副業でおすすめの人気の資格【厳選5つ】会社員でも取得可能

副業でおすすめの人気の資格【厳選5つ】会社員でも取得可能
資格を取りたい人
資格を取って副業で稼ごうと思ってます。

そして将来は副業で成功して、独立したいとも考えています。

そうなると何の資格を取った方がいいんだろう?

おすすめの資格があれば教えてください。

今回はこういった悩みに答えます。

やみくもに資格を取りまくる『資格マニア』の人がいますが、はたしてそれで稼げると思いますか?

この記事を参考にしてもらうと、何の資格が将来的に有効なのかが把握できます。

将来を充実させたい人は、ぜひ参考にしてください。

資格を取る理由を考えよう

最近ではサラリーマンや学生・主婦を中心に副業をやっている人が本当に多いですよね。

僕の知り合いでも何人か副業をやっていて、一人はメルカリで商品を売るのが好きな友達です。ちなみに彼は、副業で毎月数万円の収益をあげています。

本来の仕事はSEなので、まったく畑違いの副業ですが、『休日に副業をやっているとリラックスできる』と彼は言う。

彼はフリーマーケットに行くのが昔からの趣味です。なので楽しみながら稼げてます。理想の副業スタイルを確保できていますね。

さて、副業を始める人に多いのが『資格』をとって稼ぎたいという意見です。

基本的に副業を始める時には資格は必要ありませんが、資格をとって稼ぎたいという人は、将来は資格を活かして独立やフリーランスになろうとしている人が多いのが特徴です。

副業を始める人のタイプは2通りです。

  1. お金を稼ぎたいから始める。
  2. 将来のことを考えて始める。

将来を考えて始める人には『資格』という手段が有効になってくると思いますが、資格を取ることに関してもメリットとデメリットは発生します。

>様々な資格学習が980円でウケホーダイ!【オンスク.JP】

資格を取るメリット

  • スキルが身に付く
  • 高い単価で仕事ができる
  • 転職する際に有利になる
  • 将来は独立やフリーランスも可能
  • リストラなどにあっても大丈夫

資格を取るデメリット

  • お金がかかる
  • 本業があるので時間の確保が困難
  • 資格取得に時間が掛かる
  • 資格取得後の仕事の担保

ざっくりメリットとデメリットをあげてみたので、説明してみたいと思います。

まずはデメリットですが、やはり仕事をしながら勉強するのは大変です。

独学で取得できる資格ならいいのですが、僕の経験からいうと、仕事にできる資格は取得が難しく、意外と簡単には取得できません。

人気の資格
  • 行政書士
  • ファイナンシャルプランナー
  • 中小企業診断士
  • 社労保険労務士
  • 宅地宅建取引士

などが副業で将来に活かせる資格としておすすできる資格の一部です。

『〇〇士』みたいに『士』が付く資格は難しいが稼げる資格が多いです。

一瞬見ただけでも簡単に取れそうな資格ではないことは分かると思います。また資格を取って、いざ仕事をするときに副業として運用できる範囲の仕事なのか?を調査してから目指した方がいいです。

意外と本格的に稼働しないといけない資格が多いので、副業として片手間できるのか?の判断は大事です。

一方でメリットもたくさんあります。

資格を活かせる副業の特徴は単価が高い仕事が多いです。

また経験することでスキルも上がり、将来は独立やフリーランスになるチャンスがあるのも魅力的です。

また急なリストラや早期退職を余儀なくさても怖くないですね!

では先ほど紹介した資格について見てみましょう。

資格を取得するのに必要な金額や、取得するのにかかる期間につても紹介していますが、あくまで『目安』です。

探せばもっと安く取得できる方法や、逆に高い場合もありますので、参考値と思ってください。

副業でおすすめの人気の資格を紹介【厳選5つ】

1.行政書士

行政書士の業務は大きく分けると3つになります。

  1. 書類作成業務
  2. 相談業務
  3. 許認可申請の代理

行政書士は法律を扱う仕事なので、国家資格が必要になります。

仕事の内容は、遺言書や遺産分割協議書などの書類作成から経営・法務問題に関しての相談やアドバイスなど幅広い仕事内容になります。

補足
資格:国家資格
受験料:7千円
取得に要する時間:約600時間
取得に要する費用:独学:約3万円、通信:約6万円、スクール:約20万円

2.ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーの仕事は、個人の家族構成から収入や負債・貯金や資産の状況などのを把握して、その人にベストなライフプランを計画してアドバイスを行います。

一般家庭ではあまり利用しないかもしれませんが、資産が大きいと個人では運用しきれないので、大きな資産を抱えている人には必要とされる仕事です。

補足
資格:国家資格と民間資格
受験料:6千円~2万円
取得に要する時間:1級:約600時間、2級:約300時間、3級:約150時間
取得に要する費用:独学:約5千円、通信:約2万円、スクール:約15万円

3.中小企業診断士

中小企業診断士の仕事は簡単にいうと営業コンサルです。

中小企業などを相手に経営面での悩みや相談にのります。その問題や収益を阻害している問題点を洗い出して、改善案を提供・アドバイスして経営を上向きに修正するのが役目です。

