「仕事を辞めたい」悩んでる君へ僕の転職経験からアドバイス!

仕事辞めたい

仕事が嫌で今すぐにでも辞めたくて悩んでます。

楽しく仕事をしている人を見るとうらやましいです。

僕も楽しく仕事をしてみたいな。

こんにちは、マサヤです。

いつも『わっぜ〜よか!!ブログ』を読んで頂き、ありがとうございます。

今回は「仕事を辞めたい」こんなお悩み相談です。

人は人生の3分の1を仕事に使うといわれています。

人生を90歳と考えると、30年間を仕事に費やすことになります。これでは仕事を辞めたいと悩む人には辛いですよね。

  • 日曜日の夕方になると、月曜日が来るのが嫌でたまらない。
  • 憂鬱な気持ちで何をしても楽しくない。
  • なんで自分だけこんなに辛い仕事をしなければいけないの?
  • この気持ちは誰にも分かってもらえない

もうこれ以上、今の仕事をしたくない!

そう叫びたくなる日もあるかと思います。

この記事は、過去4回の自分の転職経験をもとに書いています

人生は一度きりなので、後悔しないように生きましょう。

こんな人に読んで欲しい

  • 仕事を辞めてい
  • 辛い気持ちを軽くしたい
  • 辞めたい理由を整理したい
  • 前向きな気持ちで未来に向かって歩き出したい

このような悩みがある方は、ぜひ参考までに、この記事をご覧ください。

過去の経験から全力でお力になりたいと思います。

仕事を辞めたい理由を整理しよう【嫌な理由の再確認】

仕事を辞めたい理由を整理しよう【嫌な理由の再確認】
仕事を辞めたいという気持ちは簡単に変わるものではありません。

仕事を辞めたいと思ったら辞める方がいい場合もあります。

とはいえ、簡単に仕事を辞めるわけには行きませんよね?

仕事を辞める時は、後で後悔しないように、しっかり考えを整理したうえで決断するようにしましょう。 

僕の経験上、どんな仕事でも辞めれば少しは後悔しますが、次の未来が待ってます。

漠然と『やめたい!』そんな気持ちが強い時には、なぜ自分は仕事をやめたいのか?もう一度、冷静になって整理しなければいけません。

なぜなら、問題がどこにあるのかを明確にしないと、仮に転職したとしても同じことを繰り返してしまう恐れがあるからです。

自分はどの仕事をやってもうまくいかない人間なんだ。

そんなふうに自分にいやけがさしてしまうことがあるからです。

同じことを繰り返さない為にも、もう一度、考えを整理しましょう。

よくある仕事を辞めたい理由5選【改善案あり】

仕事を辞めたい理由は色々とありますが、よくある理由をピックアップしてみました。

この問題に対して、どのような対応をすれば改善できるかを考えてみたいと思います。

仕事が嫌な理由
  1. 仕事が面白くない(つまらない・やりがいがない)
  2. 賃金が安い
  3. 人間関係の悩み
  4. 仕事にやる気が出ない
  5. 残業が多い・休みが少ない・体がキツイ

1.仕事が面白くない(つまらない)

この悩みは主に、新入社員の時代に多い悩みではないでしょうか?

僕は18歳で高校卒業をして上京して電気メーカーに入社しました。

しかし、すぐに『仕事が面白くない』と悩んでしまいました。

学生の『自由で楽しい環境』から、急に社会の現実を体験するとガッカリしますよね?

何でこんな仕事に就いてしまったんだろう?と嘆く毎日です。

改善案

初めは単純作業が多くて面白くないと思う仕事でも、慣れてくるとやりがいのある仕事や、難しいが達成感を味わえる仕事をまかせてくれる事が意外と多いです。

意外と上の人(上司や先輩)は、あなたの仕事ぶりを見ています。

頑張っている人にはそれなりの仕事が任されていくので、成長もするし賃金も上がっていきます。そうすると、仕事にやりがいが出てくる人も多いかと思います。

石の上にも3年ではないですが、もし3年やっても辞めたい気持ちが強い人はやめる事をお勧めします。ちなみに何故やめることを勧めるかというと、僕は20年勤めても嫌な気持ちが変わらなかったからです

2.賃金が安い

給料やボーナスが安いといった悩みは、会社の規模や勤続年数にもよると思いますが、同じ時間働くなら高い賃金で働かないと損ですよね?

