じます。。。

そんな『確定申告はどうしても難しそう』と感じる人には、こちらの会計ソフトがおすすめです。

ちなみに書籍もあるので、ソフトを使う前に読んでみたいという人は、参考までにどうぞ。

 

また個人事業主やフリーランスになっていて『収益が大きくなって管理が大変』だという人には税理士さんにお願いするのもいいと思います。

『税理士紹介ネットワーク』は紹介料が完全無料なので、他社と比較してもリーズナブルです。

最後に

ここまで副業をすると確定申告が必要な金額はいくらからか?
20万以下でも申告をすると得する方法や理由について説明してみましたが、いかがだったでしょうか?

単純に『副業での申告基準は20万円』と思っていた人も多いかと思いますが、深掘りすると

  • 20万円以上稼いでも申告が不要な場合
  • 20万円以下でも申告した方がお得な場合

などがあることが分かったと思います。

副業での収益を確保するポイントは『経費をうまく使う』ことです。

特に個人事業主やフリーランスの人は、稼ぐ額が大きくなると『経費』の使い方次第で所得が左右されるので、経費の運用は大事ですよね。

これを機に税金についても詳しくなってみてはいかがでしょうか?

確定申告や経費・節税などについて詳しく知りたい方は、以下の記事でまとめていますので、参考にしてください。

副業と税金の仕組み|副業1年目に知るべき情報をアウトプット

副業と税金の仕組み|副業1年目に知るべき情報をアウトプット

2019年9月20日
副業の確定申告攻略|知識ゼロからのステップアップ・ガイド

副業の確定申告攻略|知識ゼロからのステップアップ・ガイド

2019年9月19日

それでは、また!

(*´Д`)ノ~~☆:.・*.See.:you.:♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いつも【わっぜ~よか!!ブログ】をご覧頂き、ありがとうございます。 「リアルな情報配信」をモットーに、自分の経験をもとにブログに関するノウハウや仕事の悩み、転職や副業に関しての情報を主に配信します!