  1. 企業内診断士・・・会社に所属して活動する。
  2. 独立診断士・・・独立して個人で活動する。

この2つにわかれます。

中小企業診断士は仕事の内容から『人脈形成』ができるのがメリットです。なので、将来は独立して仕事をしたい人には人気の資格です。

補足
資格:国家資格
受験料:3万2千円
取得に要する時間:1000時間
取得に要する費用:独学:約3千円、通信:約10万円、スクール:約30万円

下記は中小企業診断士を目指す人におすすめの講座です。
興味がある人は参考までにどうぞ。

>中小企業診断士試験合格講座はコチラ 

4.社労保険労務士

社労保険労務士の業務は下記の内容が主になります。

  • 労働社会保険の手続き
  • 年金の相談
  • 労務管理の相談やアドバイス
  • 紛争解決の代理手続き

主には社会保険の手続きや就業規則などの作成や提出代行になります。他にも労務相談やアドバイス・コンサルティングなどの業務を行います。

補足
資格:国家資格
受験料:9千円
取得に要する時間:1000時間
取得に要する費用:通信:約8万円、スクール:約30万円

5.宅地宅建取引士

不動産関係の仕事になります。

  • 賃貸物件の紹介
  • 土地や建物の売買

などが主な内容となります。
不動産取引法務のスペシャリストとして、土地や建物の売買などで違法行為がないか?などを確認して損害を与えないようにする大事な役割をもっています。

補足
資格:国家資格
受験料:7千円
取得に要する時間:1000時間
取得に要する費用:独学:約2万円、通信:約7万円、スクール:約10万円

ここまで、副業におすすめの資格を5種類紹介しましたが、なかなか『独学』では難しいです。しかしスクールは高額なので悩む人も多いと思いますが、もし取得できれば余裕で費用は取り戻せます。

それだけ価値があり高単価な仕事だからです。

check!
僕が副業で取得する資格をおすすめするなら『中小企業診断士』です。

中小企業診断士は人脈形成ができるので、独立して働くようになった時に経験が有利になります。

スクールの費用は、おそらくサラリーマンの1ヶ月の給料分くらいはかかりますが、価値のある資格なのですぐに取り戻せます。

また、仕事をしながら資格をとるのであれば、無理なく勉強ができて費用も安く済むので、通信教育がおすすめです。

【診断士ゼミナール】の紹介

診断士ゼミナールは、楽天リサーチ1位を獲得した実績あるオンラインスクールです。

スマホでも学習が可能なので、スキマ時間を利用して無理なく勉強ができます。忙しいサラリーマンにおすすめのスクールです。

>楽天リサーチ1位!中小企業診断士講座の診断士ゼミナール 1次2次フル講座42,000円~  

オンスク

いろんな資格に興味がある人には月額980円で30種類以上の講座が受け放題の【オンスク】がおすすめです。

>様々な資格学習が980円でウケホーダイ!【オンスク.JP】

これから伸びるジャンルにも注視すべき!

先程紹介した5つの資格は、いわゆる『定番』の資格です。

しかし、これからの世の中の動きを冷静にみてみると、伸びてくるジャンルが他にもあるので注視した方が成功するかもしれません。

なぜなら何事も成功するには『波に乗る』ことが不可欠だからです。

成功者に共通している特徴は『先見の目』と『流行りに乗ること』だと思います。

なので、定番を攻めるのもありですが、人が注目していないジャンルを先読みして始めるのもありかと思います。

では今回、僕がおすすめするのが以下の3つです。

  1. 英語(TOEIC)
  2. プログラミング
  3. ITエンジニア

おすすめの理由は、これからの時代に求められているからです。しかも先ほど紹介した資格などより、はるかに安く資格を取ることができます。

英語に関しては、これからはますます国際化社会が進んでいくので必須のスキルです。また『オリンピック』の開催でいっきに需要が伸るのも間違いなしです。

プログラミングやITエンジニアなどは、今からますますコンピュータやロボットが生活を支える時代がくるので、さらに必要とされる分野です。

またこの3つのジャンルの共通点は、特殊なスキルがないと出来ないことから『仕事の単価が高い』ことです。

これを機に少し検討してみてはいかがでしょうか?

ITエンジニア

ITエンジニアのスキルを学びたいなら『ITCE Academy』がおすすめです。

参考記事:【ITCE Academy】知らなきゃ損!最短・最安値情報

プログラミング

プログラミングのスキルを学びたいなら『CodeCamp』がおすすめです。

参考記事:【CodeCamp】の料金が話題!お得な情報や口コミも紹介

〆 まとめに

今回は、副業で取得すべきおすすめの資格について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

資格やスキルを持っていると、いざという時に自分や家族を助けてくれます。

また、今の仕事が嫌な人や不満な人は、ぜひ資格を取っておきましょう。資格があれば、将来独立することも夢ではありません。

好きなことや得意なことを仕事にできます。

定番の資格を紹介した後に、僕のおすすめも紹介しておきました。ITエンジニアのスクールに関しては無料でスキルをつけることができます。

『資格』は持っていて損なことがないので、これを機に『資格』について考えてみてはいかがでしょうか。

それでは、また!

(*´Д`)ノ~~☆:.・*.See.:you.:♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いつも【わっぜ~よか!!ブログ】をご覧頂き、ありがとうございます。 「リアルな情報配信」をモットーに、自分の経験をもとにブログに関するノウハウや仕事の悩み、転職や副業に関しての情報を主に配信します!