最悪なのは、我慢して働いたはいいが、10年後に平均収入と比べてみたら自分の収入があまりにも低い場合です。

改善案

先輩や上司に聞ける範囲で収入の話を聞いてみましょう。
もし勤続年数が10年も上の先輩方と自分の賃金があまり変わらないのであれば、その仕事を続けても満足いく収入を得られないという結論になってしまいます。

また、どのような仕事をこなせば、もしくはどのポジションにつければ昇格して賃金を増やせるのか明確にする必要があります。

たとえば現場のリーダーやまとめ役のポジションにつければ賃金があがるのであればそこを目指しましょう!
『残業時間が多い=収入が高い』は将来性とは言えないので注意してください。

3.人間関係の悩み

人間関係の悩みは複雑で深刻です。

仕事に行くと、もしかしたら家にいる時間より長く職場で過ごさなければなりません。なのに人間関係が悪いと耐えられないですよね?

しかし僕の経験上、どこにでも合わない人は居るものです。

改善案

この場合、嫌な相手と喧嘩も覚悟でとことん話し合うのもありかもです。
意外な話しですが、初めは嫌だった人ほど何年後かには、お互いがすごく認められる存在になってるケースが多いです。

お互いお酒が飲めるのなら、思い切ってお酒を飲みに行くのが一番手っ取り早いですね。

お酒の力を借りると、意外と普段は話さない事を話したりするなかで、意外な一面を見れたり、本当の相手の姿を見ることができて、意外と打ち解けられるものです。

まずはもう一度、腹を割って話をしてみる努力をすることが大事です。

こちらの記事でも、仕事の人間関係の悩みについて記載しています。

参考までに、ぜひご覧ください。

仕事を辞めたい理由が人間関係の人必見!許せない相手の対処法

仕事を辞めたい理由が人間関係の人必見!許せない相手の対処法

2019年10月5日

4.仕事にやる気が出ない

この悩みは多いと思いますが、なぜやる気が出ないのかを冷静に考えてみてみましょう。

  • 単純に作業が面白くない
  • 疲れるから
  • ストレスが原因

他にも色々と原因があると思いますが、客観的に自分を分析してみる必要があります。

必ずしも原因は1つじゃない場合が多いと思いますが、原因を改善できるものは改善するしかありません。

改善案

やる気が出ない原因が分かったら、次はどうすればその原因が解消できるかを考えましょう。

単純に作業が面白くないのであれば、上司にお願いして作業の内容を変えてもらう必要があります。ただし『面白くないから』などと言っては絶対に無理ですよね?

例えば『さらに詳しく仕事を知りたいので、別の作業も経験させてください!』など前向きな言い方がいいと思います。

体が疲れていてる・ストレスの解消ができていないのであれば、休みの日に好きな事をやって気持ちを充実させる必要があると思います。

プライベートが充実していないと、体も心もリフレッシュできないので、疲れが抜けずに仕事に対するやる気も低下してしまいます。

5.残業が多い・休みが少ない・体がキツイ

日本のサラリーマンは『月の平均残業時間は47時間』という記事を目にしたことがあります。だいたい1日に2.5~3時間の残業が平均的に発生していることになりますね?僕の場合も、今までの仕事の経験から2.5~3時間の残業がありました。

仕事をするのは仕方ないが、休みが少なく日々の残業も多いとなると、プライベートも充実できないし、体も辛いので続けるかどうか?真剣に考える必要があります。

改善案

就労時間に関して、もう一度確認してみましょう。

労働基準法に対して、あなたの残業時間は適正ですか?

いわゆるブラック企業などになると、残業時間や休日出勤があまりにも多く、違反している場合があります。

その場合、体も辛いので続けるのが難しいばかりか、健康に害を及ぼすこともあるので、僕は転職をおすすめします。
以下に示す労働基準法に会社が違反していないか確認してください。

原則は労働基準法第32条で1週間40時間、1日8時間と決まっています。また、一定の条件を満たした場合には1ヶ月を平均して1週40時間にする制度(1ヶ月単位の変形労働制)や1年の労働時間を平均して1週40時間にする制度(1年単位の変形労働制)があり、これを超える労働を法定時間外労働と言い、いわゆる残業ということになります。
なお、法定時間外労働については、時間外労働に関する限度基準という告示があります。

引用元:厚生労働省/労働時間・休日・休憩

転職・退職したいのに出来ないのは何故?

今の仕事が辛く、やる気も出ないので、一日も早くや辞めたい思っているのに、なかなか辞めれない自分がいるのは何故でしょうか?

人それぞれ色々な理由があると思いますが、多い理由は以下のようなことではないでしょうか?

辞めれない理由
  • 退職後の生活が不安
  • 職場に迷惑がかかる
  • 親や家族に迷惑がかかる
  • 上司に言えない
  • 次の仕事が決まらない
  • やりたい仕事がない

僕も仕事を辞めた経験があるので、すごくわかります。

上記は転職前に僕が悩んでいた理由です。

しかし、仕事が嫌で悩んでいても前には進まないので、行動しなくてはいけません。

「仕事を辞めたい」悩んでる君へ僕の転職経験からアドバイス!

仕事が嫌で辞めたいけど転職を決断するのは本当に不安だと思います。

転職経験を踏まえてアドバイスします。

嫌な仕事を好きになるのは難しいので早めに決断しましょう。

僕が20年勤めた会社で経験済みです。

我慢した結果『うつ病』にもなりました。

以下の記事が『うつ病』の体験談です。参考までにご覧ください。

仕事をやめたいなら先延ばしは危険!僕のうつ病体験談を参考に

仕事をやめたいなら先延ばしは危険!僕のうつ病体験談を参考に

2019年9月2日

うつ病で会社を辞める時には、有効な辞め方や支援制度の利用を知っておきましょう。

以下の記事を参考にしてください。

うつ病で仕事を辞める場合に診断書は必要ない!損しない手続きと退職の手順

2019年10月31日

嫌だという気持ちが強い状態で仕事を続けてもスキルアップしません。

今まで述べてきたように、もし問題を改善できて、好きになれる仕事なら頑張ってみましょう。

しかし、冷静に考えても改善できないと思うなら行動しましょう!

世の中にできる仕事なんていくらでもあります。転職に不安はあると思いますが、意外にどうにかなるものです。

転職エージェントサービスを利用すればキャリアアップも期待できます。

転職エージェントを初めて利用する人におすすめ【後悔しない厳選10社】

2019年11月9日

今の仕事は無理して続ける価値がある仕事なのか?ということが大事になってきます。

最近、大手企業の社長が発言したように『終身雇用はもう難しい時代』に来ています。

転職を恐れていては、これからの時代、仕事を続けて行くのは困難です。

「終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」。トヨタ自動車の豊田章男社長の終身雇用に関する発言が話題を呼んでいる。日本企業は労働者に優しいとされる「日本的雇用」との向き合い方を模索せざるを得なくなっている。

引用元:日経ビジネス/「終身雇用難しい」トヨタ社長発言でパンドラの箱開くか

転職する時に活用できる手段の紹介

転職する際は、下記の手段やサービスを活用して、リスクを最大限に少なくしましょう。

  • 雇用保険
  • 派遣会社
  • ハローワーク
  • 転職支援サービス

1.雇用保険

雇用保険は、仕事を辞めてから次の仕事を探そうと思っているのであれば必ず必要です。

仕事が忙しくて、次の仕事を見つけることができないケースは多いですよね?

失業中でも生活できるお金があれば、じっくりと自分に合った仕事探しができるので活用しましょう。

雇用保険(失業保険)の手続きの方法

ハローワーク雇用保険手続きのご案内をご覧ください。

引用元:ハローワーク雇用保険手続きのご案内

2.転職エージェント

仕事をしながらだと時間がなくて次の仕事を探せないという人にお勧めなのが、転職支援サイトです。

サービスの特徴は以下になります。

  • 無料で利用できる
  • ネットで簡単に登録できる
  • 非公開求人に応募できる
  • 希望の条件で仕事を紹介してもらえる
  • サポートが充実している

ポイントは1つのサービスだけじゃなく複数のサービスに登録→自分の求める条件の仕事の件数を増やす。

ハローワーク

ハローワークは仕事量も豊富で、新着の仕事が毎日出るのでチェクしましょう。

インターネットでも閲覧できるので大変便利です。

登録していないと見れない案件もあるので、まずは近くのハローワークに行って登録しましょう。

ハローワークの相談役の人はすごく親切で、丁寧な対応をしてくれました。色々とアドバイスもしてくれて、おすすめの仕事とかも教えてくれます。
>>ハローワークインターネットサービス

4.派遣会社

僕は納得いく仕事は見つからなかったので、とりあえずは派遣社員で8ヶ月働きながら仕事を探す。といった就職活動もしたことがあります。

派遣会社のメリットとしては、幅広い職種と条件がわりとあることです。

意外と時給も高い案件もあるので、社員同様の収入を得ることもできます。

また、いろんな仕事があるので短期でスキルアップするツールとしても利用できるのではないかと思います。

ポイントは複数の派遣会社を登録して仕事を選べる幅を広げることです。

規模が大きい派遣会社はサポート体制もいいので、選ぶ基準にしてください。

必要であれば、以下の記事を参考にしてください。

【派遣会社おすすめを厳選】元派遣社員だから分かる登録必須の会社を紹介

2019年11月10日

退職までの流れを解説

実際に退職するとなると意外と分からない事が多いですよね?

簡単ですが、実際の退職までの流れやポイントを説明したいと思います。

退職までの基本的な流れ

  1. まずは退職することを上司に話す
  2. 退職願いなどの書類などの記入と提出
  3. 業務の引継ぎなど
  4. 退職
  5. 雇用保険(失業保険)の手続き
  6. 保険の切り替え(国保)

大きく分類すると、基本この流れになると思います。

退職する旨を伝えるのは、法律上では14日前までに伝えればいいのですが、常識的には早いほうがいいですが、大体1~2ヶ月前なら大丈夫かなと思います。

check! 退職時に気を付けるポイント

僕の経験上、高い確率で退職の意思を伝えると、会社側は引き止めてきます。

  • 聞き入れてくれない
  • 退職届を受理してもらえない
  • 次の仕事が決まってないならそれまでは居てほしい

いろんな方法で引き止めてきます。

しかし、ここで覚悟を決めて考え直す気持ちはないことをハッキリと伝えてください。

引き止めに合って、辞めることを諦めて後から後悔する人もいます。

会社側は、あなたの人生を気して止めている訳ではありません。

会社の損失を気にしてる場合がほとんどです。

もう会社をやめる気持ちは変わりません!とハッキリと伝えましょう。

円満退職が望ましいいですが、修羅場になるようなら以下の2つの方法も考えられます。

  1. 郵送による退職届けの提出
  2. 退職支援サービスの利用

最近では『退職困難者」が多く、退職をスムーズに行ってくれるサービスもあるので参考まで紹介します。

詳しい内容を見たい人は、以下の方法で閲覧してください。

1.バナーをクリック

2.ホームページを閲覧(閲覧はもちろん無料です)

退職代行サービスの紹介【厳選2選】

男の退職代行

  • 相談無料
  • 即日退職可能
  • 退職成功率:100%
  • 退職できない場合は『全額返金』
  • 退職祝い金が最大で5万円もらえる。
  • 費用:アルバイト(19,800円)、正社員(29,800円)

上記の値段は他社と比較してもかなり安いです。
また退職祝い金をもらえると逆にプラスになる場合がありますのでおすすめです。

気になる方は下記をクリックして詳細を見てください(もちろん閲覧無料です)

わたしNEXT

  • 相談無料
  • 即日退職可能
  • 退職成功率:100%
  • 退職できない場合は『全額返金』
  • 退職祝い金が最大で5万円もらえる。
  • 女性の為に特化したサービス(男性も可)
  • 費用:アルバイト(19,800円)、正社員(29,800円)

基本的には先ほどのサービス内容とかわりませんが『女性に特化したサービス』なので女性の方にはコチラがおすすめです。もちろん男性でも対応可能です。

気になる方は下記をクリックして詳細を見てください(もちろん閲覧無料です)

更に退職代行サービスについて知りたい人は、以下の記事を参考にして下さい。

退職代行サービスおすすめ

【退職代行サービスおすすめ5選】仕事を今すぐ辞めたい人は即利用しよう!

2019年12月2日

最後に

ここまで、仕事を辞めたい人へ転職経験をもとにアドバイスさせて頂きました。

まとめ
  1. 辞める前に考えをもう1度整理しよう
  2. 転職する時は活用できるツールを利用しよう
  3. 引き止めに合った時は強い意志で対応しよう
  4. 退職が困難な場合は退職代行サービスを利用するのもありです

これを機に、転職することが悪いことだと思っている人は考え方を変えましょう。

嫌でしょうがない仕事は長く続けることができません。

特に1つの仕事しか経験していない人であれば、他にも自分に合う仕事はいくらでもあります。

仕事は人生で多くの時間を占めるのですごく重要です。

後悔は行動するから起きるので、後悔しない人は行動しないだけです。

決めたら行動するのみです!

人生なんて何度でもやり直せるんで大丈夫!

それでは、今日はこの辺で失礼します。

お付き合いありがとうございました。

わっぜ〜よか!!ブログ編集長/マサヤ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

いつも【わっぜ~よか!!ブログ】をご覧頂き、ありがとうございます。 「リアルな情報配信」をモットーに、自分の経験をもとにブログに関するノウハウや仕事の悩み、転職や副業に関しての情報を主に配信します!